バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

印刷用画面

就労ビザ(ワークビザ)

  • mixiチェック

外国人がカナダで就労する為には、原則としてカナダの雇用主から仕事の提供(ジョブオファー)を受け、就労ビザ (ワークパーミット)を取得する必要があります。

カナダの移民難民保護法における「就労 (Work)」とは、「賃金もしくはコミッションが支払われる活動、もしくはカナダの労働市場におけるカナダ市民もしくは永住者の活動と直接競合するような活動」と定義されています。

ワーキングホリデーや学生ビザに付随するような一部の特別プログラムを除き、具体的なジョブオファーがない状態で就労ビザを申請することはできません。



就労ビザ(ワークビザ) 取得の流れ

雇用主からのジョブオファー受け、就労ビザを取得するまでには、通常 「①LMO (Labour Market Opinion)申請」「②就労ビザ申請」という、大きく分けて2つの申請が必要になります。

ジョブオファーを受けてから就労ビザを取得するまでの流れ

LMO申請

ジョブオファーを出した雇用主は、まず最寄りの HRSDC (カナダ人材技能開発省) にその雇用提供を申請しなくてはいけません。HRSDC は、申請者へのジョブオファーが、カナダの賃金や労働条件に見合っているかどうか、カナダ人や永住者でその仕事をする適格者がいないかどうか、さらに、申請者がその仕事につくことがカナダ経済に貢献するか、などを審査します。 そして、これらの要件を満たした場合に限り、HRSDC は申請者に提供された仕事を許可します。許可証を、ポジティブLMO と言います。


審査基準

  • ジョブオファー内容(ポジション、能力、賃金、労働条件等)
  • カナダ人、移民の雇用努力(求人広告必須)
  • ジョブオファーの正当性
  • 当該雇用のカナダへの経済貢献
  • 雇用主の外国人雇用への適正

就労ビザ申請

雇用主から ポジティブLMO が下りた旨の連絡を受けたら、申請書に申請料支払い済み証明、ポジティブLMO、その他必要書類を添付し、就労ビザの申請を行います。その際、申請者がジョブオファーを受けている職業に就く経験、資格を有していること及び、カナダでの就労が一時的な滞在であることの証明や説明が必要です。

申請場所は、国籍や現在お持ちのビザなどの状況により異なります。


通常の就労ビザの場合、ジョブオファーを受けて就労ビザを取得した雇用主の元でしか働けません

リブインケアギバービザ (Live-in Caregiver Work Permit)

雇用主の自宅に住み込みで、子供・シニア・障害者をお世話する方の就労ビザです。住み込み看護者・ナニーとして2年間の仕事を終えた後、カナダの永住権を申請する事ができます。このビザの有効期限は、最長3年3ヶ月となっています。 また、雇用主はHRSDCよりポジティブLMOを取得する必要があります。


リブインケアギバーとして働く為の資格

  • 高校卒業以上の学歴がある事。
  • 関連するケアについて、学校でフルタイムで6ヶ月以上のコースを修了している、もしくは過去3年以内に12ヶ月以上フルタイムで関連する有給就労経験がある事。
  • コミュニケーションが取れる英語力(読み、書き、話す)がある事。

配偶者就労ビザ (Spousal Work Permit)

主申請者がスキルドワーカー職種の就労ビザや公立カレッジ・大学・大学院の学生ビザをお持ちの場合、その配偶者は就労ビザを申請することができます。

2011年8月15日から2013年2月15日の期間限定で、BC州のロースキルワーカーの家族にも、オープンの就労ビザが発給されることになりました。該当者は以下のとおりです。 (詳細)

  • BC州で、現在スキルレベルCまたはDの職種で、雇用主限定の就労ビザを持っている方の配偶者またはコモンローパートナー
  • BC州で、現在スキルレベルCまたはDの職種で、雇用主限定の就労ビザを持っている方の18~22歳の扶養の子供

ワーキングホリデービザ (Working Holiday Work Permit)

異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために就労をすることができるプログラムです。

ポストグラデュエートビザ (Post Graduation Work Permit)

カナダ政府指定の学校を卒業した留学生向けに、カナダで就労経験を積むために発給される就労ビザです。2年未満のプログラムを卒業した場合、就学期間と同じ期間のポストグラデュエートビザ、2年以上のプログラムを卒業した場合は、最長3年間のビザが発給になります。


「ポストグラデュエートビザ」を申請できる学校の条件

  • 8ヶ月以上のプログラム
  • フルタイムでの就学
  • Certification、Diploma、Degreeのいずれかを取得
  • キャリアトレーニングのコースであること(ESLは含まない)
  • その学校は、公立、または公的資金が50%以上入っているカレッジ、大学、大学院である事

申請にあたっての注意点

  • 学校卒業から90日以内に申請
  • 申請時に有効な学生ビザを持っている事
  • 生涯で1人1度しか申請できない

2011年1月31日から2013年1月31日までの間限定で、ポストグラデュエート就労ビザの該当学校リストが、一部の専門学校にまで拡大されています。(詳細)

Co-op ビザ (Co-op Work Program)

学校のプログラムの中に必須科目としてインターンシップや実習が組み込まれている際の実習のための就労ビザです。

就労時間は、学校での就業期間と同じ期間またはそれ以下です。つまり、たとえば 3ヶ月間の実習の場合は、その前に 3ヶ月間学校で勉強していなければなりません。 また、実習先はプログラムの内容に沿ったものでなければなりません。

Co-op は学校のプログラムの一部として実務経験をするためのビザですので、就労目的のビザではありません。 また、Co-op ビザを持っている方のステータスは、あくまでも「学生」であり、Co-op ビザでの就労は、移民局には就労経験として認識してもらうことはできず、移民申請の際の「就労期間」には加算されません

なお、学校を卒業したり、学校を辞めたり、あるいは学校に行かなかったりしますと、Co-op ビザはその日をもって無効になります。

オフキャンパス就労ビザ (Off-Campus Work Permit)

公立、または公的資金が 50%以上入っているカレッジ・大学・大学院にフルタイムで通う学生が対象の就労ビザです。

フルタイムで6ヶ月以上就学後、一定の成績を満たしている場合に申請が可能です。但し、上記にあてはまる私立の学校全てのプログラムが対象ではないので対象のプログラムかどうかは各学校に確認する必要があります。また、この就労ビザでは、就学期間中は週20時間まで、夏休みや冬休みなどの休暇期間中および卒業後のポストグラデュエートビザ取得までの間はフルタイムで就労できます。

人材カナダには日本人の政府公認コンサルタントが2名常駐しています。
よく変わる移民法の最新情報を日本語、英語で丁寧にご案内します。

山下 薫(ICCRC:M064111)

日本生まれ、バンクーバー在住歴8年。日本では大手コンピューターメーカー勤務後、PricewaterhouseCoopers にて IT系国際プロジェクト多数に携わる。2003年カナダ移住後、UBC の移民コンサルタント養成コースを経てカナダ政府公認コンサルタントの資格を取得。
カナダ移民コンサルタント協会及び CMI の正規メンバー。

白石 有紀(ICCRC:M110086)

日本生まれ。アメリカの大学にて学士取得後、ニューヨークの大手旅行会社にてマーケティングコンサルタントとして旅行商品の企画開発業務に携わり、 その後同社日本のビザセンターにて世界各国各種ビザ申請業務を行う。2005年カナダ移民後、UBC の移民コンサルタント養成コースを経てカナダ政府公認コンサルタントの資格を取得。 カナダ移民コンサルタント協会の正規メンバー。

ICCRC : Immigration Consultants of Canada Regulatory Council

CMI : Canadian MigrationInstitute


人材カナダ ビザコンサルティング

Suite 309 - 515 West Pender St. Vancouver BC Canada

TEL: 604-684-5772 / FAX: 604-684-5796

Email: info@jinzaicanada.com

Web: http://visa.jinzaicanada.com

人材カナダ ビザコンサルティング
ワーキングホリデー・観光延長・eTAの申請ガイド
ビザの申請、空港お迎え、ステイ先紹介が無料になるパッケージ

GoToVan ロゴ