バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

  • Home
  • コラム
  • ファームステイの仕事(ガーデニング)

ファームステイの仕事(ガーデニング)

  • mixiチェック

今回は、私がしている Wwoofer としての仕事の一つ、ガーデニングについて紹介したいと思います。私が滞在しているファームでは、野菜やフルーツの世話だけでなく、雑草抜きやお花のケア等も行なっています。

ホストは大きなガーデンを持っていて、色んな種類のお花が咲いていてとても綺麗です。


それでは、主に行なっている仕事を紹介します。

*花がら摘み(Deadheading)*
咲き終えたお花をカットします。


この仕事は、見た目を綺麗に見せることはもちろんのこと、
咲き終わったお花は、種を作るために沢山の栄養とエネルギーを使います。
そのため、花がらカットすることで種に使う栄養やエネルギーを他のお花や株に集中させることが出来ます。

     Before          After




これはお花だけでなく、ジャガイモでも同じように咲いているお花をカットし、ジャガイモが大きく育つように工夫しています。


*お花摘み*
咲いているお花を摘み、部屋やキッチンに飾ります。



*雑草抜き(Weeding)*
雑草を放っておくと、野菜やお花に水をあげても雑草に水分を吸収されてしまいます。
抜いても 3日後にはまた生えている、なんてこともあるので根から抜くのが重要です。
雑草は常に色んな所から生えてきます・・・。
     Before          After

ホストから、「これを抜いて」、「このお花を残して」などの指示があります。
しっかり聞き、覚えていないと、大事なお花も抜いてしまう可能性があるので注意が必要です!
私は、「このお花はどうする?」などと確認したり、後から抜いていいか分からない草・お花があったら残しておいて後からホストに聞いたりしていました。
トゲがある草や木を抜くこともあるので、トゲが刺さったりする時もたまにあります。泣


*マルチング(Mulching)*
マルチングとは、土の上に木のチップ(Wood mulch)や干し草(Hay)などで地面をカバーすることです。
これをすることで、保湿の効果や、地面へ届く日光を遮り雑草を生えにくくします。
雑草が生えてきても抜くのがとても簡単です。
また、木のチップは月日が経つと土の栄養になり自然に還ります。その為、ホストからは「たっぷり厚みが出るくらい敷いてね!」と言われました。
     Before          After


この山から木のチップを手押し車(Weelbarrow)にスコップで入れ、運びます。

何度も往復をするので、結構体力を使います。



*木の新芽カット*
木の場所によって必要のない新芽を、はさみ(Clipper)でカットします。
     Before          After




このように色々なガーデニングの仕事があります。
使いそうな用具などの名前は、事前に調べておくと仕事がスムーズに進むと思います。
私の場合は、調べていなかったので、“何のことだろう?”と何度か分からないことがありました・・・。

一つ一つの仕事には、野菜やお花の為に行なう理由があり、それをホストから教えて貰うことでガーデニングの知識が沢山増えました。
ただ言われた仕事をするだけでなく、積極的に質問をすることも大事だと Wwoof を通して学ぶことが出来ました。


記事ID. 477

by Tacha

この記事について、記者にメールを送る

2015/06/18 03:16:43 JST

コメント


・書込みは 1000 文字以内です
・書込み内容の削除は管理人まで連絡ください

画像内の文字を入力ください




GoToVan ロゴ