バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

GoToVan ロゴ

  • Home
  • メールマガジン
  • バンクーバー日本総領事館より - 海外安全生活情報(2009/12/28) + GoToVan ラウンジ年末・年始のオープン日/時間について

バンクーバー日本総領事館より - 海外安全生活情報(2009/12/28) + GoToVan ラウンジ年末・年始のオープン日/時間について

みなさんこんばんわ。

バンクーバー総領事館より、「年末年始の海外旅行に関する注意喚起」の案内が来ましたのでみなさんに転送します。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            お知らせ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■■■ 年末・年始 GoToVan ラウンジのオープン日/時間

年末・年始、GoToVan のラウンジのオープン日/時間は下記、カナダのカレンダー通りとなります。

12月29日(火) 13:00 - 18:00
12月30日(水) 13:00 - 18:00
12月31日(木) 13:00 - 18:00

1月1日(金) 休 *祝日
1月2日(土) 休
1月3日(日) 休
1月4日(月) 13:00 - 18:00
1月5日(火) 13:00 - 18:00





■■■ バンクーバー日本総領事館より - 年末年始の海外旅行に関する注意喚起


例年、年末年始海外旅行シーズンにおいては、多くの国においてカウントダウン等様々なイベントが行われる中、観光旅行者の増加を目当てに、スリ、置き引き、ひったくり、睡眠薬強盗、いかさま賭博、偽警察官、寸借詐欺その他のトラブルなどの被害が増加する傾向にあります。
つきましては、年末年始海外旅行シーズンには、以下のような代表的な犯罪の手口・被害事例があることを念頭において、被害回避のための安全対策に十分留意してください。
なお、国・地域によっては、政治・経済事情等から、デモなどが発生するところもあります。つきましては、海外における事件・事故及びその傾向と対策については、海外安全ホームページで、その国・地域の「危険情報」や「安全対策基礎データ」等渡航情報も確認してください。
また、その他海外での事件・事故例については、海外安全ホームページの「海外安全劇場」及び「海外邦人事件簿」を御参照ください。



1.犯罪被害事例

(1)スリ、置き引き、ひったくり
 観光地、駅、空港、電車内、ホテル、レストラン、ショッピングセンターにおいて、多くの日本人旅行者が油断した隙にスリ、置き引き、ひったくりの被害に遭っています。また、日本人旅行者が運転する車やタクシーから降りた直後を狙ったり、信号などで停止した車のドアを開けてバッグ等をひったくるケースもあります。

(2)睡眠薬強盗
 見知らぬ人物から親しげに話し掛けられ、一緒に観光するなどして慣れ親しんだころ、睡眠薬の入ったジュース等の飲み物や食べ物を勧められるまま飲食し、昏睡している間に所持金等が盗まれるものです。

(3)いかさま賭博
 見知らぬ人物から親しげに話し掛けられ、言葉巧みに自宅等に案内された後、「トランプゲームで金持ちの友人から大金を巻き上げよう。」などと持ちかけられ、その誘いに乗ってゲームを行うと、最後には大負けして多額の現金等をだまし取られるものです。

(4)偽警察官
 偽警察官が、職務質問を装って、日本人旅行者の所持品検査を要求し、財布等から現金を抜き取るものです。

(5)寸借詐欺
 見知らぬ人物が、「現金やクレジットカードを紛失して困っている。」、「自宅に帰るお金がない。」などと声を掛けてきて日本人旅行者の同情を引き、場合によっては借用書を渡すなどして信用させ、現金等をだまし取るものです。

(6)不特定多数の人が集まる場所でのトラブル
 年明けのカウントダウン等、不特定多数の人が集まり、興奮度が高まる場所では、酒に酔っての殴り合い等がきっかけで大きな騒ぎに発展することがありえます。身の危険を感じた場合はすぐにその場から離れてください。



2.防犯対策等

(1)貴重品や多額の現金は持ち歩かない。やむを得ず携行する場合は、ボタンの付いた内ポケット等、容易に窃取されない場所に入れ、かつ、現金は小分けにして携行する。また、人前で多額の現金は見せない。

(2)レストラン等では、手荷物を放置したまま席を離れない。

(3)バッグ類は、車道の反対側に持つようにする(オートバイ等に乗って背後から追い越しざまにバッグ類を強奪する手口が増えています。)。

(4)見知らぬ人物から話し掛けられても、相手にせず、直ちにその場から離れる。

(5)単独での外出(特に夜間や人通りの少ない場所)はできるだけ控える。

(6)生命・身体の安全を最優先に考え、ひったくり等の犯罪に遭った場合には抵抗しない。

(7)警察官と称する者でも、疑わしい場合は、身分証明証の提示を求めたり、周囲に助けを求める。

(8)デモ・集会やその他のイベントで、不特定多数の集まる場所には近づかないようにする。

(9)万一に備え、必ず海外旅行保険に加入しておく。



3.なお、上記のほか、別途危険情報、スポット情報等の渡航情報が発出されている場合には、それらのないようにも御留意ください。



(問い合わせ先)

○外務省領事局海外邦人安全課

 住所:東京都千代田区霞が関2−2−1

 電話:(代表)03−3580−3311(内線)5138

○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)

 住所:東京都千代田区霞が関2−2−1

 電話:(代表)03−3580−3311(内線)2902

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

GoToVan 運用局
info@gotovan.com
http://gotovan.com/

#308-525 Seymour St. Vancouver B.C.
Canada V6B 3H7

Tel: 604-568-8282
Cell: 778-228-0430

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

※メールの配信停止を希望する場合は、下記のページの「メーリングリスト登録・解除」フォームより解除ください。
http://gotovan.com/mz/