バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

ゲートウェイ21 の倒産による被害

この記事は最終更新日から 13年以上が経過しています。

ゲートウェイ21 の倒産による被害

2008/11/20 更新


この度(って言っても、既に結構経ちますが)、日本の大手留学エージェントのゲートウェイ21が倒産しました。





最近の 無料オリエンテーション 参加者の中にも数名、この ゲートウェイの被害者が居ましたのでかなり身近に感じます。



聞く話によると、既に支払ったサポート料はもちろん、学校の費用も返ってこない、更に、その学校の費用は学校に支払われておらず、結果学校にも行けないという最悪な状況らしいです。




下記インターネットのニュースから抜粋...




留学斡旋の大手「ゲートウェイ21」は経営が悪化し、9月26日に営業を停止し、2008年10月1日、東京地裁に自己破産手続き申し立て。弁護士によると、負債総額は約 12億円以上。

また、これにより、留学費用を支払ったのに渡航できなくなる被害者約1800人からの返還要求分が 9億円以上。

被害者の中には、留学のために財産をつぎこんだり、現在働いている仕事を退職した人、さらには、家を引き払った人などもいる模様。




これは最悪ですっ!!

それにしても、すごい被害人数とすごい金額。。。




しかも最後の方は、既にお金が回らなくなっている状態になっていたのにも関わらず、利用者からお金を取っていたという事実もあるようで、まさにこれは 詐欺行為




刑事告訴すると言う話もあるようですが、正直、勝とうが負けようが、お金が返ってくるわけじゃなく、被害に遭った人たちにとっては全く金銭的な助けにならないのが口惜しいところ。




また、これだけ叩かれている社長さんだって、何だかんだ数ヵ月後には何事も無かったかのように普通に生活しているかもしれませんしね。いろんな意味で精神的に口惜しいですが、それが現実です。




お金とは、無い人/会社からは、いくら他人が頑張っても出て来ない、そして、このお金が無い側もまた”被害者”となる可能性があり、それを逃れるための法律もきちんと用意されている。力ずくで取ろうとすれば今度はそっちが犯罪者となってしまう。





なんて、当たり前の事を言ってしまいましたが、世の中たとえ悪い事をした人でも、法律によって守られているってこっです。




そこでっ!!

ここで被害者がやらなくてはならない事は、刑事告訴などの復讐という道もアリですが、まずは損害を少しでも小さくする事なんじゃないかと個人的には思ったりするわけです。



少なくともバンクーバーには今回の被害に遭った人達を救うために、いくつかの学校が、被害に遭った人を無料で受け入れるなどの処置を取っていたり、また、実際はそういうアナウンスをしていない学校でも個別に他のエージェントなどを通して、無料、または特別料金で、行く予定だった学校に行かせるなどの対応もしているのです。




被害に遭った人は、まず自分がこういった特別対応に該当するかどうか、いろんな日本国内や現地のエージェント、または直接学校にメールなどで確認してみてください。幸いにもバンクーバーでは、ほとんどの学校に日本人のカウンセラーがいますので、日本語で問い合わせできたりします。




これで、仮に無料、または格安で学校に行けたとすれば、確実に損害を小さくした事になります。





そして、この事件により、留学エージェントと、利用者との間にかなり高い壁が出来たのは間違いないでしょう。

利用者はどんなに大きなエージェントであっても、潰れる可能性があるという不安を常に抱える事になり、また、留学エージェント側はその不安を解消してあげなくては利用者からお金を受け取る事はできない。





ちなみに、バンクーバーには、日系とは限らず留学エージェントが既に山ほどありますが、それでもかなり頻繁に新しい留学エージェントがオープンしています。
そして、同時にかなり多くのエージェントが潰れているのも事実です。
この度にゲートウェイ21 のような被害者が出ているわけではないと思いますが、少なくとも、このような事件がこれで終わったわけではなく、この先もどこかで、規模は小さいかもしれませんが、同じような被害に遭う人は出てくるという可能性が高いという事です。




また、留学エージェントを経由してお金が学校に支払われる場合、どんなに大きくて信頼できる良心的な会社であっても、常にこのリスクは付きまとうという事は知っておきましょう。






しかし、最近ではこの利用者の不安を少しでも軽くするために、学校に直接学費を支払わせるという、良心的なエージェントが増えているのも事実です。




しかも、この方法は、ただ不安を取り除くだけではなく、学費の割増し請求 をされる事を防ぐ事にもなり、一石二鳥といった効果があります。





この先、ワーホリ・留学を検討している人はくれぐれも気をつけてくださいね!!

コメント