バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

グリーティングカードのすゝめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

この記事は最終更新日から 8年以上が経過しています。

グリーティングカードのすゝめ

2011/12/27 更新

クリスマスも終わり、いよいよ新年が近付いてきました。
年末年始のご挨拶に忙しい方も多いのではないでしょうか?


インターネットや携帯電話がこれだけ普及している世の中ですが、
こちらでは今尚 誕生日、記念日、母の日、父の日、バレンタイン、クリスマス、
結婚祝い、快気祝い、ニューイヤー……etc様々な機会でカードを使います。

こういったカードを取り扱っているのは、
グリーティング業界では世界でトップシェアを誇るHallmark Cards,Inc。
1910年にアメリカで誕生し、以来グリーティングカード、
そしてグリーティング関連商品のデザイン・開発を行っており、
アメリカ国内では45,000店以上の小売店で、
世界では日本を含め100カ国(30言語)以上の国々で販売しています。
本家HP  http://www.hallmark.com/online/
カナダHP http://www.hallmarkcontests.ca/
日本HP  http://www.hallmark.jp/index.php


バンクーバーではSafewayやLondonDrugなどのドラッグストア、
Chaptersなどの本屋さんなどで販売していますが、
恐らく一番品数豊富なのはCanadian Superstore。
一つのセクションにズラッとカードが並んでいます。

キャラクターもの、デザインもの、メッセージが面白いもの、
仕掛けが凝っているものなど色々な種類がありますが、
個人的にはサウンド付きのカードがお気に入り。
ドラッグストアなどではそれ程多く扱っていないのですが、
Canadian Superstoreではサウンドカードもそれなりに扱っています。
相手によってサウンドを選ぶのは結構楽しかったり。
日本では北米ほど気軽に手に入らないこともあり、
日本在住の友人にあげるとウケが良い気がします。

メッセージを書くのが苦手な方は、
予めメッセージが書いてあるものを選ぶと宜しいかと。
殆どのカードが祖父母、父・母、息子・娘、友達など、
渡す相手もカテゴリー分けされているので、便利です。


昨今、日本では年賀状なども電子化されているようですが、
大切な人達へはこうしたグリーティングカードを送ってみては如何でしょうか。

コメント