バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

Letters from Vancouver

BLOG DESCRIPTION カナダはバンクーバーに来てから早2年。オトナの?学生生活&日々のつれづれを綴っておりますです。
BLOG URL http://orangelettersvan.blogspot.com/ 一覧に戻る
BLOG RSS URLhttp://orangelettersvan.blogspot.com/rss.xml

もうすぐクリスマス

(2013/12/12 06:37:00)

なんということか。

前回のポストがムスコのバースデー。それから夏が過ぎ、秋・・・サンクスギビングもハロウィンも過ぎて、何時の間にかもうすぐクリスマスー!

ご、ご無沙汰しております。。。

クリスマスまであと2週間。

我が家(私だけ?)は、絶賛アタフタ中であります。

この時期イベントごとも多いですし(各学校でのクリスマスコンサート→もちろん家で練習)、クリスマスショッピング(家族用)、クリスマスカード制作・発送、毎年恒例ムスコカレンダー制作(両家・我が家)用・・・

ナニひとつ終わってない~~!

その上。

今年はクリスマスが我が家開催に決定。

実は相方ママが今年心臓の手術を受け、幸い今は元気になりつつありますがまだまだ無理はさせられない。

というわけで今年はお料理も何もかもやるんです!

わーん、どうしようー!

ターキー、ちゃんと焼けるかなぁ・・・

付け合わせはどうしよう。デザートは何にしよう!

てか我が家マトモな食器無いー!

とか、もう脳内アタフタしまくりですよ。

それなのに、こんな時にムスコからバッチリ風邪を貰い、何もしてないのにグッタリ。。。

しかも実はさっき、一度書いたブログ下書き消えちゃって。これ2度目なの。何だかどんどん投げやり口調になっていること、お許し下さい。

そんな私の心中とは裏腹に、張り切ってる相方は、今年ついに生ツリーを購入!

ドドーン!



これがまぁ、えっらいデカい。デカイのよ!タテにも横にも。もう、狭い我が家のリビングで物凄い威圧感。。

台に固定するのに四苦八苦したし、しかもまだ何だか傾いてる気も・・・倒れてこないといいけど!それに葉っぱも落ちまくって掃除も大変。。。

そんな私の心中はともかく、何だか盛り上がってる我が家の今年のクリスマス。とにかく無事に迎えられますように。

今日はとりあえず寝るっ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

ムスコ、3才

(2013/08/16 10:04:00)

あのとんでもなく暑かった真夏の日から3年が経ちました(←病院のエアコンが壊れてたせい)

ムスコ、ついに3才です。

おむつも大方取れそうな気配です。まだ時々失敗するし、オシッコはちょっとチビッてから報告するからどのみちパンツ換えないかんのだけど(苦笑)
でも、もうほぼ常時パンツで過ごしてます。濡れたときはその時。着替えは必須。



誕生日当日は、去年と同じくピクニック。今年は家の近所のビーチのある公園で。家族と、今年は少しお友達ファミリーにも来ていただきました。8月に入ってからなんだか天気が不安定な日があり、ちょっとドキドキしましたが、当日はスカッとまさに夏らしいお天気でホッ。


私達からのプレゼントは自転車。私は去年から推してたんだけど、今年になりようやくダディと意見が一致。ただ、私はストライダー(ペダルのないタイプ)を薦めてたんだけど、結局ダディはペダルのあるタイプ(補助輪&補助用レバーのついてるもの)を購入。
ちなみにダディが自転車本体、ママはヘルメットとその他防具を担当。の、割に、自転車とヘルメットと色、バッチリコーディネート出来てたー(奇跡)


って自転車が写っていませんが・・・(写真は義兄撮影)ほぼ真っ青な自転車です。なかなかスッキリした感じで私も気に入りました。


少人数パーティだけどやっぱりテンパった私は料理のことしか考えず、セットアップは夫に丸投げ。さらにその夫がグラニーに投げた結果・・・(おい)

新品のガゼボと折りたたみチェアとテーブルとその子供用と、さらに子供用テントまでもが一気に登場!!
ただのピクニックが一気にランクアーップ!!!

この日、ど晴天だったのでガゼボがあって助かった・・・でなきゃピクニックテーブルに座っていられなかったし。
そして子供たちにはテントが大人気!
これがあってこそ安心してランチが食べられた。(子供たちも遠くに行ってしまうことがなかったし。)

しかも私、料理しか考えなかったと言いつつ、メインのサンドイッチはケータリングいたしました(爆)
ご近所のお友達がやっていらっしゃるカフェにお願いしました。
美味しかったー!サンドイッチはやっぱりプロに限る。
この場でY2Cafeのお二人にお礼申し上げます。

その他作ったものは、サラダ2つ、ミニおにぎり(主に子供用)、作ってないけどフルーツ盛り合わせ。

しかし相変わらずテンパっていた私、お料理の写真が全然ありませんでした・・・毎年、毎年、誕生日の度に同じことになってしまうのだけど(自分で写真取れない)、当日テンパらないようになるには、まだ4年目も修業が必要なようです・・・


さて、なくちゃいけないケーキ。実は、今年はカップケーキにしちゃおうかな―、と思ってた私。作るのは簡単だし、デコレーションで可愛くすればいいし、と。
でも2日前になってダディが、「カップケーキなんて駄目。」と言い放つ。・・・。
しかも、私がケーキを作らないのなら自分で作るとか言い出し・・・
軽く言ってるけど自分でケーキなんて作ったことないはずだし、やらせたら結局市販のミックスで極甘のを作るだろうし・・・大体どんな姿形になるか分かったもんじゃないし・・・イヤぁぁー、断固阻止!
と心のなかで叫んだ私、「じゃ、ケーキ作る」と急遽予定変更・・・うわーん。
でももう時間もないし、去年みたいなチョコレートでのお絵かきなんて到底ムリ。
それに人数も去年より多いので、とりあえず前夜、でっかい長方形のスポンジ(去年の倍の量で作成)を焼き、行き当たりばったりでデコレーションを考えた。
で、ケーキトッパーとして、Carsの絵(適当にネットで入手)にセリフ入れたものをパソコンで作って、印刷して、ボードに貼り付けて、裏面に竹串を付けたものを作成。
これをケーキにドカンと刺す、でとりあえず、オッケー?!


今年は生クリームじゃんじゃん使いました(去年はバタークリーム)。家の近所だし、まぁ冷やしておけばなんとかなるだろう、と。中身は桃缶&クリームを挟んで。ケーキごとアルミの入れ物にすっぽり入れてしまうことで、側面のデコなし、上面のみ。あとはベリーと、星形のお砂糖で、少しは可愛く。ジェルペンで名前を入れたら、完成~☆
いやっ、綱渡りだったけど、どうにかなったか。ふぅ~。来年は計画的に・・・出来るだろうか?うう~ん。

ロウソクに火をつける段になって、海から風がビュ~。結局、さっさと吹き消してから、お歌を歌いました(笑)ムスコ的には、でもやっぱり去年のトーマスケーキが印象に残っているみたい。はい、来年は頑張ります。。。

ちなみに夫には、「バースデーケーキはこれから毎年(ムスコがもういいって言うまで)私が作る。」と宣言しました。あぁぁぁぁ・・・・。


頂いたプレゼントはその場で開けさせて頂き、ムスコもお友達もおもちゃに釘付け。皆仲良く遊んでくれて大変良かったです。しかしテントがなんとまぁ役に立つこと。ホント、グラニーグッジョブ!!こういう時の彼女の機転の効き方というか、いつも脱帽ものなのですが、いやもう足を向けて寝られません。

その後、しばしビーチでカニ採りに勤しんだり、夏の一日を満喫しました。
シンプルだけど、やっぱりピクニックは良いですね。色んな趣向を凝らしたパーティは、もっと大きくなってからということで。

何はともあれ、ムスコ本人はこの日とーーっても楽しかったようで、それから毎日「またパーティ行きたい~」と言いながら起きてきます(爆)残念ながら次のパーティは来年なのですが。

また一年、グングンスクスク成長していってください。ハッピーバースデー。また来年、楽しみに待ってます☆


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

最近は2ヶ月に一度も怪しいかもしれない、このブログ(笑)

我が家は、相変わらず、のほほんと元気です。

ただ、こちらはこの時期学年末(6月末から9月頭まで長ーーーい夏休みに突入)ということで、イベントが盛り沢山。結構忙しい。運動会、学芸会、スクールデイ(お家の方やお友達もウェルカムなイベント)、等々。ムスコは日本語学校2つに地元プリスクールに行ってるので、運動会は全部で3回。その他のイベントはかぶってませんでしたが。ただ残念ながら、この時期にまだ雨が降る今年のバンクーバー。プリスクールの運動会(Sports Day)は雨で延期、さらに延期された日も雨で流れました。しかもドシャ降り。お昼になるとそれがカラッと晴れたりするんですが、まったく、変な天気です。こちら梅雨はないはずなんですけどね―。


プリスクールはその他にも一年通じてイベントが結構あるんですが(親だけ参加の育児レクチャーみたいなのもある)、母の日と父の日にはそれぞれティーパーティーを開いてくれ、母・父がご招待されます。
というわけで、私がご招待された母の日の模様を。(もう一月前ですけど。)


教室に入ると長テーブルにずらりとお茶とお菓子が並び、可愛くセッティングされてなかなかゴージャス。テーブルと椅子は、ちっちゃいんですけどね(笑)

さらにそれぞれの席にはこんなものが。

「本日のシェフ」の写真。もちろん子供たち一人一人、全員分です。着ている服をよく見ると数日前のものだったので、予めちゃんと撮って用意してあったんだなと。仕込みがしっかりしてます。この洗濯バサミの裏にマグネットが貼ってあって、冷蔵庫に貼れるようになっている。

思った以上に趣向を凝らした可愛いティーパーティに、母感激。ただ、他のママ達とのトークはまだ慣れず、ちょっと汗かいた~。ウチは中途入園で、これがプリスクールの初イベントだったこともあるんだけど。そしてムスコは私の顔見ると日本語で話してくるので(喜ばしいことですが)、周りにいたママ達、私が英語話すかどうか怪しかったみたい。(ちなみにこのスクールの子供たちは白人家庭が殆どでアジアンママは殆どいない。普段見かけるアジア系の人はナニ―さん。)最初に妙に間ができてしまい、かと言って割り込んで話すことも出来ず、会も大分進んでからようやく向かいのママに話しかけてみたんだけど、「英語上手ね」と言われて、喜んでいいのかどうなのか微妙・・・(苦笑)。まぁここは場数でしょうね。


この日子供たちは普段のプリスクールの時間に登園し、母達はその1時間半後に再度集合というなんだか面倒くさいシステムだったんですが、なんと、その間スコーンを子供たちみんなで作っていたみたいです。ここのスクール、モンテッソーリの教授法の一つなのか、普段からスナックはお当番の子供たちが野菜や果物を切ったりして準備しているみたいなんですね(って実際私は見たことないのだけど)。日本でも食育って今注目されてますけど、やっぱりこうやって普段の生活から学び取ることって、子供の成長には大事なんだな―と考えさせられます。

ムスコは、普段からティーパーティごっこ(というおままごと)が大好きな乙女男子(笑)なので、本物のティーパーティに大興奮!帰ってからもずっと騒いでおりました。


と、いうわけで、家でも少しずつ、やってもらうことにしました。


ゆで卵の殻剥き、それからチーズナイフで切っていただきました。(途中でつまみ食いしてますw)

殻剥きは、最初に少し割っておけば、結構上手に剥いてた。切るのは手を添えたりはまだ怪しいけど、ナイフでチョップするって概念は知ってたみたい。やっぱりプリスクールでやってたのかな?(知らぬ間に!)

というわけでだんだん役にも立つ様になって来たムスコでした~。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

プリスクール、スタート

(2013/04/14 09:13:00)

最近はもう2ヶ月に1度ペースになりつつあるこのブログ。。。

我が家は結局更にもう一度風邪を引き(全員)、お天気の方は、桜もすっかり咲いてついに春!と思いきや1週間以上もザンザン雨が降り続いてどんよりに逆戻り~

てな感じですが、いい加減、もう春ですかね。



我が家の大きな変化は、この4月からムスコがプリスクール(地元・英語の)に行き始めたこと。本当は3才になってから9月に始めようかと思っていたのだけど、近所の老舗スクールを見学に行ったところ、今なら空きがある・・・とのことで、えいっと入れてしまいました。3才からと言っても2歳半(30mon.)になっていれば入れるプリスクールが多いのですが、ここもそうで。ここはモンテッソーリスクールで、部屋には、いろいろな種類のお道具(パズルや食器セットや地図やお絵かきセット・・・)が揃っているのですが、ムスコその豪華なコレクションに魅了されたみたいで、見学の時からものすごい食いついていました。スプリングブレイクが明けてからということで4月入学にしたのですが、見学からそれまでの間、そこを通る度に「行く―!」とうるさいのなんのって・・・。ちなみに私自身にはモンテッソーリへのこだわりは全くありません。本人に合っていればそれでいいって感じで。

そうは言っても今まで親から離れて(グラニー以外に)預けられたことのないムスコ、最初はしばらく嫌がるかな~?と思っていましたが・・・

初日。私も相方も一緒に連れていったのですが、教室を見つけると振り返ることもなくスタスタ・・・途中、泣きながら入ってきた他の子につられたのか、少し「ビエー」と泣いていましたが(私たちは物陰にいて聞き耳立ててました)、ほどなく泣き止み、その後は落ち着いた様子(音しか聞こえませんでしたが)。私たちはプリスクールを後にしました。

そうかと思えば。プリスクールを出て車に乗り込み、「さぁ、近所のカフェでホッと一息♪」と思っていた私の横で、メソメソ泣いている人が。。。
相方「ムスコを一人で置いてなんて行けない・・・(メソメソ)・・・。」
・・・ってさぁ、別に一人にしてるわけじゃないんだし。先生(2名)にお友達だって一杯いるんだし、大体なんかありゃ電話してくるでしょ―(と言いたいのをグッとこらえてしばらく待っててやった)。全く、こいつの方が手がかかるわホント・・・。

結局、特に連絡が来ることもなく、2時間半後に迎えに行った時には、ムスコまだ出されたスナックをモグモグ食べていました。ちなみに生の人参を切ったものも出されていたのですが、大半お残しになったようで、ジップロックに入れられて持たされておりました。どうもね、お当番制で、こういうのを切って用意したりするのも子どもたちにやらせているみたい。だから大きさも不揃いで、結構大きなかたまりもあったりして、こりゃ食べるの大変だろうなと。他の子はみんなきっちり食べているのでしょうか。慣れですなぁ。(ちなみに人参やブロッコリーやカリフラワーを生でスナックとして食べるっていうのは、カナダに来たときはそりゃ驚きましたが、もう慣れましたよ―。)

そしてそれから2週間。とくに嫌がること無く、相変わらず教室へはスタスタ入っていきます。なんか、あっけない。。。

しかし、3,4歳児mixのこのスクールで、実質2歳半のムスコはやっぱり他の子よりまだ一回り小さく見える。動作もまだなんだか頼りなさげ。これから揉まれて成長してくれるのでしょうか。母は楽しみです。


それにしても、週2回、2時間半のフリータイムが出来て、正直、嬉しい~!実質は家事に回しているわけだけども、今までに比べてはかどることはかどること。ムスコよ、その調子で頑張って行ってくれたまえ!


しかしなぁ~、これで英語化がますます加速するだろうなぁ(これは予定外)。夏の間に日本語力をどう鍛えるかが新たな課題です。それはそれで、うぐぐ。


ではまた!


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

気がつけばクリスマスもお正月もすっかりすっ飛ばして最早2月も終わり・・・。

今更明けまして・・・ってご挨拶も何なので・・・。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。我が家は皆元気にしています。

この間のクリスマスに次ぐビッグイベントは、先月私の母が2週間ほどこちらに遊びに来てくれたことでしょうか。ちょっとした小旅行にも出かけたし。ムスコにとってはなかなか会えない「ばぁばちゃん」ですが、この2週間ですっかり懐いて、お話もたくさん、たくさんしていました。心なしか、ムスコの日本語力もupしたような。

ばぁばちゃんが帰った後、実家に電話してお話させたら、それなりに会話になっていたようで、最後には「じゃーね~~~!」と元気良く言っておりました。


また来てね~~~~!


一方、我が家、この冬は家族全員で風邪が3周しました。始まりは、必ずムスコ。それが私達に感染ってる感じです。ムスコは毎度比較的軽症(鼻水が出まくる以外は)ですんでるんだけど、特に一番始めのやつは私達2人共散々でした。私はその時気管支に来ちゃったみたいで、その後3ヶ月、咳が続いてます・・・。やっぱりね、この時期、子供同士の接触からってのは避けられない感染経路なんだろうな、とは思いますが、なるべくなら健康に過ごしたい。手洗いは徹底してるつもりだけど、他に策があれば・・・。


そうそう、母の滞在中、ムスコ、一度エマージェンシーのお世話にもなったのでした。というのもまぁ私の不注意で・・・。
スーパーに買い物に連れてった際、片手に荷物、もう片手でムスコと手をつないでたんだけど、ムスコ、その時腕にぶら下がりながら床にしりもちをつく遊びをずっとしていて・・・その時も歩きながらぶら下がりそうになったのを「もうっ!」っと手をぐいっと引っ張ったら、それからしばらくして「お手々、痛い~」と言い始めて・・・。
私は手首を痛めた?と思ったんだけど、どうも腕を曲げてる時は良いんだけど伸ばしたら痛いようで、その後も腕を動かそうとすると痛がって泣く。相方が三角筋で手を吊って固定してくれたんだけど、動かせないし、折れてたらまずいので、その後(週末・夕方だったし)エマージェンシーへ。
結局、X-Rayの結果骨折はなく、計3時間待った後若いイケメンDr.(♪)がやってきて「子供が腕を引っ張られると、よくこうなるんだよね」っと言いながら、ちょっと腕を捻りながら伸ばしたら、ズレてしまった腱?が元に戻ったらしく、あっさり完治。帰りはすっかり元気にドーナツバクバク食べながら帰りました。エマージェンシー内って飮食禁止なので当然食料も入手できず、家族3人空腹で倒れそうだったのよね・・・。

そもそもが私のせいなのでその点については激しく反省したわけですが(普段はショッピングカートを使い、ムスコはスーパー内を歩かせないんだけど、その時母が一緒だったこともあってま、いっかと)、ムスコは3時間の間、待ち用の個室は与えられていて、部屋のテレビを見ていることができましたが、腕を伸ばさなければいけなかった診察とレントゲンの時以外では泣くこともなく、落ち着いて待っていてくれたのでとても助かった。こういう事にはならないのが一番ですが(大事にならずに本当に良かった)、母さんはまた一つ勉強になりました。

それから、(内臓系以外で)エマージェンシーに行くときは、こっそりパクっと食べられる食料を持って行くべきことも・・・。(内緒だけども、やっぱり飲まず食わずなのは辛すぎるよ・・・。この時は相方のポケットに入っていた軽くてサクサクのクッキー2枚を3人で分けあって個室で食べた・・・更に空腹感が増した:苦笑)
ちなみにこの時のエマージェンシーは、シーズン&場所柄、負傷したスノーボーダーがチラホラ。エマージェンシーでは最初のトリアージによって優先順位が分けられ、命に関わる事態でない場合はもちろんかなりの待ち時間を覚悟しなくてはなりません(子供でも)。Dr.は一生懸命回ってくれていますが、やはり患者が多いとても回らないのでしょう。よく見たら、Dr.も足にギプスをしてました・・・(もしかして、やっぱりスノボ?笑)


ま、今回は風邪&怪我の話になってしまいましたが、基本的には、我が家元気ですよー、という近況報告でした。(この内容じゃ全然そう見えないね・・・)

それでは、また。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

今年も冬支度

(2012/11/08 04:07:00)

毎日毎日ふんだんなお日様を満喫するだけで忙しかった(というか日焼け対策に余念がなかった)夏が過ぎ去ると・・・冬はイベントを数々こなすうちに過ぎていく、感じ。

10月以降、カナダの場合、サンクスギビング→ハロウィン→クリスマス というのが流れ。アメリカの場合はハロウィン→サンクスギビング、となる。

不都合なのは、カナダではハロウィンのパンプキンをサンクスギビングのパンプキンパイに流用できないということ。ま、缶詰を使えば簡単・早いのでありますが。

ただ、サンクスギビングもクリスマスもメイン料理はターキーなので、2ヶ月間が開くカナダのほうがそこはいいかも。一度食べたら結構しばらくもういい~、となるので。



閑話休題。

秋~冬のバンクーバーはもちろん雨続きの毎日なのであります。今年はハロウィンも土砂降り。心なしか、近所の家々を回るキッズも余り見かけなかったような。我が家はグラニー&グランパの家に集中してトリックオアトリートしに行っていたので、今年はキッズのおもてなしはいたしませんでした。(ごめんね。)



今年の我が家のムスコは、キリン。コスチュームはムスコが生まれた時にお友達から譲っていただいていたもの。とうとう今年ピッタリになりました。当日以外にも通っている日本語学校のクラスに着て行ったりと、割と出番がありました。着慣れたせいか、当日は大人しくフード(キリンの頭)をずっとかぶっていてくれました。動物などの可愛い系コスチュームは、もう今年ぐらいまでかな。そのうちヒーローやキャラクターものがいいって本人が言い出すだろうし。

子供が小さいうちは、ショッピングモールに行ってトリックオアトリートする、というのがお手軽かも。ハロウィン当日の昼過ぎぐらいから、モール内のお店ではお菓子を配り始めます。すると、コスチューム姿の大量のキッズ(&その親)がモールに大挙して押し寄せます。ホント、セール時だってこんなに混むことはないんじゃないかってほどの大盛況。しかしモールでは買い物どころじゃなくなるので、実際は売上にはつながらないんじゃないかと思います。キッズとママたちはお菓子をもらったら満足して退散だろうし。お店もサービスとはいえ大変だ。

とまぁ、実は去年たまたまこの光景に遭遇したので見たように書いていますが、結局今年は行かなかった。来年は行ってみようかなぁ。お家を回っての王道トリックオアトリートも、今回結局雨により実行せず。それでもムスコは「ハロウィ~ン♪」と言って楽しんでいましたが(ハロウィン=なんか楽しいこと、のコンセプトを理解した。キャンディーもらえる、というのもなんか分かった模様)、来年いよいよ本格的にトリックオアトリート・デビューしちゃったら、ハイになっちゃうだろうなぁ。キャンディーもらい過ぎないといいけど。



さてハロウィンが終わった今、ショッピングモールは早速クリスマスモードに早変わり。しかし、実際はまだ2ヶ月近くあるため、まだまだクリスマスショッピングを始める気にはなれない。

数日前、ショッパーズ(カナダのドラッグストアチェーン)で、11月から早速クリスマスミュージックを店内で流し始めたところ、客から「早すぎる!」と苦情が来たので取りやめることにした、というのがニュースになってましたけど(日本のヤフーニュースでも配信されてた:笑)、それ、確かに、って思う。だって2ヶ月もクリスマスモードって・・・完全に小売業の商戦に載せられてる感じ。お店で働く店員さんたちも「気が変になりそう」って訴えてるらしいし。

カナダに来て7年目。毎年、クリスマスが近づくとプレゼント揃えなきゃ、何を贈れば・・・って頭が痛い。ラッピングも大変だし。(自力でするから。)でも、そんなに物を贈り合わなくたって、家族が揃って食卓を囲んで楽しく賑やかに過ごせば、それでいいんじゃないー?って個人的には思う。みんなが贈るから、私もしないわけないはいかない!って、相乗効果でみんなヒートアップしちゃってるんじゃないかな・・・。それに、いくらギフトレシート付けたって、やっぱり贈った相手に気に入られないモノの場合は労力も手間も無駄だと思う。クリスマス後はお店の返品カウンター長蛇の列だし、行く気にならん。

郷に来ては郷に・・・とはいうものの、やっぱりイマイチ乗り切れない、この季節。

ただ、家族が集まるってとこは好きだけど。あと綺麗な飾り付け。今年はどんなオーナメントを買おうかな?ってワクワクするし。毎年一つだけ、と決めてますが(笑)

そうして、どんどん気分も冬支度されていくんだなぁ。

ビタミンDの補給も忘れずに!



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

言葉

(2012/10/14 01:33:00)

面白かったのは先日水族館に行った日の夜に
「ちょうちょさん トマト 食べたねー」と言ったこと。

これはどういう事か説明すると、水族館の中には熱帯コーナーがあって、そこには熱帯の鳥や蝶が放たれているんですが、蝶の餌(蜜みたいなもの?)が、赤い球状のもの(スポンジ?)に吸い込ませてあって、それにちょうちょが止まって吸っていたのを見ていたわけです。

私からは「あれはちょうちょさんのご飯だよー」と説明したと覚えてますが、それを彼なりに解釈したのが先のセリフ。なるほど、ちょうちょさんがトマトを食べていると思ったのね。面白いなー、と思いました。


英語の方はかなりしっかり文章を作ってくるときもあります。
例えば、I hear the sound like ◯◯.という文。その時々聞こえてくる音(鳥の声、車の音、etc.)によって、最後の部分に入れる単語を変える、という使い方が分かっています。英語の場合、単語の数を数えるのは日本語の場合ほどの意味は持たないのでは?と思います。実際、上の文は単純に数えれば6単語ありますが、日本語にすれば「◯◯(みたいな)の音がするー」って事で、やはり2、3語文相当じゃないでしょうか。英語の場合は必ず"I"という主語が入りますね。

ずっと下書きに入れっぱなしのポストだったけど、記録としてupしてみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

最近の、ムスコ。

(2012/10/13 17:32:00)

どこのおっさんでしょう。

サンクスギビングの連休も終わり、ホッと一息つきたい今日この頃。我が家はこの時期それでなくてもイベントが多くて、アップアップなのですが、どうにか一段落。

さて近頃はもうすっかり月1ペースになってしまっているこのユルユルブログ。
ムスコが2歳になったのを機に、これからのムスコ成長記は不定期といたします。(じゃあ今まではどうだったんだっていうツッコミどころがありますが、もう公言、ということで。。。)

さて9月から、夏休みの間はお休みだったお稽古事再開、そしていよいよ日本語学校の2歳児クラスへ通い始めました。それだけで、週3日は埋まり、あとは、天気が良ければなるべくお日様を浴びに外へ!・・・そうやっていると、一週間はあっという間。母ちゃんはなかなか体力が要ります。


では前回から間が開いちゃったんですが、とりあえずいつもの感じでの成長記。
現在、2才2ヶ月(26ヶ月)。

★身体
だいぶ大きくなったような(・・・いや最近全く測っていません)。周りの人にそう言われるのでそうかな、というのと、やはり服がどんどん小さくなってきてます。去年の冬物はかなりアウトになっています。こちらの2才用はピッタリ~まだ少しブカブカ(2才といってもなりたてと終わり頃では大分差があるでしょうから)。日本サイズは80はもうほぼアウト、90で丁度良し、長く着たければ100にする・・・という感じ。


★言葉の発達とバイリンガル化
この数ヶ月の進歩はまた大きかった!大分、言葉での意思疎通(双方向に)ができるようになってきたと感じます。

そして、「言葉は2種類ある」(英語・日本語)ということを完全に理解し、自分なりにそれぞれの語彙をリンクさせているようです。
ママの言葉=日本語、とダディ(と他の周りの人)の言葉=英語 を状況に応じて使い分け、両親が一緒にいる時には、同じ言葉をそれぞれ英語と日本語で言ってくれたりします。ミニ同時通訳。

ムスコにとって、言葉が2種類ある、というのは今のところごく自然なことのようで、たまにどちらかの言語でストックされていない(例えば、英語では知ってるのにその単語の日本語を知らない)ものがある場合、一生懸命、あれ?あれ?(何だっけ?)と考えています。(そういう時は、「これはねー、○○って言うんだよ」とその場で教えます。)

言葉の出始めから変わらず、英語が1歩先を行っている感はまだあります。ダディがいつも家にいて、しかも喋るのが得意、という影響が非常に大きいと思う。彼の子供に対しての話しかけは、これがまた上手いのです。子供目線になっている、というかそもそも子供に近い精神の持ち主(笑)

ただ全般的にこちらの人って、赤ちゃんの頃から子供へ話しかける量が豊富だな、と思います。とにかく何をする時でも、手を動かしつつ同時に喋る。対してお世話に一生懸命になり、手を動かすと口が止まってしまうのは、日本人(そうでない人もいると思いますが)。

私も意識して、動作をしながらそれを言葉にしてみたり、話しかけるときはなるべく子供にわかりやすい語彙で、ゆっくりはっきり、と心がけるようにしています。それでもダディにはまだ全くかなわないんだけど、効果は上がっているのか?ムスコの日本語の語彙もぐんと増え、表現力もかなりアップしました。今は2語文がメインで、時折3語のが出てくる感じ。

具体的に書くと長くなるので、また別に書きたいと思います。

相変わらずの水族館ショット。今のお気に入りはエイ。


★運動面
男の子にしてはおっとり系、というか相当慎重派(=ビビリ)なムスコ。
野に放っても、どこまでも駆けていく・・・ということはなく、せいぜい私の周りをグルグル回っている程度(笑)。まぁ追い掛け回す必要がないのはいいんだけど、もう少し運動量を増やして欲しいと願うのも親心。散歩に連れて行ってもすぐ「抱っこー」というのも、困ったもんだ。誰の散歩だー。

これまで滑り台を滑るのを断固拒否してきましたが、ある日突然、喜んで滑り出しました。それからはもういきなり大きな子用のグルグルしている(ひねりがある)ものなど一気にランクupしてキャーキャー喜んで滑っています。こんな日が来るなんて・・・とちょっと感動。

9月から、再びスイミングのクラスへ通っています。泳ぐのは、大大大好きな模様。この夏、ビーチに行ったり湖に行ったりし、ダディかママに支えてもらいながら手や足をバタバタし、水の中を進む感覚が面白かった様。プールの中でも、とにかく休みなく、バタバタバタバタやっています(笑)

彼なりに、進化していっている模様。


★トイレトレーニング
一応、2才になって本格的に・・・いや、やっぱりユルユルか?という感じで(母の性格ゆえ)、一進一退・・・いや、あまり進んでいない、ような。
最初はトイレに子供用便座を乗せて座らせていたんですが、やっぱり落ち着かないのかたまに座るのを嫌がり、ポッティ(おまる)を導入。今のところ、おしっこはポッティでできます・・・時々。朝一おむつにしていなかったらかなり確率高いけど、起きたらもうしてらぁ(おむつホカホカ)ということも多く・・・。
トレーニングパンツ(布製で、何枚か重ねの)は多分こっちじゃ売ってないので、日本で買ってきた&送ってもらったのを使用中。最初のうちは濡れたら「ちっちー」と教えてくれてたのが、慣れたら気にならなくなってきたらしく、今は濡れていても知らん顔・・・。最近、う◯ちも申告ない・・・。困ったなぁ。
焦ってはいないけど、3歳からの幼稚園、トイレトレ完了してないと入れてくれないらしいので、それまでには・・・というのが目標。



と、これまでと同じような感じの成長記になりましたが、今後は、その時その時、1つのトピックで書いていくような感じになると思います。

親子3代

余談なんですが、自分用育児記録はiPhoneアプリで毎日細々と記録するようになりました。手軽で続けやすくてズボラな私にもピッタリ。が、全てのデータは自分の端末内に保存されるため、これが結構容量を食うようになってしまって、それはそれでまた問題に。というわけでまた別の方法を模索中。やっぱオンライン日記を、非公開で、かなー。普通の日記サイトでもいいんだよなぁ。別に。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

夏の思ひで ~PNE攻略法~

(2012/09/12 08:00:00)

いつの間にやら9月。
現在気温(夜の12時半)、12℃。このまま10℃を切るのも時間の問題・・・。




はい。夏、終了~。ちーん。。





さて、そんな中で今さら感ありありの話題を記録として。8月後半のことです。

バンクーバー、夏の終わりの風物詩と言えばPNE。Pacific National Exhibitionの略で・・・とか詳しいことは以前行った時のポストに書いています。ってそれ、もう3年前だったー。ムスコが生まれる前だもんね。それ以来行ってなかった。去年はFairの時期でない時にPlayland(遊園地)だけちょこっとムスコ連れて行ってきましたが。

で、今年はというと、これがアホみたいに行きまくった。計7回!

Fairが始まってすぐの頃、ちょっとだけのつもりで夕方ムスコを連れてフラッと行ってみた(我が家からは車で10分)。そしたら、会場内にあるファームで遊ぶ(遊ばせる?)のが思いの外楽しくて。子供向けにファーム体験ができるコーナーがあるんだけど(動物や野菜を収穫する体験。もちろん作り物だけど)、ムスコも、分かってるのか分かってないのか謎ながらも何だかとても楽しかったようで。そして私はといえば、そこにたーくさんいる色々な動物の赤ちゃんたちがもう可愛くてノックアウト!

乳搾り体験(乳はハリボテです)

卵を拾い集めている・・・と思いきや、カゴの隙間からポトンポトン落としていた人

トラクターはクボタ製

実はまだちょっとムスコにはフェアは早いかなと思っていたんだけど、意外なほど本人が楽しんでいたことで(動物見るのも好きだし)、私もなんだか楽しくなってきてしまった。

あとは、その時は見なかったドッグショーやアクロバット(上海雑技団的な)のショー系なんかも、見てみたいなーというのもあり・・・リピート決定。

その次からはシーズンパスを購入して入場し放題。ちなみにシーズンパスのお値段は$53。入場料は単体だと$20で、オンライン購入すると$15。とすると、オンライン料金としても、4回行けばパスの値段の元が取れる。最初に行った時に買ってなかったのが悔やまれるけど、それからは期間中2~3日に1度ぐらいのペースで通った!(一回の滞在時間が1時間という日もあったけど。)

ただ、通うにあたって問題なのは駐車。公式の(会場隣接の)駐車場、料金はなんと$20!時間制限はないみたいだけど、毎回毎回こんな払ってられない・・・。あの辺、周りは住宅地だけど、この期間は路駐制限されてるとこも多く(住民以外禁止となってる)、かなり限られた路駐スペースをめぐって争いが繰り広げられている。そして、名物?が、周辺住民のおじさんおばさん達(9割方中国系)が、「$10でどうだ~!」と言いながらポン引き?(自分の家の敷地に停めさせる)合戦をしている光景。路上に椅子を置いて、一日中張ってる。しかし怖くてなんだか近づきたくない・・・近づかないようにしてるのにおばあちゃんが走らせてる車を追っかけてきたこともあったし。(健脚だね・・・てか危ないよっ!)路駐のチャンスは、開場前か、夕方(家族連れが帰る時間)かもしれません。

では、Park&Rideにしてバスで行こう・・・と一度試みたこともあったんだけど(期間中はPNE行きのスペシャルバスが運行されている)、よく考えたらノース側からPNEまで行くと2ゾーンになる。たった1停留所分の距離なのに(Phibbs Exchangeからダウンタウン行きのバスの最初のストップはPNEのあるPacific Coliseumの裏)、片道$3.75。往復だと$7.50。これだとポン引きのおばちゃんとこに停めるのと大差ない・・・(停めないけど)。

結局、その後は毎回気力で路駐を勝ち取ってました。Renfrew側よりも、Hastingsを挟んだ向かい側のほうがチャンスはあった。まぁ会場からはかなり歩くことになったけど、それも運動だと思えば。

あと、コストがかさむのは会場内の食べ物。ホントーに、バカ高い。多種多様な屋台フードは魅力的ではあるけど、所詮は屋台フード。毎回$15近くも使えない。もちろんそこはお弁当持参で。ただ、大好きなミニドーナツの誘惑には勝てなかったことのほうが多かったけど・・・(1ダース$3。)あとRibFest(ポークリブの屋台が沢山並んで競っているイベント)だけは2度試した。余ったPulled Porkはもちろん持ち帰って次の日のサンドイッチに。

それでも、だいぶ散財したなぁ。。。

でも、毎回欠かさず通ったファームの動物たちには癒された♪ほぼ全ての動物たちが、母子セットになっていてねー。思わず優しい~気持ちになってしまうのでした。どこの母ちゃんも、頑張ってるねー。

固まって眠りこけるアヒルのヒナ

わらの隙間に穴を作って隠れる子ウサギたち。
「ママがここに隠れてなさいって~」

飼育係のお姉さんの手の中で眠りこける子ウサギ(激萌え~)

相方の腕にスリスリ・・・そして舐めまわした子牛

ずらり並ぶ牛・・・のお尻。


特にお気に入りだったのは・・・これね、アルパカさんたち。

私・・・こういう者です。

おそらく母子なんだけど、大きさはそんなに変わらなかった。しかしなんといっても、このヘアスタイルがナイス過ぎます。他の部分は全部短く刈られてるんだけど、頭のてっぺんだけオカッパに残されてる。農場主のセンスを感じます。見る人見る人、みんな吹き出してたもん。しかもこのアルパカさん達、実にのんびりしていて、大抵、置物のように微動だにしてない。始め、ホントに置物かと思ったもん。もう見るだけで癒されるので毎回見に行ってた。

ムスコはこの御方たちを「パカちゃん」と呼んでいて、今でも毎日毎日「パカちゃーん!」と叫ぶ。彼も相当気に入っていた。そして、私も・・・。Fairが終わるとき、もう会えないと思うとホントに悲しかった~(涙)。

だから我が家今、パカちゃんたちに会いに島(ガルフアイランズのどこか。アルパカ農場が多い)に行ってしまおうかと考えてる。いや、結構本気で。。。

後はムスコと同じ誕生日(といっても向こうは今年生まれ)の子牛のサミュエル君もお友達でした(勝手に)。


こちらは相方も一緒に夕方に行った日の写真。(この日以外はすべて私一人でムスコ連れてった。)

リブフェストのポークリブ。後で気づいたのだけどソースを掛け忘れられてて味があんまりしなかった・・・。持ち帰って市販のBBQソースかけたら美味しくなった(苦笑)

リブを食べながら見たのはこちらの迫力!のモーターショー。バイクだけじゃなくて4輪や、スノーモービルまで飛んでた!


その他。

意外に活用したのがAgrodome。ここでは大抵、馬のコンテストをやっていたんだけど、使用目的は食事。外ではスペースがなかなか見つからないこともあったのだけど、ここに来てお馬さんを見ながら客席でお弁当を食べる。なかなかに、のどかで良かったです。(食べ物の匂いが気になるなら、隅っこの誰もいないエリアに行けば大丈夫!)


今年は、3年前と違ってRCMPのMusical Rideがなかったのが非常に残念だった。(その模様は再びこちら。)あれは、また見たい。来年は来るかしらー?

あとは、お子様と一緒では入ることのできないビアガーデンも心残り。実は、ムスコを寝かしつけた後にお友達と来ようと試みたこともあったんだけど、ムスコがその日全然寝付かず、断念・・・(その後別のとこに飲みに行ったけど)。ちなみに夜9時以降は入場料が$5になるので、オトナのPNEを満喫するいいチャンスです。懐かしロックライブ演奏付きのビアホールもあるし、カジノもある。Star Trek展なんかも、好きなら楽しめるかも・・・?


パスを買ってから4回(通算5回目)を達成して無事元を取り、最後に行った(7回目)のがFair終了(Labour Day)の前日の夕方。・・・会場内は身動きも取れないほど混んでいました。こんな日に限って持ってくるはずの夕食を家に忘れて来て調達するも、30分並んで(普段は全然並びもしない店)、しかも注文した品を間違えて他の人に持っていかれる始末。。。この日は散々でした。


こんなに人が・・・

というわけで、パスを買って満喫するなら、フェア期間の最初から買って最終の3連休までに行き終えてしまうこと、をお勧めします。

あ、今回は子供もまだ小さいので、Playlandの乗り物にはほぼ乗っていません。(乗ったのは電車、1回のみ。)Playland込のパスはまた別料金です。

Fairはたったの2週間ちょっとの間だけど、期間限定だからこそ、せっせと楽しもうという気にもなれるかな。来年、また動物たちに会えるのを楽しみにしたいと思います。(あ、Playlandはまだ週末にはやっていますよ。)


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元

2才になりました

(2012/08/19 09:02:00)

先日、ムスコついに2才になりました。

もうこれからはmonths(月齢)で数えず、「2才なのよー」と紹介することになります。※こちらでは23ヶ月までは月数で数えるのが一般的。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

お誕生日当日は、家族だけでささやかにのんびりピクニックをしてお祝いしました。メンバーは我が家3人、相方パパ・ママ・兄。場所は遠出等色々考えたのですが、結局、地元スタンレーパーク。


大好きなフィッシーを眺めるムスコ
(撮影 by義兄)
まずは女性陣がピクニックのセットアップ(テーブルセッティングや飾り付けなど)をしている間、ムスコ含め男性陣は、ムスコ大好きな水族館に行っててもらいました。

お魚と戯れた後は、ランチタイム。のーんびり。
ちなみにメインはサーモングリルとオレンジ&醤油味チキンを用意。他、サラダやチーズやバゲットなど持って行きました。チキンの売れ行きがすごかった!

朝はちょっとぐずついていて心配したお天気も、まずまず。木陰のテーブルも確保して、のんびり、まったり。目の前にあるウォーターパークで遊ぶことも考えていたのですが、この日はちょっと涼しかったので見送り。
飾り付けの風船と戯れるムスコ

その後は、これまたムスコ大好きなミニチュアトレインへGo。と、私はここで荷物の見張り番兼一休みをさせてもらうことにして、残りの家族に行ってもらいました。なので写真は再び義兄撮影。


大好きなチューチュー(電車)に乗りうっとりするムスコ

着ぐるみ・・・?


夏のミニチュアトレインは、ファーストネイションズのイベント会場内となっており、テーマも原住民の文化の紹介・・・のようなことになっているようですが、このように着ぐるみ?を着た人が踊っていたり・・・家族の感想は「微妙・・・」とのことでした。(クリスマスの頃はイルミネーションキラキラで綺麗なんですがね。)まぁムスコはなにはともあれ電車に乗っていればご機嫌(というか電車本体をずっと眺め続けていたそう)なので、まぁ良かった良かった。と。

最後は、ここだけはママ頑張ったどー!のバースデーケーキ。
もうね、これ以外考えられなかった。それぐらい、トーマスにハマっている近頃のムスコ。


というわけで、日本のサイトから「キャラケーキ」でググって作り方を学んできました。
まず、キャラの枠(茶色の部分)はチョコレートで描きます。その他の部分(ケーキ本体含め)は着色したバタークリームです。

本当は「2」のろうそくを車体部分(本来トーマスの車台番号「1」が入る)に置きたかったのだけど、相方に点火を任せたらこんな位置に・・・しかも火が消えてる。

他のローソクはムスコの名前のがちょうど売ってたので(英語圏によくある名前で良かった)、そのまま使用☆
ホントは"Happy Birthday"とか書きたかったのだけど、トーマスで力尽きて終了~(笑)

構想(ググリ含む)3日、制作3日(枠書きから始めて、夜な夜な、少しずつ)・・・でした。予想以上にしんどかった。
この技術を身につければ来年以降も使える!と思って挑戦したのですが、来年は・・・どうでしょう?(笑)どんなキャラをリクエストしてくるかにもよるかな。
ちなみにトーマスはほぼ原色でグラデーションなどなく、図柄も割とシンプルなんで楽な方だと思います。それでも細部は手こずった。あと、顔の部分の色(灰色)はフードカラーで出すのが難しかった。というかホントはこんな緑がかってないんだけど、このぐらいで勘弁して・・・ってところで色を混ぜるの止めた、って感じです(収集つかなくなる前に)。目の部分の白を当初入れ忘れ、トーマスを土台に乗せてから後で爪楊枝で入れ込みました・・・(本来は土台に載せる前に色を載せておいて、転写するのです。なのでこの部分仕上がりがボコボコしてる)。

無残に切られた後のトーマス

スポンジ台も、そう簡単には売ってないんで焼きました。中身は先日大量に摘んできたブルーベリーで作ったジャム。家からの移動と保管を考え(クーラーボックスは持って行きましたが)、生クリームとフルーツは避けました。

ムスコの反応はというと・・・

まずケーキを目にして"Wooooooooooooooooooooooow!!!"と文字通りに叫んだ(!)。目をまん丸にして。とりあえず気に入ってくれたらしい。そして、お味の方もお気に召したらしく(控えめにはしたけど甘いからね)、少しずつあげていたけど結局3回おかわり(それ以上は隠した:笑)

まぁ、ママの努力は成功!といえるんじゃないでしょうか?ちなみに残りのケーキはその後ほとんどダディのお腹に入りましたが・・・(笑)



家族ピクニック、バースデーとしては地味かもしれませんが、まだ本人が「こういうパーティをしたい!」という年齢ではないし、家族団欒のいい機会と思いこういう形にしました。ちなみに家族全員ノースバン在住ですが、近さ故?なかなか揃って集まることがない我が家(相方家)です。誰かが企画しないとね。というわけで、久々にみんなが集まってゆっくり過ごせたいい一日でした。ムスコ本人も、一日大好きなことがたくさん楽しめて、きっと楽しかったはず。この場所も今の時点でベストのチョイスだったのではないかと。帰りの車の中でもずっとご機嫌にはしゃいでいて、いよいよ家に着くって頃になってコテっと撃沈したのでした。

今年も一年、健やかに育ちますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


この記事の発信元