バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

iPhoneの新機能「デュアルSIM(eSIM)」まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

iPhoneの新機能「デュアルSIM(eSIM)」まとめ

2019/1/14 更新

2018年後半に販売された「iPhone XS/XS MAX/XR」シリーズから、iPhoneでは史上初となるデュアルSIM(eSIM)に対応しました。iPhone以外では過去に Apple Watch S3 や iPad Pro 2 などでも採用されています。

ちょうどオフィス引っ越しで固定電話の番号をどこの電話会社に移行しようか迷っていたので、早速この機能を使ってみようと、iPhone XS を購入しました。

ただし、iPhone のデュアルSIMは、従来のデュアルSIMとは異なり「Nano SIM(従来のSIM) + eSIM」という構成。要するに、SIMカードのスロットは1つで、もう1つは、機種内に最初から埋め込まれた SIM基盤にキャリアの情報を iPhoneの設定で追加するという仕組み。
SIMロックされた機種の場合は両方とも同じキャリアで使用する必要がありますが、SIMフリーの機種であれば、Bell + Fido など別々のキャリアで使うことが可能です。

ちなみに、中国本土、香港、マカオで販売された機種は従来同様、2枚の物理的なSIMカードがスロットに入るように設計されています。


eSIM を利用するために必要な環境は下記の2つ。

  • iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • eSIMに対応したキャリア(通信事業者)からの設定情報
    <eSIM対応キャリア(2019年1月時点)>
    Bell、Fido、Lucky Mobile、Rogers、Virgin Mobile

iPhone 版デュアルSIMの便利な特徴

「デュアルSIM」と聞くと、SIM1 <-> SIM2 の切り替え設定変更をしたり、機種によっては再起動しないとならないなどの印象を持っている人も多いと思います。しかし iPhoneのデュアルSIMは「デュアル・スタンバイ(Dual Standby)方式」。設定変更など不要で、両方の電話番号が利用可能な状態。ただし、一方の番号を使用中にもう片方の番号に着信があった場合は留守電になります。

仕事用、プライベート用などで使い分ける場合、下記がかなり高ポイントになります。

  • 発信する時に、どちらの番号を使うか選択できる
  • 着信した時に、どちらの番号にかかってきたかが分かる

2つの番号を1つの携帯電話で管理するだけなら「着信転送機能」で良いですが、番号の使い分けができませんし、そもそも転送機能は通常有料オプションなので勝負になりません。


利用までの道のりと失敗談

実は初めてこの機能を使おうと思った時、Youtubeで情報収集していたのですが、去年の11月時点では iOS 自体も未対応で、eSIM に対応しているキャリアもありませんでした。当然設定方法などを紹介している動画は無く、見ていた数少ない動画は全て、中国版の iPhone XS だったようで、スロットにSIMカードが2つ挿入できるという内容。僕は自分の iPhone もこれらの動画と同じように2つの SIMが挿入できるタイプなのだと完全に早とちりしまっていたのです。

その状態でけーたい屋(Bellの代理店)に行き、Shaw Cableで使っていた固定番号の番号を Bell のSIMにポートインし、SIMカードを家に帰り早速試そうと思ったところ、スロットが1つしかなく愕然・・・。
その後、すぐに Pacific Centre内のAppleストアに行き相談すると、カナダのiPhone はeSIMによるデュアルSIMだと説明され、ようやく自分の失敗に気づきました。そしてそのまま同じモール内のBellストアに行き、eSIMに変えたいと伝えたところ、2018年12月の時点では、eSIM 契約は新規カスタマーのみで、既存のカスタマーによるSIM → eSIM 切換えはまだ先になるとのこと。そこで、再度愕然・・・。ちなみに現在はできるようです。

その後何度かその Bellストアに最新状況を聞きに行っていたところ、スタッフの1人が「一度、他のキャリアにポートアウトし、すぐに新規カスタマーとしてポートインしたら?」と提案してくれました。その際の $35の新規契約手数料は免除してくれると約束してくれたので、実質かかる費用は別キャリアの分のみ。

なんか行ったり来たりメンドクサイなと思いつつ、ここまで来たらやってみようと決断し、Koodo Mobile のプリペイドを契約。Telus/Koodoの代理店で働く知人に頼み$10で全て対応してくれてとても感謝。
そして、その1時間後に再度 Bell にポートイン。なんだかんだ言って最終的に使用できるようになるまで5時間くらいかかりましたが、無事に使えるようになりました。

細かい話ですが、Shaw Cableで払っていた「Business Phone($39/月)」が、Bell の「市内通話無制限 ($35/月)」になり、月の経費が$4節約になりました。

 

約1ヶ月この機能を使っていますが、今のところ不具合や不便なところは全くなし。アドレス帳なども1つで良いし、1つの携帯端末で複数の番号を持てるのは、思った以上に便利です。

eSIMに対応するカナダ国内外のキャリアも増えてきていますし、SIM代もかからず、携帯端末のスロットにSIMを入れる作業必要ないので、今後オンラインで購入しその場で使えるようになるようなサービスも増えてきそうですね。


参考URL

eSIM でデュアル SIM を活用する(Apple公式)
support.apple.com/ja-jp/HT209044 (日本語)
support.apple.com/en-ca/HT209044 (英語)

eSIMをサポートしている通信事業者
support.apple.com/en-us/HT209096

けーたい屋(日本人向け携帯電話代理店)
www.ketaiya.com

JK Connected Enterprise(日本人スタッフのいるTelus/Koodo代理店)
www.canada-mobilephone.com

コメント