バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

2016年3月に実施される電子渡航認証システム「eTA」解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2016年3月に実施される電子渡航認証システム「eTA」解説

2015/8/31 更新

2016年3月より、カナダで電子渡航認証システム「eTA(Electronic Travel Authorization)」が開始されます。

今まで観光でカナダへ渡航する際にビザの取得が不要だった国の渡航者は、出発前に「eTA」のオンライン申請が必要になります。
お隣アメリカで2009年より実施している「ESTA」と同様のシステムですが、アメリカ(ESA)の申請料は$14で有効期限が2年間、カナダ(eTA)は $7 で 5年間と安くて期限が長いのが特徴です。

eTA は、2016年3月以降にカナダに初めて渡航する人だけに限らず、現在カナダに滞在中で実施後に再入国する人も対象となる場合がありますので、下記を参考に申請が必要かどうか確認ください。


実地日

2016年3月15日


申請可能日

2015年8月1日から申請可能


対象者

・2016年3月15日以降にカナダに入国する人(再入国、乗り継ぎ含む)
飛行機でカナダに入国する人


ただし下記の人は対象外

車やバスなどの陸路、または船で渡航する人
・カナダの永住権(PR カード)を保有している人
・アメリカの国籍保有者
・2015年8月1日以降に許可されたビザ(ワーホリ・学生など)を保持している人

※ eTA 実地前にカナダに滞在していて、実施後に再入国する場合も対象となります。
※ カナダ入国を目的にビザ(ワーホリ・学生など)の申請をし、2015年8月1日以降に許可証(*LOI)を受け取った場合は自動的に eTA が発行されます。
※ カナダ国内からのビザ延長では eTA は発行されません。

*LOI : Letter of Introduction の略。公式名は「Port of Entry (POE) Introduction Letter」。入国を目的にビザの申請をした際に Eメールで受信するビザの引き換え証で、入国時に移民局の審査官に見せることで正式なビザが発給される。

下記が LOI 内の eTA ナンバーとその有効期限についての項目欄


有効期限

申請してから5年、またはパスポートの有効期限まで


申請に必要なもの

・メールアドレス
・パスポート
・クレジットカード


申請料

$7 (カナダドル)


申請にかかる時間

通常は数分以内に発行されますが、場合によっては時間がかかることがあるため早めに申請しておくと安心です。

※ 申請後72時間経っても確認のメールが届かない場合は「Case Specific Enquiry Form」からお問い合わせください。


eTA 公式ページ

http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta.asp (英語)

 


eTA の申請は下記ページより「Apply for an eTA」をクリックしてスタート。
eTA オンライン申請ページ

日本語ガイド(PDF)
http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf


YouTube 日本語案内(公式)

コメント