バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

Caribbean Days Festival(2013)

  • mixiチェック

今年で25回を迎えるCaribbean Days Festival(2013July27,28)
「 the Trinidad & Tobago Cultural Society of BC(トリニダード・トバゴ共和国 BC文化協会)」による主催で、毎年7月最終週にノースバンクーバーで開催されています。

<トリニダード・トバゴ共和国>

トリニダード・トバゴ共和国はトリニダード島とトバゴ島の二島と属領からなる共和制国家で、イギリス連邦の加盟国の一つ。カリブ海諸島の中では最も南アメリカに近く、豊かな石油、天然ガス、アスファルトが経済の中心となっています。また観光産業も盛んで、首都ポートオブスペインで開催されているカーニバルは「世界の三大カーニバル」の一つとしても人気。公用語は英語で、黒人が40%以上を占めていますが、アフリカ系、インド系、中国系住民の文化が混ざり合い、東カリブ海諸国の文化の中心となっています。音楽では四分の二、二分の二拍子が特徴的な「カリプソ」や、ソウル とカリプソを合わせた「ソカ」、また、石油を貯蔵するためのドラム缶から生まれた楽器「スティールパン」などが世界的に有名。今や女性ラップ界を牽引しているラッパーのNicki Minajもトバゴ出身です。またリンボーダンスの発祥地、ロビンソンクルーソーの舞台となった島としても知られています。


<Caribbean Days Festival>
開催場所はWaterfront Park。ローンズデールキーから徒歩数分の海辺に広がる公園で、対岸のバンクーバー市が見渡せます。海辺側と歩道側に別れており、海辺側にはメインステージが設けられ、ソカ、レゲエ、カリプソ、ラテン、アフリカンミュージックのミュージシャンやダンサーなどのパフォーマーが次から次へと登場して会場を盛り上げます。歩道側の会場ではDJがプレイし、特設会場内がダンスフロアに。カリビアンの人々を中心に、各国の人々が大人も子供も踊っています。どちらの会場でも民族衣装や小物の他、roti、jerk chicken、パイナップルジュースなどの食べ物飲み物の露天が所狭しと並んでおり、一日いても飽きさせません。敷物を敷いてまったりと楽しむ人、音楽に合わせて踊る人、ぶらぶらと飲み食いする人が入り交じり、南国ムードを味わえます。



<Multicultural Street Parade>
土曜日の午前中は1時間半/2.5キロにわたるストリートパレードが行われます。ルートはローンズデールキー×12から坂を下り、坂下で右折してWaterfront Park まで。華やかな民族衣装を纏った人々が盛大なパレードを繰り広げ、あたかも本国のカーニバルを見に来たかのような華やかさで沿道の人々を楽しませます。カリビアンのみならず、様々な国からの人々がそれぞれの民族衣装やパフォーマンスで参加しているのが特徴的。日曜日には子供達によるパレードもあります。
[Date] Saturday, July 27, 2013
[Time] 10:00 AM.


<Caribbean Days Family Boat Cruise>
フェスティバル前日にはクルーズイベントも。これはチャーター船を貸し切り、DJが回す音楽で踊りつつ、カリビアンフードを食べられるというもの。バンクーバーでは船の上でのイベントも各種行われていますが、夏の晴れた日に船上でトロピカルムードに酔いしれるには最適です。
[Date] Sunday, July 21, 2013
[Boat ] Boarding at 2:00 PM Sails at 3:00 PM Sharp!
[Location] Harbour Cruises Marina(501 Denman Street Vancouver BC)
[Menu] Authentic Trinidadian roti on sale
[Tickets] Adults $35 Children (5-12) $20


[公式HP]
http://www.caribbeandays.ca


記事ID. 436

by MP

この記事について、記者にメールを送る

2013/07/30 00:00:00 JST

コメント


・書込みは 1000 文字以内です
・書込み内容の削除は管理人まで連絡ください

画像内の文字を入力ください