バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

TACKY さんの体験談

TACKY さんの体験談

プロフィール

名 前
TACKY
出身地
大阪府
性 別
元職業
システムエンジニア

メール相談・質問

メールでの質問」と「個別ミーティング」の受付を許可しています

何でも気軽に聞いてください~♪分かる範囲なら応えます。

相談・質問
個別ミーティングの予約

滞在期間

2014/5/2 - 2015/5/1(1年間)

ビザの種類

ワーキングホリデー

目 的

英語

予 算

50 - 100万円

留学エージェント

利用していない

渡航年齢

20代後半

滞在都市

バンクーバー、バンフ、その他

他の国での留学・ワーホリ

フィリピンで経験あり

フィリピン、セブで1カ月留学後、カナダへ。

英語レベル

出発前
中上級(Upper Intermediate)コミュニケーション可能レベル
帰国時
準上級(Low Advanced)初歩日常会話成立レベル

学 校

期間
2ヶ月
学校
Cornerstone Academic College

学校は現地で体験レッスンを受講して決めました

現地で体験レッスンを5校受けてから決めました。

購入した航空券の種類

「片道航空券」を利用

海外旅行保険

「日本の海外旅行保険」を利用

日本で朝日火災に加入して(その時一番安かったんで)

お金の持ち込み方法

現金(日本円)

現金、キャッシュパスポート、新生銀行と3分割してきました

最初の滞在場所

ホームステイ

GOTOVANさんに紹介してもらい2カ月間、その後シェアハウス

GoToVan のオリエンテーションは受けましたか?

日本 で受けました

出発前に大阪で。現地の事を色々聞けてイメージが湧いたので良かった。

ワーホリ・留学に行こうと思ったきっかけは?

英語を伸ばしたかったのと昔から海外に長期滞在してみたかったから。
フィリピン留学した時にワーホリの事を知り、興味が湧いた。

どうしてカナダ、またはバンクーバーを選びましたか?

最初はオーストラリアと迷った末、英語が綺麗であるのとアメリカが近くで行きやすいというありきたりな理由でww
カナダの都市ではあまり迷いはなかった。
バンクーバーは日本から近く、住みやすそうという理由で。

出発前に日本で決めてきたこと

最初のホームステイ先だけ。

渡航前に不安に思っていたことと現地到着後のギャップ

留学を挟んでいたため英語に関してはあまり心配していませんでした。
学校は全く決めていなかったため、自分に合う学校があるのか、
他国の人となじめるのか。
GOTOVAN以外の人とやり取りもしていないし知り合いも一切いないため心細かった。

到着後の第一印象

聞いてはいたもののアジア人が予想以上に多くて驚いた。
それ以外にも色々な国の人が行きかっていて新鮮でした。

渡航してから最初にしたこと

電車、バスの定期を買いにダウンタウンへ行き
GOTOVANへの挨拶、学校決め。

持ってきて不要だった物

ホームステイへのお土産。
小さい子供やと思って買っていったが予想に反して大きくて却下。
日本のお菓子は喜ばれたけども。

持ってくれば良かった物

文房具。
現地にも100均もあるし、いくらでも揃えれるけれでも日本に比べて質が悪い。

カナダで経験した仕事・ボランティアなど

最初の半年間はバンクーバー、その後ロッキーのふもとキャンモアという街に移動。
●バンクーバー
カナディアンレストランでディッシュウォッシャー
ホテルでハウスキーパー
日本食寿司屋でサーバー
日本食居酒屋でサーバー
イベントでのゴミ分別のボランティア
現地の人に日本語を教えるボランティア
●キャンモア
カフェでフロントスタッフ

英語の勉強・成長について

ある程度は伸びたと思いますが、理想にははるかに届かずまだまだ。
1年間海外に居ようともいるだけでしゃべれるようになるというのは
間違いだという現実を知った。本当にどれだけアグレッシブに英語環境をつくっていくかによる。
最初にホームステイをしつつ学校に通っていた期間は伸びていることを実感しました。

ワーホリ・留学を振り返って

年齢的にもギリギリであったため、不安はあったが思い切って行って良かったと思います。
あまりに1年が濃く短く感じました。
まだまだやり残したことも挑戦したいこともあるのでできるならもう一度行きたい。

カナダ滞在中のトラブル・反省点など

トラブル、ハプニングはたくさんありすぎて分からないが、今じゃいい思い出ww
カナディアンと住んでいた時は英語環境であり、楽しかったけれど
価値観が合わなくストレスになることも多々ありました。
たまに相手の言う事が分からなくても流したり、わかったふりをしてしまうことがあったけれど
分からなければ分からないと言い、ぶつかってでもこっちの意見を主張することが大事。違う国、文化の元で暮らしてきたのだから意見がずれるし
価値観が違って当たり前。それをすり合わせる努力をもっとすべきだったなと思います。

想い出に残る場所、オススメの場所など

カナダではビクトリア、ロッキー。
ビクトリアはヨーロッパ調の風景でとても綺麗で学校のクラスメイト達と初めて旅行で行った場所なので印象に残っています。
残り半年で移動した街がロッキーのふもと。
広大な自然と綺麗さに感動しました。自分が元々抱いていたカナダのイメージそのもので、その時カナダにいることを再実感。
冬に移動したので夏は過ごせなかったですが夏のロッキー近辺は最高だと聞くので夏も行きたかったし、これからの人は是非行ってください。

帰国後の生活

今まだ帰国したばっかりですが、気持が覚めてしまわないうちに来月からオーストラリアにワーホリで行くつもりです。
期間は半年かそれ以下かどのくらいになるかは未定。
自分の中で次にやりたい進路はぼんやりとあるのですが
それを海外に身を置いているうえで固めたいと思っています。

これからカナダへ行く方へのアドバイス・メッセージ

ワーホリを行くか迷っている人は絶対に行くべきだと思います。
まずカナダに出てみて、そこで合わないなら帰国すればいいですし(それはないと思いますが)、行かなければその後悔の方が後で大きいと思います。
行くのであればバンクーバーから入るのはお薦めです。
実際、バンクーバーほど住みやすい街はありません。
その中でお金に余裕があるのなら1カ月くらいの短期でもいいので
最初に学校は絶対に行くべきです。
私も2カ月しか行っていませんが、心から行って良かったと思っています。
英語力を上げるのもそうですが、学校に通うことで様々な国籍の友達ができるし、その人脈はとても重要です。

最終更新日: 2015年5月11日 3:59:36