世界一住みやすい都市「バンクーバー」の情報サイト。ワーホリ留学、ビジターまで | サイトマップ | お気に入りに登録
印刷用画面

携帯電話の選び方

  • mixiチェック

カナダでもやはり携帯電話は必需品。バンクーバーで生活している、ワーホリ、学生などの長期滞在者のほとんどが携帯電話を持っています。 しかも、シェアや、1人暮らしなどでアパートに住む場合、家に電話がない場合がほとんどですので、携帯電話は必需品となるでしょう。 また、現地で友達を作る際にも、必須アイテムとなりますので、是非用意しておきたいところです。

ちなみに、カナダと日本の携帯電話には、以下のような違いがありますので覚えておきましょう。

着信、発信共に料金が発生する

番号ディスプレイ(着信時の番号表示)は基本的にオプションとなる

通話料金は日本に比べると比較的安め

電車やバスの中で利用しても問題ない

一般的にメールよりも通話の利用が多い

日本の携帯に比べると機能が劣る

System Access Fee (数ドル) が月額料金にプラスされる

日本で契約している携帯電話をそのまま海外で使うと、非常に高額になりますので、 長期で生活する予定の人は、現地の携帯電話を利用する事をオススメします

携帯電話事業者

カナダの携帯電話事業者を紹介します。(日本で言う Docomo、AU、SoftBank など) 現地で携帯電話を購入する場合は、通常この中から選ぶことになります。

各社それぞれ特徴があり、また各社の取り扱っているプランも日々変わっていますので、 最新の情報は各事業者のホームページでご確認ください。

事業者名 概要
Bell Mobility エリアが広く、カナダ国外の様々な国でローミングを使って利用できる場合が多い(ローミング中は料金が高くなるので注意) 料金体系の方は、プリペイド方式から月・年契約まで様々なプランを扱う。
Solo Mobile Bell Mobility の子会社で、Bell Mobility ネットワークを利用するため、エリア的には広く通常の旅行など、カナダ広範囲で利用できる。 料金体系の方は、プリペイド方式から月・年契約まで様々で、プランも機種も種類は多くないが、料金的には比較的安めに設定してある。
FIDO 利用可能エリアが他と比べると狭いようだが、バンクーバーやトロントなど大きな都市で利用するのであればまず問題ない。 料金体系の方は、プリペイド方式から月・年契約まで様々。FIDO 同士の通話が無制限のプランもあるので、周りに FIDO ユーザーが多い場合は利用価値あり。
Telus Mobility 一般電話の普及率は断然 1位と、カナダの NTT 的存在の事業者。また、どちらかと言うとカナダでも西部の方で多く利用されている。 Bell Mobility のネットワークを使っていると言う事もあり、北米全域で通話可能。
Rogers 2004年に FIDO を買収した事で、カナダ全域の携帯電話ユーザー数で見ると最大手の事業者と言える。 また、最近ではインターネット接続や、ケーブルテレビのサービスにも力を入れている。 携帯電話の方は、音楽系などのメディア関連や、インターネット関連が充実している。 3年などの長期契約が可能であれば比較的安くなるプランあり。
Virgin Mobile 元々、Bell Mobility と Virgin Group(アメリカ)の合併によって生まれた事業者と言う事もあり、 Bell Mobility のネットワークが利用できるため、エリア面では問題なし。 料金体系もプリペイド式が中心で、System Access Fees や、Activation Charges は一切不要で、 Call Display、Voice Message も全てのプランに標準で含まれているため、短期ユーザーはもちろん、長期でも利用可能。 近くの電気屋で携帯電話機を購入後、インターネットか携帯電話機、または一般電話から簡単に利用開始の設定ができるのが特徴。
Koodo Mobile 大手電話会社 Telus によって開始されたたカナダでは比較的新しい携帯電話ブランド。
Virgin Mobile に対抗するかのように開始されたという事もあり、System Access Fees は一切かからない。 近くの電気屋で携帯電話機を購入後、インターネットか携帯電話機、または一般電話から簡単に利用開始の設定ができる。 携帯電話、販売店以外で利用開始の手続きをした場合、Activation Fee として、初回の請求書に $35 が追加される。
Mobilicity 月額固定料金で「通話無制限」「テキストメッセージ無制限」という格安プランが特徴の新しい携帯電話ブランド。 料金体系としては固定料金を前払いするプリペイド方式を採用していて、支払いを止めれば自動解約されるため、解約などの面倒な手続きも一切不要。 唯一の欠点は、アンテナが狭い&弱いため、バンクーバー市内であっても地下や一部のビル内で圏外となってしまうこと。

契約の種類

契約タイプとしては、毎月基本料金を支払う月単位 (no contract) での利用、 または、1年、2年、3年など、長期での契約が一般的です。 その他、面倒な手続き無しで簡単に利用開始できる、プリペイド方式も人気です。

一般的な携帯電話代理店で月額契約や年契約する場合、カナダの「運転免許証」または「BCID」などの身分証明証を事前に取得しておく必要があります

それぞれの特徴は以下の通りです。

契約タイプ 特徴
月単位 / 年契約 夜間(7pm-翌8am など業者/プランによって異なる)の通話無制限、週末の通話無制限、同じ通信事業者間の通話が無制限などの特典が付いたりする為、 通話の多い人にとってはとってもお得。
また、1年、2年、3年単位の長期契約をする事で、携帯電話の機種が安くなったり(または無料)、安いプランを選べたりするなど、 長期契約のメリットは大きい。 が、契約終了前に解約すると罰金を徴収されるなどのペナルティがある為、どちらかと言うと長期滞在者向け。 (契約終了前でも次に引き継ぐ人を見つければ名義変更する事も可能)
事業者によっては、月単位では利用できず、ある程度の長期契約が必須の場合もあるので、事前に確認が必要。
プリペイド プリペイドでも月額の基本使用料を支払うことで使い放題となるものや、通常の月額契約と同様に無料通話時間帯、無料通話分が付いてきたりするところも多く、 従来の "使ったら使った分だけ" だけ分数が減るような「従量課金制」タイプだけとは限らない。 特別な身分証明書無しで簡単に契約なしで携帯電話を持つ事ができるため、短期~中期滞在者に向いている。

上記以外の選択肢として、一部の事業者などでは、携帯電話のレンタルサービスを行っているところもあります。 レンタルのタイプも「固定料金制度」や「従量課金制」など様々です。

契約方法

月額契約の場合

まず、どこの事業者を利用するか決めたら、直接その販売店に行ってしまうのが一番簡単です。 各社の代理店は、市内にいくつもありますので、街中を歩いていればすぐに見つけることができます。 ショッピングモールなどの中にも様々な携帯電話ショップが入っています。

必要なものは、携帯電話事業者やプランによって異なりますが、身分証明書として「カナダの免許証」、「BCID」、「カナダのクレジットカード」、「SIN ナンバー (携帯会社による)」などが必要になるため、観光で入国している方には少し難しいかもしれません

プリペイドの場合

プリペイドの場合は特別な契約が必要ないため、用意する書類なども特別必要ありません。 通常の契約と同じように各携帯電話事業者の販売店で購入するか、 セブンイレブン、Future ShopLondon Drugs などの電気屋で購入できるものもあります。

日本語で契約 (Bell & Solo)

けーたい屋

Solo Mobile / Bell Mobility の日本人専用代理店「けーたい屋」に行けば、日本語で携帯電話の購入・相談ができます。 日本人向けのキャンペーンなども実施していたりするので Bell / Solo ならまずはこちらに足を運んでみましょう。

プラン例

月額契約 長期契約(3年) プリペイド
基本料金(月額) $25 $30 無し
無料通話分 100分 150分 無し
通話無料時間帯 平日 夜7時 - 翌朝7時
& 土・日終日
平日 夜9時 - 翌朝7時
& 土・日終日
無し
通話料金 市内&長距離: 35¢ / 分
テキスト: 無制限
市内&長距離: 40¢ / 分
テキスト: 無制限
平日: 40¢ / 土・日: 5¢
テキスト: 15¢ / 回


Bell & Solo Mobile 代理店 けーたい屋

428 West Pender St. Vancouver
Tel: 604-638-3515 (日本語)
Fax: 604-688-3510
営業時間: 月-金 11:00-19:00 / 土 12:00-17:00 / 日、祝 休み
Web サイト

SIM カード

SIM カード差込み

「日本の携帯電話機を、その国の事業者の契約で使う」なんていう話を聞いた事があるかもしれません。

これは、SIM カードと呼ばれる契約情報の入った小さな ICカードと、そのカードを挿入する事のできる携帯電話機(GSM方式、W-CDMA方式)で実現できる方法で、 日本の一部の携帯電話が、W-CDMA方式を採用した事により、このような手法が可能となりました。

通常であれば、この携帯電話機を日本からカナダにもって来て、現地の事業者と通常の契約をして、その契約情報の書き込まれた SIM カード を 持ってきた携帯電話に差し込めば、利用できるというのがこの SIM カードと、GSM方式・W-CDMA方式の携帯電話の特徴なのですが、 日本の携帯電話機については、W-CDMA方式を採用した機種であっても、事業者側で、電話機にロックをかけ、自社以外の SIM カードを差し込んでも 認識しないように改造しているのです。これが、SIM ロック と呼ばれるものです。

事業者側にとってみれば、せっかく安く販売した自社の携帯電話機に、他社のサービスを利用されたのではたまりませんからね。 これも、契約後の「基本料金 + 電話代」 を確実に徴収する為の賢い作戦という訳です。 その代わりと言ってはなんですが、日本ではその分、携帯電話機を安く購入する事が出来るので、 普通に利用する人にとってはもしかしたらお得なのかもしれません。

SIM ロック

ちなみに、日本国内の通信販売など一部の店では、この SIM ロックを解除した携帯電話(SIM フリーと呼ぶ)を販売していたりしますが、 結構高い金額で取引されています。(日本では、SIM ロックを解除する事は問題ないが、それを販売する事は違法とされている)

日本は・・・日本は・・・と言いましたが、実はカナダでもこれと同じ事が行われています。 カナダの携帯電話代理店に、SIM フリーの携帯電話を持って行けば、それを利用可能にする事はできますが、 カナダ国内の、例えば FIDO の携帯電話機を、Telus に持って行っても利用する事はできません。 そうです、結局カナダ国内の事業者も、日本と同様、SIM ロック をかけているのです。

最後に、もし日本の SIM フリーの携帯電話を持ってきたとしても、通常の通話は問題ないかもしれませんが、 日本語のメールは、日本語を表示できる携帯電話機にしか送れませんし、日本で利用していた事業者独自のサービス が利用できないなど、あまりメリットが無いかもしれません。

用語集

現地での携帯電話を比較、検討する際に覚えておくと便利な英単語を紹介します。 きっと、この先役に立つと思うので是非覚えてください。

番号ディスプレイ Call Display
留守番電話 Voice Message or
Voice Mail
システム使用料 System Access Fee
緊急番号使用料 911 Fee or
Emergency Service Access Charge
市内通話 Local Calling
市外通話 Long Distance Calls
市内通話無制限 Unlimited local talking
同事業者内の通話 Network Calling
キャッチホン Call Waiting
3者同時通話 Conference Calling or
3-Way Calling
ビザの申請、空港お迎え、ステイ先紹介が無料になるパッケージ


GoToVan ロゴ
ツアー・航空券のナビツアー
バンクーバー・マップ
シェアハウス「Mado」
ナビ・ツアー
メディアコールズ
ビザ・移民の専門家 CIP
カナダのウィスラーにあるスポーツビジネス専門学校
P.O.C. field
RK English