バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

生徒が選ぶ人気学校 - 体験談

VEC Vancouver English Centre

学校紹介文

===================================== 本学校は2016年8月末で閉校となりました。 ===================================== 1993年創立の老舗英語学校で、世界 30カ国以上からの留学生たちが真剣に英語を学びに来るバンクーバーの中でも大きな学校。

英語レベルは細かく 16段階(文法、会話別)に分かれており、1クラスは 8人~13人の少人数制で、会話力を効果的に伸ばすためのオリジナルテキストの使用などが特徴として挙げられる。また、講師全員は大学卒のカナダ人で TEFL または、TESL の資格保持者。
基本的に午前中は文法、午後は会話のクラスとなっているが、「文法に自信があるが会話には自信がない」と言う場合には、文法は中級、会話は初級~中級という形で授業を受けられるなど、各自に合ったレベルで苦手分野を克服できるシステムとなっている。
また、レベルによって TOEIC・TOEFL・ビジネス英語などの選択授業を取る事も可能で、更に、一般英語クラスの他に、ビジネスインターンシッププログラムや、チャイルドケアボランティアプログラム、バケーションスタディプログラムなどの特別プログラムも用意されている。
キャンパス内は「英語オンリー」

体験談
Eriko Hiromoto
名前 Eriko Hiromoto
ビザ ワーキングホリデービザ
プログラム ESL Intensive Program
期間 3ヶ月

2011-06-16 02:48:04 更新


私が VEC に決めた理由は、文法とスピーキングのそれぞれのレベルが 15段階に分けられているので、自分にあったレベルで勉強できるということ、日本人スタッフがいるということ、比較的日本人学生が少ないなど。これらが決め手になった大きな要因です。
授業に関して言えば、レベルが細分化されていることに加え、自分が受講したクラスが難し過ぎる、簡単過ぎるなど、自分に合っていないと思えば、セッション始めの 1週間以内であれば、先生に相談して変更することも可能というのが私たち学生にとってはとても嬉しいシステムだと思いました。
現に私もこのシステムを使ってクラスを変えたこともあります。おかげで自分に合ったクラスで最後まで勉強できました。そしてやはり心の支えになったのが日本人スタッフの存在です。基本的に学校構内全てのエリアで English Only Policy があって、常に英語を離さないといけないというルールがあるのですが、本当に困ったことや相談したいことがあれば日本語で話せるし、初日のオリエンテーションも日本語で受けれたのが本当に心強かったです。
そして放課後には毎月何かしらの School Activity が無料のものから有料のものまでいろいろあったので、通い始めの 1ヶ月間は無料の Activity を選んでは友達と参加して楽しんでました。
また、留学生の割合としては、南米からの学生が多く、メキシコ、ブラジル人の留学生が多いと感じましたが、ヨーロッパ(ドイツ、スイス、イタリア)、アジア(韓国、タイ)などからの学生もいるので、本当に多国籍の友だちができる環境なのがとても面白かったです
私が通い始めたのが 3月で日本人の学生が一番多い時期だったのですが、クラスが細分化されていることもあり、クラスメイトには日本人はほとんど居らず、日本語を話す機会はほぼ無い状態でした。4月からは日本人の数自体減っていたので英語漬けになるという意味ではとても良い環境でした。
立地条件もとても良く、スカイトレインの Granville Station、または Studium Chinatown どちらの駅からも徒歩 10分以内だし、何よりダウンタウンにある図書館に学校から徒歩 1~2分で行けるので、家で勉強するのが苦手な私は、ほぼ毎日のように図書館で宿題をしてから帰るというのが日課になっていました。

最後になりましたが、私は VEC に通ってた 3ヶ月は本当に充実したものになりとても満足しています。


学校基本情報

学校名VEC Vancouver English Centre
住所 250 Smithe St. Vancouver BC Canada
電話604-639-9623
Fax604-687-1660
Webhttp://www.vec.ca
GoToVan ロゴ