バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

夏のウィスラー

  • mixiチェック

8月2週目の週末は、今夏の中で一番暑い日になりました。そんな中、ウィスラーにラフティングに行ってきました。

ウィスラーは、2010年冬季オリンピックの会場にもなったので、ご存知の方が多いかと思いますが、バンクーバーより北へ125kmほど行ったところにある、コーストマウンテン山脈の山間に位置しています。

冬は、スキー・スノボードで賑わうウィスラーですが、夏の時期も様々なアウトドアアクティビティーを楽しむことが出来、また世界規模のマウンテンバイクの大会も開催されていて、年間を通じて楽しめるリゾート地です。

ちょうど私がウィスラーに到着した日がKokanee Crankworx Freeride Mountain Bike Festival が開催されていました。






これはウィスラー最大のマウンテンバイクパークイベントで、Air Downhill / Biker Cross / Slopestyle などの大会が催されています。この日はSlopestyleの日で、マウンテンバイクに乗ったまま宙返りしたり、回転させたり、見ていてとても楽しかったです。

そして、今回ウィスラーに行った一番の目的は、リバーラフティングをするため。
2.5時間 グリーンリバー ラフティングと8時間 イラホリバー ラフティングの2コースがある中、初心者の私たちは、まずは2.5時間のグリーンリバーラフティングに挑戦しました。

まずウェットスーツに着替え、救命ジャケットを羽織り、ヘルメットをかぶって、
バスに乗って、グリーンリバーまで向かいます。ラフティングにはカメラを持っていけなかったため、写真をお見せできないのが残念です。

そのため、今回ツアーをお願いしたツアー会社からラフティングの写真を記載します。





まず Green lake に到着して、そこから20分ほど川までパネルを漕いで行きます。その途中に、漕ぎ方の指導や掛け声をかけられたときの対応法を練習して、いざラフティングに挑戦!

最初に湖の上から川を見たときは、少し緊張しましたが、思ったよりも怖くなく、一緒に乗ったガイドさんの指揮のもと、途中でわざと岩にぶつかってボートを回したり、ボートの上で立ってみたり、とても楽しかったです。また川の流れが穏やかなところでは、リラックスして、景色を楽しむ余裕も沢山ありました。

ラフティングの所要時間は約1時間ほどでしたが、とても暑かった日にも関わらず、川の上の気温は少し肌寒くなったので、時間的にはちょうど良かったと思います。スリルと共に、リラックスした時間を満喫できました。

ラフティングの後は、ウィスラーヴィレッジ内の Pub にて、ビールで乾杯♪
ヴィレッジ内には、様々なショップやレストランなどがあります。




とても可愛いマークをウィスラーで発見したので、紹介します。
左下に見える赤いマーク、クマがゴミ箱を開けるのは禁止というサイン。



ウィスラーにあるゴミ箱は、取っ手の中にあるボタンを押して、開ける必要があります。これはクマがヴィレッジに下りてきた時に、ゴミ箱を開けるのを防止するためです。

残念ながら(?)私はクマに遭遇することはなかったですが、ヴィレッジに下りてくることもあるようです。

またバンクーバーとウィスラーをつなぐハイウェイ99番は別名「Sea to Sky Highway」と呼ばれていて、そこからの眺めも綺麗です。





是非、みなさんも夏のウィスラーにも訪れてみて下さい。ラフティングの他にも、マウンテンバイク、ロッククライミング、ジップトレック、カヤック、釣りなどウィスラーでは様々なアクティビティーが楽しめます。


記事ID. 238

by Tomoko

この記事について、記者にメールを送る この記者の Webサイト

2010/08/25 15:37:51 JST

コメント


・書込みは 1000 文字以内です
・書込み内容の削除は管理人まで連絡ください

画像内の文字を入力ください




GoToVan ロゴ