バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

Compass Card の90分ルールと120分ルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Compass Card の90分ルールと120分ルール

2019/3/29 更新

前回書いた「Compass Card の21分ルール」に続き、今回は Compass Card の 90分ルール120分ルール について紹介します。

Metrotown Station

前回の21分ルールは、SkyTrain、SeaBus 駅で、タップしてゲートを通った後21分以内に同じ駅内のゲートから退場すれば、費用はチャージされないという内容でした。

今回の90分ルール120分ルール は SkyTrain、SeaBus はもちろん、バスも対象で、Compass Card の「Stored Value(入金利用)」と、「Compass Ticket(駅の券売機で購入する1回限りの紙のチケット)」利用時に関わってくる内容となります。「定期券」や「1日券」利用者には全く関係ない内容です。


90分ルール(Transfer time)


バス、SkyTrain、SeaBus 乗車において、最初にタップインしてから 90分以内であれば追加料金なしで乗り降り/乗り換えできるというものです。普段から公共交通機関を利用している人であれば知っている内容だと思います。


120分ルール(In system time)


残り時間に関わらず、タップインさえすれば、120分間 の追加乗車時間が与えられ、その間にタップアウトすれば追加費用はチャージされないというものです。残り時間5分で乗車したとしても120分以内にタップアウトすれば追加費用は発生しないということです。これは普段公共交通機関を利用していても意外と知らない人が多いのではないかと思います。
たとえば、1:00pm にタップインし SkyTrain に乗り、目的地に到着し、1:30pm にタップアウトして駅を出ます。
用事を済ませ、2:20pm にタップインし SkyTrainに乗り、3:00pm にタップアウトして駅を出たとします。
最初にタップインしたのが 1:00pm なので、2:30pm までにタップアウトして駅を出ないと追加チャージされると思いがちですが実はそうではありません。最後にタップして駅に入ったのが 2:20pm なので、そこから 120分の 4:20pm までにタップアウトして駅を出れば追加チャージはされないというのがこの120分ルールなのです。

まとめると、最初にタップしてから 90分以内は乗り降り自由で、時間内にタップインして駅に入場、またはバスに乗り始めてしまえば、さらに追加で120分の猶予が与えられるということです。下記の図を見てもらうとより理解しやすいと思います。

90 - 120 Minutes rule

バス乗車時に現金で購入したチケットはバス専用の乗車券で、Compass Card/Ticket ではないため、SkyTrain や SeaBus への乗り換えはできませんが、バスからバスへの乗り換えは可能で、時間制限は同じルールが適用されます。

通常、120分間乗り換えなしで乗車し続けることはないので、長過ぎるほどの猶予だと思ってしまうところですが、たとえば乗車中、天候や事故による渋滞や遅延などで大幅に時間がかかってしまうこともあるでしょう。そんな時でも、このルールがあることにより、乗客は追加費用を心配することなく心置きなく乗ってられますし、また TransLink側にとっても苦情対応の手間を最小限に減らすことができるという、お互いにとって有益なルールというわけです。

90分に達する直前に乗車したらどうなるのか、今まで曖昧だった人もこれでスッキリx2していただけたのではないでしょうか。


参考サイト


公共交通機関 | GoToVan 生活マニュアル
https://gotovan.com/manual/view.php?id=17

Tap to Pay| TransLink
https://www.translink.ca/Fares-and-Passes/Tap-to-Pay.aspx

Tapping to transfer with Compass| TransLink Blog
https://buzzer.translink.ca/2014/02/tapping-to-transfer-with-compass/

コメント