バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

ファームステイ@キングストン

  • mixiチェック

観光も兼ねてBC州からオンタリオ州に飛行機で飛びました。


今回の滞在先キングストン(Kingston)はトロントとモントリオールの中心にあります。
トロントからキングストンまでVIA Rail Canada(http://www.viarail.ca/en)を利用し、2時間半ほどかけて向かいました。もちろんバスもあります。キングストンからファームまではホストの方が迎えに来てくれました。送迎中にホストからキングストンはカナダの最初の首都で歴史が多く詰まった街だから古い建物が多いし、また昔は拠点をここに置いていたから車の交通量が多くて通勤時は毎日渋滞よ、と教えてくれました。

こちらのファームはホスト、奥さん、猫2匹のガーデニングファーム。10匹の鶏がいました。


1日の流れは、
8時半朝食、9時〜鶏の餌やり、仕事、13時昼食休憩、14-15時仕事、18時ディナー

アスパラガスの手入れやガーリックの種まきを行いました。季節は夏を過ぎた秋(10月頃)だったので、野菜の収穫はほぼ終わっており、収穫の終えた野菜の苗の片付けや翌年の土壌の手入れや草むしりを基本行っていました。


また7本の立派なりんごの木もあったので2日に1回りんごの収穫をし、りんごソースやアップルサイダー、ドライアップルやスイーツも作りました。


休みの日は自転車を借りてサイクリングや庭のりんごを使ってお菓子作りに励みました。丁度いいシーズンで晴れも続いていたので気持ちのいいサイクリングやハンモックで昼寝をし、休みを満喫することができました。


毎日新鮮な卵をゲット!!!



ホストの得意料理のスフレが絶品!!!


ホスト夫婦の子どもや友人が毎日日替わりのようにいらっしゃたので、賑やかに過ごすことができました。カナダ人はもちろん国外(オランダ、インドネシア、フランス)の方も数名いたので各々の国の文化や観光、食べ物の話等のたくさん面白いお話が聞けました。


ホストの奥さんの料理が美味しくて幸せでした〜〜


西側に比べると周辺には山が全くなくて違和感を感じました。紅葉シーズン後半で冬のはじまりの季節に滞在していたので、途中から毎朝霜や霧を見掛けることがありました。でもそういう時は基本室内作業や室内、倉庫の掃除や整理整頓。しかも防寒具も貸してもらえたので、無事に初頭の寒さを超えることができました。

秋冬のファームステイ内容、防寒等のこともしっかり訪問までの段階で質問をしていたら防寒のための重たい荷物を運ばなくて済んだかもしれない。。。ががーん!!!

WWOOF(http://www.wwoof.ca)


記事ID. 508

by ごまみそ

この記事について、記者にメールを送る

2017/01/16 21:23:51 JST

コメント


・書込みは 1000 文字以内です
・書込み内容の削除は管理人まで連絡ください

画像内の文字を入力ください