バンクーバー専門
ワーホリ・留学・旅行 に役立つ総合情報サイト

お土産(日本⇒カナダ編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

この記事は最終更新日から 7年以上が経過しています。

お土産(日本⇒カナダ編)

2011/11/3 更新

カナダに渡航する際、
まだ見ぬホームステイ先や職場の人々に渡すお土産選びに困っている方、
意外と多いのではないでしょうか??

北米にお土産文化はないので、特に持っていかなくても問題ないのですが、
日本人としては気になる所ですよね。

そこで今回は、日本からカナダに持ち込むお土産の参考例を綴ります。


●日本のお菓子●
一番無難なのが所謂“消えモノ”である食べ物ではないでしょうか。
正直な所 バンクーバーでも日系や中国系のスーパーなどで購入可能なのですが…
お気に入りのお菓子や、ご当地モノなどは喜んでくれそうです。
好き嫌いはありますが、バンクーバーの人々は異文化に慣れている上、
“日本の食べ物は美味しい!”と思われている風潮があるので、
嫌がられる品物は少ないような気がします。


●おもちゃ●
ドラえもん、ガチャピン&ムック、アンパンマンなど、
昔ながらのキッズ向けキャラクターから、
ワンピースやナルトなど、最近の漫画のキャラクター、
ピカチューなどの大人気なキャラクターのキーホルダーや人形などは、
10代20代の若者、特にアニメ好きには受けているような。


●和風の小物●
和風の柄が入った小物入れや扇子などは日本的で目を引きます。
またこちらでは“携帯ストラップ”が一般的ではないので、
老若男女 面白がってくれるかもしれません。


●文房具●
文房具の質は圧倒的に日本の方が良いので、
頻繁に使うものは自分用にも持ち込みをお勧めしますが、
アイディア商品などはお土産としても使えそう。
例えば…シュレッダーはさみやペーハ゜ーステッチロックなどは、
事務系の職場に持ち込んだら話のとっかかりにはなりそうです。
…こだわりの少ない社会なので、実際に使うかはともかく。

 

とは言えホームステイやシェアハウスが一般的なバンクーバーでは、
お土産を期待している人は圧倒的に少ないように思います。
渡航前は何かと悩みが多いものですが、
お土産は心遣いですから、気にしすぎずに選んで下さいね。

コメント