バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

Vancouver Gay Pride Parade - ゲイ パレード 2010 (第32回)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

この記事は最終更新日から 9年以上が経過しています。

Vancouver Gay Pride Parade - ゲイ パレード 2010 (第32回)

2010/8/4 更新

毎年夏に行われるバンクーバーの一大イベント「Vancouver Gay Pride Parade」は、同性愛者(GLBT - Gay、Lesbian、Bisexuality、Transgender の略)などが存在をアピールすることを目的としたパレードで、同じようなパレードは世界各都市で開催されているが、その中でもバンクーバーの「Pride Parade」は規模が大きく、カナダ西部では最大級。今年2010年は70万人を超える観客と、150 以上のエントリーがあった。ちなみにカナダでの最大 Pride Parade はトロントで開催される「Pride Week」となっている。

写真は 2010年、パレードが始まる 1時間前の様子で、既に道の両サイドには座るスペースが無いほど人が埋まっている。良い場所で一番前で見たいなら 1時間半~2時間くらい前から場所取りが必要だ。


パレードでは、多様性を意味するゲイのシンボル「レインボーカラー」を中心に、様々な派手なコスチュームを纏った人たち(たまに犬も)や、逆に全裸、半裸の人たち、装飾された車やトラックなどが約 3時間かけて行進するが、その中には企業スポンサーでもある銀行の TD Canada、テレビ局の CTV、ドラッグストアの London Drugs や、警察、消防署、学校、バンクーバー市などもパレードに参加していたりして見ごたえがある。



 

そしてパレードに参加している企業や団体は、来場者たちに首飾り、飲み物、バッジなどちょっとしたグッズを配りながら行進して行くので、それをゲットするのもこのイベントの楽しみと言える。ただ今年は去年、一昨年に比べると、配る量も少なく、質も落ちたような気がするのは気のせいだろうか・・・。


ちなみにこの地球儀を持った全裸のおじさんは今年も出場。
でもちょっと前に比べて全裸組は減ったような気も・・・。
来年も是非出場して欲しいですね。

 

そして全てのパレード参加者たちが通り過ぎた後、急いでパレードの終了地点まで先回りすると、今度は行進が終わって後片付けなど帰宅の準備をしているパフォーマーたちの姿を見ることもできる。既に行進が終わった彼らは、観客達と話したり連絡先を交換し合っていたり、一緒に写真を撮ったりなどしてくれるのだ。


 

 


という事で、パレードの様子は動画でどうぞ。
約10分 x 3本 に分けてあります。


[No. 1] Gay Pride Parade Vancouver 2010


[No. 2] Gay Pride Parade Vancouver 2010


[No. 3] Gay Pride Parade Vancouver 2010

 

Vancouver Pride Parade
URL: http://www.vancouverpride.ca/

Pride Parade 2010 写真集 @ flickr

コメント