バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

バンクーバーのカーシェアリング・サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

バンクーバーのカーシェアリング・サービス

2019/6/27 更新


2ヵ月ほど前、ついに車を手放しました。
バンクーバーに住み始めて約13年、その内少なくとも10年は車のある生活でしたが、その生活を思い切って変えてみました。
と言うのも、5年ほど前からダウンタウンに住み始め、車を使うのは週末の買い物くらい。近場の移動は、駐車場を探すのが面倒&大変ということで、乗り捨て可能なカーシェアリングばかり使っていて、自分の車を使うのはかなり稀。先月、4年間のリースを終えて返却した車は、走行距離がたったの2万4000km。カナダの一般的な走行距離が1万5千km/年だそうなので、それに比べるとかなり少ない。
これほど使っていないものに、リース代、保険代、オイル交換などの維持費を払うのがバカバカしくなってしまい、ガソリン代高騰(最近はマシですが)の後押しもあり、車との縁をスパっと切ってみたわけです。
これにより最低でも毎月 $1,000 の節約につながったので、代わりに思う存分カーシェアリングを使ってやろうと思い、バンクーバーの主なカーシェアリング4社全てのメンバーになりました。
実際に使ってみると、同じカーシェアリングでも、料金やサービス内容が異なり、目的に応じて使い分けないと損することが分かったので、ここで各社の特徴を紹介したいと思います。

カーシェアリングの良い点/悪い点

良い点
  • 車維持のための労力/コストを100%削減できる
  • 街乗りの際の駐車場の悩みが解消
  • ぶつけられたり傷つけられたりなど精神的心配がない
悪い点
  • 車内が綺麗とは限らない、というか綺麗でないことの方が多い
  • 乗りたい時に必ずしも近くに希望の車があるとは限らない
  • 返却の時間に縛られる


カーシェアリングの種類


現在、バンクーバーには「car2go」「Evo」「Modo」「Zipcar」の4つのカーシェアリング・サービスがあります。
大まかな分類としては、乗り捨て(片道)可能な「car2go」「Evo」、借りた場所に返却(往復)が必要な「Modo」「Zipcar」といった感じ。料金やサービス内容などは各社大幅に異なるので、用途に合わせて使い分けるとより便利にお得に使うことができます。

カーシェアリング比較
car2goEvoModoZipcar
入会金$5$35$500 or $10$25
会費$2/年$2/年$1/年 or $7/月$7/月
時間単位分/時間/日分/時間/日15分/時間/日30分/時間/日
距離1日200kmまで込み無制限走行距離は全て課金1日200kmまで込み
国境超え不可不可可能可能
レンタル方式片道片道往復往復
保険込み込み込み込み
ガソリン込み込み込み込み
車の台数
年齢制限18歳+18歳+19歳+21歳+
国際免許証不可

各社共通の特徴
  • ネット上に公開されているプロモーションコードを使用することで、入会金は(modo以外は)ほとんど無料になる(本記事下部に情報あり)。
  • スマホアプリで予約管理可能。
  • ガソリンは無料。車内に置いてあるクレジットカードで自由に給油可能。
  • 保険込み。ただし免責額(例:最大$1,000など)は自己負担。
  • Zipcar 以外は国際免許証での登録が可能。ただし、総領事館を通して運転経歴書などの追加書類の提出が必要。


car2go

car2go

特 徴

  • 会費は $2/年のみ。
  • 30分前からの予約が可能。
  • 予約時に 分単位/時間単位/日単位 のプランを選択する必要あり。分単位 を選択した場合は分単位で課金され、時間単位を選択した場合は時間単位のみで課金(1時間半でも2時間)。
  • 車の種類は2人乗りの smart と、5人乗りの Mercedes-Benz の2種類。
  • レンタル料金は下記 + Driver Protection Fee:$1/回。
    smart32¢$13$69
    Mercedes-Benz45¢$17$99
  • 1日200km までの走行距離は含まれ、それ以降は 45¢/km で計算。
  • 片道方式のため、ホームエリア内(バンクーバー市と一部市外含む)であればどこでも乗車/返却可能(禁止スペースを除く)。
  • ホームエリア内の、専用駐車場、ストリートパーキング、または「No Parking Except with Permit」「Resident Only Parking」「2 HR Parking」などのサインのある場所で乗車/返却可能/駐車。
  • 使用中にホームエリア外へ出ることは可能だが、返却は必ずホームエリア内。
  • 返却時にガソリンを満タンにしておく必要なし。
  • バンクーバーエリアの他にカルガリー、モントリオール、その他多数の国でも利用できる。

感 想

僕が初めてメンバーになったカーシェアリングサービスで、今でも一番利用頻度は多いと思います。smart は最大2名までしか乗れないですが、分単位のレートが安いので、ちょっとした近場の移動に最適です。たとえばダウンタウン内の端っこの歩くにはちょっと面倒なレストランで食事や飲み会があるときなど、片道だけ利用したい場合に活用できます。また、smartは車が小さいため、駐車場を探すのが難しいダウンタウンでも、ストリートパーキングの狭~いスペースに駐車できてとても便利です。


Evo

Evo

特 徴

  • 会費は $2/年のみ。
  • 30分前からの予約が可能。
  • レンタル料金は下記 + All Access fee:$1/回。
    41¢$14.99$89.99
  • 利用した時間に応じて、分単位/時間単位/日単位 の一番安い料金が適用。37分以上利用した場合は自動的に時間単位が適用されるなど。
  • 車の種類は5人乗りのトヨタ プリウスで、全車に自転車、スキー/スノーボード搭載用のラック付き。
  • 走行距離は無制限。
  • 片道方式のため、ホームエリア内(バンクーバー市と一部市外含む)であればどこでも乗車/返却可能(禁止スペースを除く)。
  • ホームエリア内の、専用駐車場、ストリートパーキング、または「No Parking Except with Permit」「Resident Only Parking」「2 HR Parking」などのサインのある場所で乗車/返却可能/駐車。
  • 使用中にホームエリア外へ出ることは可能だが、返却は必ずホームエリア内。
  • 返却時にガソリンを満タンにしておく必要なし。
  • サービスの対象はバンクーバーエリアのみ。

感 想

car2go に比べると分レートが少し高いですが、car2go が近くにない場所にあったりするので、car2go の予備的存在として使っています。車の種類も1種類でレンタル料金も分/時/日の3種類のみ、走行距離も無制限と、とてもシンプルで分かりやすいのが特徴です。走行距離が無制限のため、バンクーバーからケロウナやロッキーマウンテンなど遠出する場合はこの4社の中で一番安くなる可能性が高いです。


Modo

Modo

特 徴

  • 入会金と会費はメンバーシップ・プラン(Modo Plus と Monthly)によって異なる(表参照)。
    Modo PlusMonthly
    入会金$500(解約時に全額返金)$10
    会費$1/年$6/月
  • 最長1年先の予約が可能。
  • 30分以上からの利用が可能で、以降は 15分単位で計算。
  • レンタル料金は、走行距離 + 時間 によって課金 + Co-op Innovation Fee:$1.50/回。
    走行距離レート
    最初の 25km が 40¢/km、それ以降が 28¢/km
    時間レート
    Modo PlusMonthly
    小型車$4/時$5/時
    大型車$6/時$7/時
    バン/BMW$9/時$10/時
  • 往復方式のため、借りた場所に戻す必要あり。
  • バンクーバー市内の「No Parking Except with Permit」「Resident Only Parking」などのサインのある場所に駐車可能。
  • 国境を超えることが可能。
  • 返却時にガソリンを満タンにしておく必要はないが、次の利用者のために最低でも1/4以上にしておくこと。
  • 返却時間を事前に決めておく「Set Return」と、返却時間を未定とする「Open Return」の2種類の予約方式がある。「Set Return」の場合は、次の予約が入っていなければ延長可能。「Open Return」は、最長24時間以内好きな時間に返却可能だが、$3 の追加費用がかかる。
  • バンクーバー以外にも、バーナビー、リッチモンド、さらにビクトリア、ケロウナなどの都市でも利用できる。

感 想

この中では一番システムが複雑で一通り理解するのに苦労しました。まず、メンバーシップが Modo Plus と Monthly 2種類の時点で迷ってしまいます。長く継続して利用するなら、初回に $500(解約時に全額返金)かかるものの、会費が $1/年になり、毎回のレンタル料も少し安くなる「Modo Plus」がお得です。
近場への買い物などが目的なら、この4社の中で一番安いかもしれません。唯一の不満はスマホのアプリ。この4社の中では一番操作性が悪い印象です。


Zipcar

Zipcar

特 徴

  • 会費は $7/月。
  • 1年以上先の予約が可能。
  • 1時間以上からの利用が可能で、以降は 30分単位で計算。
  • 1日200km までの走行距離は含まれ、それ以降は 30¢/km で計算。
  • レンタル料金は車種によって様々。$9/時 ~。
  • 往復方式のため、借りた場所に戻す必要あり。
  • 国境を超えることが可能。
  • 返却時にガソリンを満タンにしておく必要はないが、次の利用者のために最低でも1/4以上にしておくこと。
  • 返却時間を事前に決める必要があり、次の予約が入っていなければ延長が可能。
  • バンクーバー以外にも、多数の都市、国で利用できる。

感 想

公式サイトで入会金+初月無料プロモーションを行っていて、さらに$25のクレジットプロモーション・コードをネットで拾ったので登録してみましたが、おそらくすぐに解約すると思います。
というのも、一番安い $9/時 のレートの車をはじめ、全体的に車が少なすぎるのです。車が少ないため、予約可能な車を見つけても、駐車してあるところまで結構歩かないとなりません。
ただ、状態が良く奇麗な車が多いので、どちらかというとレンタカー寄りの位置づけになっています。
不満ばかりになってしまいますが、登録から実際に使えるようになるまでに何だかんだ10日程度かかったこと、そしてその間、メールフォームからの問合わせを3回したのにも関わらず、一度も返信がなく結局電話しないとならなくなったことなどから(電話の対応は良かったですが)、サポートの部分に関して信頼できなくなりました。


まとめ


結論として、どれを利用するかは、住んでいるエリア、使う頻度、目的によって異なるので一概には言えませんが、バンクーバー市内に住んでいて、マイカーの代わりに使う場合は、年会費の安い car2goEvo の2つの会員になっておくだけで十分かもしれません。

使い分けが得意な人は、car2goEvo に加え、Modo(プランは Modo Plus) を追加しておけば、無駄なくより快適なカーシェアリング生活ができること間違いなしです。

Zipcar に関しては、今のところ車の数が少なすぎるということ、そして月額のプランしかないことから、特別なケースを除き、(あくまでも客観的に公平に見てです)選択肢から除いても良いと思いました。


車はないよりはあった方が便利。それは間違いありませんが、所有することによるコスト、手間はもちろん、愛車に対する心配や気遣いなど精神的コストから完全に解放されるというのは、意外と気持ち良いものです。
カーシェアリング生活をスタートして約2ヶ月、今のところ不便はあまり感じていませんが、今後、シェア人数が増え、利用できる車が大幅に減ってしまったり、料金が値上がりしたり、自分自身がダウンタウン外へ引っ越しするなどした場合は、またマイカー生活に戻るかもしれません。その時はまたこちらで挫折の報告をさせていただきます・・・


ワーキングホリデー学生として来ている人でも、カナダの免許証に切り替えるか、国際免許証を持ってくれば登録できるので、興味のある人はこの記事を参考に自分に合ったカーシェアリング・サービスがどれなのか検討してみてください。

運転免許の書換え | GoToVan

Webサイトと紹介コード


car2go

www.car2go.com/CA/en/vancouver/

登録時にコード「JOINC2GVAN_info@wevnuts.com」を入力すると $10 のクレジット

Evo

www.evo.ca

登録時にコード「C000052848」を入力すると $30 のクレジット

Modo

www.modo.coop

登録時にコード「REF28RPQR59」を入力すると $50 のクレジット

Zipcar

zipcar.com/s/info41

上記のリンクから登録すると $25 のクレジットゲット!


プロモーションコードのシェアサイト


CouponBirds
www.couponbirds.com

CouponSock
www.couponsock.com

コメント