バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

  • Home
  • コラム
  • バンクーバーの学校と留学センターの密かなルール

バンクーバーの学校と留学センターの密かなルール

  • mixiチェック

バンクーバーはそれほど大きな街ではないが、この小さなスペースの中に、英語学校、専門学校など相当多くの学校が密集している。
そしてそれに合わせて、それを紹介・斡旋することで発生するコミッションで運営している留学センターなども相当多い。(GoToVan も例外ではない)


その中でもバンクーバーには、韓国人オーナーの学校、そして留学センターが多いのが特徴で、日本人の留学センターだと思っていても、実は韓国人経営で日本人を雇っているのは良くある事で、それらを含め、日本語対応の留学センターは、オフィスを持たずに個人でやっているものを入れれば、おそらく 100近く、またはそれ以上はあるだろう。

そんなに多くの留学センターがこの小さな街に密集しているのだから、色々な意味でトラブルなども多いのは予想がつく。

通常、現地で語学学校や専門学校などを探す場合、実際に学校の授業に無料で参加することができる「トライアルレッスン」という制度を設けている学校が多いのだが、このトライアルレッスン、自分自身で直接学校に連絡して行く場合は問題ないが、留学センターなどを通して予約すると、その時点で自動的に「その生徒はその留学センターからの紹介 (=その留学センターにコミッションが入る) 」という事になってしまうのだ。

これがまさに、この数多い留学センター同士の争いを防ぐための学校が作った暗黙のルールなのだ。

まぁ、だからと言って、通常であれば生徒にとって全く問題がないし、また、学校の定価よりも授業料が高くなるということはまず無い。
ただ、留学センターによっては、学校と特別契約をして通常よりも安くすることが出来たり、コミッションの範囲内で割引を提供したりしているところがあるのも事実で、もし仮にトライアルレッスン後、別の留学センターから申し込んだ方が得だと分かったとしても、最初にトライアルを申し込んだところからでないと申込みが出来ないという状況に陥る。


これは学校側が、最初に時間をかけてカウンセリング、紹介してくれた(きっかけを作った)エージェントを守るために設けたルールで、多くの学校で適用しているが、トライアルを申込む生徒自身が知る事はまずない。

そう、このルールを留学センターは逆に利用し、とりあえず無料だからという理由でそれほど行く気もない生徒にでもトライアルレッスンの予約を入れ、とりあえずその生徒を確保してしまおうとしているのだ。

とは言っても、実際は学校によっては最初の留学センターには内緒にし、その留学センターからの申込みを受付けてしまっているケースも意外と多いようだが・・。


実は自分も数年前、語学学校を探している時、ある留学センターを通して学校見学だけ行ったのだが、その後、別の留学センターからの方が安くなる事を知り、そっちから申し込もうとしたところ、断られた事があり、ずっと騙された感が残ったため、自分はこのシステムと、それを利用する留学センターに対してあまり良い印象を持っていない。


今自分が学校を紹介するという逆の立場となり、たくさんの人と接していると、いろいろな留学センターに足を運び、情報収集している生徒が多いという事を知るわけだが、結構多くの人が、「とりあえず無料だからトライアルに行ってみれば?」と勧められているのだ。もちろんこの暗黙のシステムは聞かされていない。まぁ当然の事なのかもしれないが・・・。

でもおそらく、無料だから・・・といって了承する人でも、このシステムを知ったら嫌だと思う人は多いはず。

サインもハンコも無いのに話を聞くだけで、ある意味契約のようなものが成立してしまうこの状況、何かもっと別の対処方法は無いのだろうか。


という言うことで、GoToVan では少しでも多くの人がこのシステムを知れるよう、Webサイトや、現地で配布している生活マニュアルにも記載しているので、これからトライアルレッスンを検討している人は目を通しておきましょう。

またもし仮に GoToVan からトライアルを申し込み、最終的に他の留学センターから申し込みたいという事になった場合でも、邪魔するような事はしないので、安心してトライアルを受けてもらえたらと思っています。


下記に詳細を掲載していますので興味がある人は是非見てみてください。


留学センターについて:
http://gotovan.com/manual/view.php?id=29

留学センターの活用法:
http://gotovan.com/manual/view.php?id=30


記事ID. 222

by GoToVan

この記事について、記者にメールを送る この記者の Webサイト

2010/05/14 06:12:49 JST

コメント


・書込みは 1000 文字以内です
・書込み内容の削除は管理人まで連絡ください

画像内の文字を入力ください