バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

YOKO(YP) さんの体験談

プロフィール

名 前 YOKO(YP)
出身地 石川県
性 別
元職業 保育士

滞在期間

2008/11/14 - 2010/1/31

1年2ヶ月間滞在

ビザの種類

ワーキングホリデー

目 的

海外生活

予 算

150 - 200万円

渡航年齢

20代後半

留学エージェント

日本にいる時に「ちびかなだ」を利用

学 校

期間 8ヶ月 (合計期間)
学校 Pacific Gateway
inlingua Vancouver

学校は日本からエージェントを通して決めました

英語レベル

出発前 初心者(Beginner)
中学レベル
帰国時 初中級(Low Intermediate)
高校レベル

滞在都市

バンクーバー

他の国での留学・ワーホリ

カナダが初めて

購入した航空券の種類
「オープン航空券」を利用

海外旅行保険
「カナダの旅行保険」を利用

お金の持ち込み方法
現金(カナダドル)

最初の滞在場所
ホームステイ

エージェントに紹介してもらったホームスティー先に5ヶ月間滞在しました。

ワーホリ・留学に行こうと思ったきっかけは?

ずっと海外で暮らしてみたいという漠然とした夢があったので、28歳の年に今まで勤めていた職場をやめたいと思い、それをきっかけにワーホリにいこうと決めました。

どうしてカナダ、またはバンクーバーを選びましたか?

友人がカナダにワーホリに来ていた話を聞いたり、バンクーバーは世界でももっとも住みやすい街ときいたので、カナダのバンクーバーにしました。

出発前に日本で決めてきたこと

現地についてすぐに学校に行きたかったので、学校とホームスティ先は決めてこっちに来ました。

渡航前に不安に思っていたことと現地到着後のギャップ

語学とお金の心配です。
ギャップは、日本人がとても多く、人々が誰に対しても優しかったことです。

到着後の第一印象

秋だったため、どんよりして自分の地元のようでなぜか安心しました。

渡航してから最初にしたこと

銀行の開設、携帯電話の契約。

持ってきて不要だった物

洋服。日本の感覚で洋服を持ってきましたが、現地では動きやすい服や靴があれば十分です。

カナダで経験した仕事・ボランティアなど

ベビーシッターです。

英語の勉強・成長について

語学学校だけでは、英語力に限度があると実感しました;

ワーホリ・留学を振り返って

ワーホリに来て本当によかったです。
カナダの良さや日本の良さの両方を感じ、とても有意義な時間になりました。今後の人生が大きく変わるきっかけがワーホリでした。

カナダ滞在中のトラブル・反省点など

特にありませんでした。

想い出に残る場所、オススメの場所など

ロッキーマウンテン、ウィスラー、ナナイモ、ビクトリア、ボーエンアイランド、あとは、バンクーバー内のスタンレーパークやグランビルアイランド、グラウスグラインドなど自然がいっぱいです。
都市と自然が融合されたバンクーバーは本当にすばらしくビーチでのんびりしているだけでも気持ちがいいですよ〜(夏に限りますが。。。) 

帰国後の生活

リブインケアギバーとして、またバンクバーに戻り、現在は結婚し、移民申請中です。

これからカナダへ行く方へのアドバイス・メッセージ

いろいろ不安もいっぱいだと思いますが、カナダに来てみると、とっても住みやすいですし、いろいろな人種がいて日本人もたくさんいますし、日本のお店や企業も意外とありますよ。また、一般的にナダ人はすごく親切なので、言葉の面や文化の面でギャップは感じると思いますが、来てしまえばどうにかなるものです!とても楽しいですよ!
一度しかない人生なので、ぜひぜひワーホリに来たら良い経験になるのでお薦めします〜!

最終更新日: 2013年9月20日 18:23:18

ワーキングホリデー

バックパッカー

山口県 出身 (女)

2005/4/19 から8年7ヶ月間

ワーキングホリデー

Ash

東京都 出身 (女)

2008/4/16 から1年間

ワーキングホリデー

Tatsuya

栃木県 出身 (男)

2009/9/30 から1年2ヶ月間

ワーキングホリデー

Emi. I

福島県 出身 (女)

2008/11/17 から1年間

ワーキングホリデー

AK

東京都 出身 (女)

2009/7/7 から1年間

GoToVan ロゴ