バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

印刷用画面

インターネットを使う

(2015/8/27更新)

  • mixiチェック

日本に比べてカナダは「WiFi(無線LAN)」の普及率が高く、町中でも至るところで使うことができる。

もしインターネットの利用目的がメールやネットだけの場合、iPad Touch、iPhone、Android搭載のスマートフォンなどだけでも十分かもしれません。

最近のパソコンであれば「WiFi」の機能は標準装備されていますので新しく購入する場合は問題ありませんが、 もし古いパソコンでその機能がない場合は「WiFi(無線LAN)アダプター」を別途購入してくれば同じように WiFi接続が可能です。

以下に、インターネットを利用するための方法を紹介します。

方法 概要
現地留学エージェント オフィスを構えた現地の留学エージェントは無料でパソコンを開放しているところが多い。基本的に土日は休み。
学校 多くの学校にはパソコンが置いてあり、生徒であれば誰でも気軽に利用することができる。ただし台数はそれほど多くないため、休み時間など利用者が多い時間帯は空きがないこともある。
インターネットカフェ ダウンタウンにはインターネットカフェがいくつかあり、1時間 数ドルと比較的安め。ただし店舗はそれほど多くなく、また、日本語入力できないところもあるので利用前に確認を。
公衆無線(WiFi) 多くのカフェや飲食店、図書館などで WiFi を開放しているので、気軽にインターネットを利用できる。場所によってはパスワードが必要だが、スタッフに聞けば教えてくれる。図書館の場合は事前に会員登録(無料)が必要。
プロバイダーと契約 住んでいる家にインターネットの設備がない場合は自身で現地のインターネット・プロバイダーと契約する必要がある。プロバイダーの種類としては、 「Shaw Cable」「Telus」「Novus」などが一般的。

不特定多数の人が利用するパソコンを使う場合の注意点

  • hotmail、yahoo mail、mixi などを利用した後には必ず サインアウト / ログアウト する
  • パスワードや、クレジットカードなど、重要なワードを入力する時には十分に注意する。(悪意を持った人が、キーボードの入力を保存するソフトウェアをセットしている可能性があります)

現地留学エージェント

オフィスを構えた現地の留学エージェントは無料でパソコンを開放しているところがほとんどです。

ただし留学エージェントは学校紹介で運営が成り立っているため、会員制、または学校に行く人のみなどと制限しているところもあります。 また、特にそれらの制限はなくても学校について聞かれたり、行くことを勧められたりすることもあるので臨機応変に対応しましょう。

基本的に営業時間は平日 6時くらいまでで、土日祝日は休みのところが多いのが一般的です。

学校で

多くの語学学校には、誰でも自由に利用できるパソコンが置いてあり、生徒であれば気軽に利用することができます。

完全に無料で利用できると言う意味では、学生だけの特典と言えます。

ただし、台数はそれほど多くないため、休憩時間になると、パソコン争奪合戦になってしまうことがあります。また、語学学校の場合は「校内 英語 Only ポリシー」を定めていて、あえて日本語入力を制限している場合もあるので事前に確認しましょう。

公衆無線

バンクーバーの特にダウンタウン内では至るところで WiFi の電波が飛んでいます。

中には、パスワードの入力が必須なものから、そうでないものまで様々です。

下記にいくつかの WiFiの利用方法をご紹介します。

カフェ

ダウンタウンには1ブロック毎にカフェがあると言われるほどカフェが多く、そのほとんどで WiFi サービスを無料で開放しています。

例えば、「Starbucks coffee」、「BLENZ coffee」、「TAKE 5 cafe」、「Bread Garden」など。

サービスを提供しているところは、入口やカウンターの近くに「Wireless」と書いてあるシールが張ってある場合もあります。

また、接続の際にパスワードが必要な場合と不要な場合があります。必要な場合は、店の人に聞いてみてください。(店の 電話番号をパスワードにしているところもあります)

図書館

図書館で WiFiを利用するにはバンクーバー図書館(VPL:Vancouver Public Library)のアカウントが必要。バンクーバーに住んでいればワーホリ・留学生含め、誰でも無料で作ることができる。アカウントを作成すると図書(会員)カードが発行され、半永久に利用することができます。

図書館の利用は本サイト内の「図書館の利用(下記)」をご覧ください。

他人の無線

市内には会社や個人など多数の WiFi電波が飛び交っており、そのほとんどがパスワードにより保護されています。

しかし中にはパスワードがかかっていないもの、また、パスワードが予想できてしまう場合もあります。

市内の電気屋で売っているワイヤレスルーターのメーカーは「LINKSYS」、「NETGEAR」、「D-Link」がほとんどで、 初期設定だと、SSID(アクセスポイント名)が、これらメーカーの名前になっている場合も多く(D-Link の初期 SSID は "default" など)、ルーター名が分かればそのメーカーのサイトからマニュアルを取得し、初期設定のパスワードを調べることもできてしまいます。

もしかしたら、悪意を持った人が故意にネットワークを開放していて、データのやり取りを全て盗聴されている可能性もゼロではありません。

また、Windows の場合、重要なファイルが保管されているフォルダの共有設定を無効にしておくなどの注意が必要です。

他人の WiFi電波を勝手に使う事についての良し悪しは各自の責任でご判断ください。

プロバイダーと契約

アパートやベースメントなどを自身で直接契約していてインターネットの接続が家賃に含まれない場合は、 自身で現地のインターネット・プロバイダーと契約する必要があります。

代表的なプロバイダーの種類は下記のとおりです。

Shaw Cable

ケーブルテレビを扱う代表的なプロバイダーで、テレビの他、インターネットや電話のサービスを提供しています。

現在使用しているテレビが Shaw Cable なら、プロバイダーを揃えることで費用が節約できます。

Telus

大手電話会社として知名度が高く、電話やインターネット以外にもテレビのサービスも提供しています。

家の電話が Telus の場合はインターネットも Telus にするなど、プロバイダーを揃えることで費用が節約できます。

Novus

サービスの主な対象が市内の一部のコンドミニアムと、対象エリアは比較的限定されますが、他のプロバイダーと比較するとリーズナブルに設定されています。

インターネットの他、電話、テレビのサービスを提供しています。

対象となる建物に住んでいる場合は検討する価値はあると思います。対象となる建物は Webサイトからオンラインで確認できます。

プロバイダーと契約後、各プロバイダーの提供するモデムやルーターを設置してインターネットに接続します。

モデム」のみが提供された場合、複数人(または複数台)でインターネットを利用するには別途「(WiFi)ルーター」を購入する必要があります。

最近では各社「WiFi ルーター機能付きモデム」を提供しているところも多いので、その場合は追加購入なしで複数人(複数台)での WiFi 接続が可能です。

ルーター ルーター
ワーキングホリデー・観光延長・eTAの申請ガイド
ビザの申請、空港お迎え、ステイ先紹介が無料になるパッケージ

GoToVan ロゴ