バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

カーシェアリングで遠出するなら「Evo」が一番安い説を検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

カーシェアリングで遠出するなら「Evo」が一番安い説を検証してみた

2019/7/5 更新

先日、バンクーバーのカーシェアリング・サービス4社の比較や特徴について書き、その中で、遠出する場合は「Evo」が一番安くなる可能性が高いと紹介しました(下記リンク参照)。

バンクーバーのカーシェアリング・サービス
gotovan.com/column/view.php?id=530

果てしてどの程度安くなるのか、安いがゆえのデメリットがあるのかどうかなど、検証という理由をつけて、ケロウナ(Kelowna)やペンティクトン(Penticton)などの町があるオカナガン地域まで「Evo」を運転して行ってきました。

Evo Car Sharing @ Osoyoos, Okanagan
走行ルート
バンクーバー ▶ Osoyoos ▶ Kamloops ▶ Sun Peaks Resort ▶ Vernon ▶ Kelowna ▶ バンクーバー



Evo の料金


会費は年間 $2 のみで、あとは使用した時間数に応じて下記のレートで計算されます。
41¢$14.99$89.99
上記レート + All Access fee:$1/回。
  • 上記費用には「ガソリン代」「保険」「走行距離」「24時間365日サポート」「BCAAロードアシスト」などが含まれます。
  • 利用した時間に応じて、分単位/時間単位/日単位の一番安いレートが適用されます(例: 37分以上の場合は時間単位、6時間以上の場合は日単位が自動的に適用)。


Evo と他社との料金比較


Evo の大きな特徴は、なんと言っても 走行距離が無制限 というところ。一方、Modo は完全走行距離制、car2go と Zipcar は 200km/日 までの走行距離が含まれ、それを超えると km 単位での課金に変わります。

オカナガンまでの距離は、具体的な目的地にもよりますが、最低でも片道 400km ~ 500km。
そして今回、1泊2日で走った走行距離はおよそ 1,400km
この条件で費用を計算してみると各社下記のようになります。Evo は今回実際にかかった費用、他は一番安い条件で見積もったおよその金額です。参考までに、マイカーだった場合のガソリン代にかかる費用も載せておきます。

2日間で走行距離 1,400km の料金比較(税込み)
Evo$205
car2go$600
Modo$560
Zipcar$480
マイカー$180(10km/1ℓ=$1.3計算)

こうやって比較すると Evo の安さが際立ちます。しかもこの金額にはガソリン代も含まれているのです。
唯一、Evo で面倒なのは ガソリン代の請求の手間。
他社は、車内に専用のクレジットカードが置いてあり自由に給油できるのですが、Evo は、まず自腹で支払い、レシートを写メして指定のメールアドレスに送り、後日登録のクレジットカードにキャッシュバックという流れ。

今回、計3回ガソリンを入れたので、3枚のレシートの写メをメールし、約 $100 分の返金の手続きを行いました。2~3営業日で全額キャッシュバックされましたが、なんだか少しメンドクサイ・・・。


Evo で遠出する時の車の確保


料金的には圧倒的に安いのが分かりましたが、懸念事項がないわけではありません。
たとえば Evo は下記のような特徴があるため、必ずしも希望の車を家の近くで確保できるとは限りません。
  • 30分前からしか予約できない。
  • 車の年式や状態をアプリ上から確認することはできない

遠出するわけですし少しでも状態の良い綺麗で新しい車を使用したいと思う人もいるでしょう。
その場合は、アプリ上からある程度まとまって駐車されている場所を探し、直接行って希望の車を特定し、そのナンバープレートの車をアプリ上から予約すれば実現できます。期待に添える車があるとは限りませんが、少しでもマシな車を見つけることはできます。
ダウンタウン周辺には、まとまって駐車されている大型の駐車場がいくつかあるため、なるべく多く駐車されているところを狙って行けば良い車をゲットできる可能性は高まります。

チェック項目リスト
  • 車内の汚れある程度散らかっている場合は自分で掃除しましょう
  • 外観の傷や凹みドアの開閉や走りに影響がなければ後は各自の判断
  • タイヤの溝極端に溝が浅いものは避けた方が安心
  • ホイールのリム(縁の部分)の傷傷が少ない=比較的新しい車と判断できる
など・・・。


ちなみに、Evo はカナダ国内の移動であれば、特に移動制限、日数制限がなく、最終的にバンクーバーに戻って来さえすれば、どこにでも行くことができます。時間と体力さえ余裕があればカナダ横断も不可能ではありません。
ワーホリや留学生でも利用できますし、メンバーを集め複数人で一緒に行けばさらに節約できます。

と、Evo 激推しの記事になってしまいましたが、僕は決して Evo の営業担当ではありませんので悪しからず・・・。

Evo

www.evo.ca
登録時にコード「C000052848」を入力すると $30 のクレジット


おまけ(写真)


今回のドライブで立ち寄ったところを紹介します。

Spotted Lake(Osoyoos)
冬から春では水位が下がり、斑点(水玉)のようになります。
Spotted Lake | BC州観光局 Webサイト
Spotted Lake, Okanagan-Similkameen


Gyro Beach(Osoyoos)
湖に面した天国(まだ行ったことはないですが)のように平和な公園。マリンスポーツを楽しんだり、芝生で寝そびりながら日光浴を楽しめます。国境のすぐ近くの町ということもあり、アメリカからの観光客が多いのが特徴です。
Gyro Beach, Osoyoos
Gyro Beach, Osoyoos


Antlers Beach Regional Park(Peachland)
Peachland はオカナガン湖周辺の中でもビーチが綺麗なのが特徴。ホテルが少なくいつも満室なのですが、いつかこの町で一泊したいという願望があります。雨のあとの虹が綺麗でした。
Antlers Beach Regional Park, Peachland, Okanagan
Antlers Beach Regional Park, Peachland, Okanagan


Sun Peaks Resort
スキー場としても有名なリゾート地で、夏はマウンテンバイクやゴルフ、ゴーカートなど様々なアクティビティが楽しめます。ウィスラーの小さい版みたいなイメージですが、ホテルも安く観光客がかなり少ないのでリラックスできます。
Sun Peaks Resort
Sun Peaks Resort


Peter's Upick(Vernon)
オカナガンと言えばチェリー!
チェリーピッキングができるファームの1つ。ピックしたチェリーは $1.50/lb~ で持ち帰りできます。バンクーバー市内で売られるチェリーの相場が大体 $5~$7/lb なのでかなり安い。今回このバケツ一杯で $20(約 7kg)でした。本当はこの色の薄い Rainier チェリーは $2.50/lb なのですが、安いレートで計算してくれました。
Peter's Upick(Webサイト)
Peter's Upick, Vernon
Peter's Upick, Vernon


Kelowna City Park(Kelowna)
ケロウナのダウンタウンにある湖に面した公園&ビーチ。ケロウナの代表的な観光スポット。公園の芝生の上で夕食を食べ、バンクーバーに戻りました。
Kelowna City Park, Kelowna, Okanagan

 

その他の写真は下記(Flickr)にアップしてあるので良かったらご覧ください。
www.flickr.com/photos/gotovan/albums/okanagan

コメント