バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

カナダの保険事情と日常

BLOG DESCRIPTION カナダの旅行保険、留学生保険、医療保険を中心に保険のご案内。
BLOG URL http://japanese.biis.ca 一覧に戻る
BLOG RSS URLhttp://japanese.biis.ca/rss.xml

数年前よりお知らせしていますが、ワーキングホリデープログラム参加資格のひとつとして「カナダ滞在期間中に亘って健康保険に加入すること。(カナダ入国の際、その保険加入証明の提出を求められることがあります。)」があります。この条件が厳しくなっており、空港やカナダ国境での入国審査官から証明書を求めらる件数が増えています。

現在の条件はカナダ政府のウェブサイトによると:

Health Insurance

The border services officer may ask you for proof of health insurance.

You may be refused entry if you do not have insurance.

Your insurance must cover:

  •     medical care,
  •     hospitalization, and
  •     repatriation (returning you to your country in the event of severe illness, injury or death).
When you arrive at the port of entry, you must have health insurance valid for your entire stay in Canada. Having a valid provincial health card is not enough. Repatriation is not covered by provincial health insurance.

If your insurance policy is valid for less than your expected stay, you will be issued a work permit that expires at the same time as your insurance.

If this happens, you will not be able to apply to change the conditions of your work permit at a later date.


カナダ西部の一部の州ではワーキング・ホリデーであっても州の健康保険に加入できる場合がありますが、明らかに州の保険ではワーキング・ホリデー保険の条件を満たさないので注意が必要です。

実際、6月29日カナダ入国したA君、上記の保険の条件があるとは知っていたが、ネット上の書き込みに保険の件は聞かれず、一年のビザがもらえたとあったので、自分も滞在より短い期間の保険で入国手続きに入った。

持ち合わせていたはクレジットカード付帯の3ケ月間の保険証と、「現地にてクレジットカードを利用すると更に保険期間が延長される」 という様なことが記載された書面。しかしその書面には3ケ月延長されるなどの事は書かれていないように思えた。

カナダ入国審査官に保険証を提示するように求められ、2通の書類を提示、しかし、2通目の書類は受理されず、1年未満の保険しか加入していないので9月28日までのビザを発行された。申し立てをするも「俺のしったこっちゃない」というようなニュアンスの回答で9月28日以降の保険に入ったのならばビザの裏に記載がある電話番号へ電話するようにと言われてその審査官はその場を去った。

帰りのチケットも無く、残高証明書も無かったが三ヶ月のビザが発行された。

弊社にて不足していた保険期間を加入し、電話ではうまく説明できないので、空港に戻ると良いという情報を得たので空港に向かった。空港に向かうもののここでは出来ない、電話するように言われ延長をしてもらえなかった。

電話をすると、オンラインでするように言われ、延長をしてもらえなかった。
オンラインではワーキングホリデーの項目が無くできなかったとのこと。

市内にあるビザオフィスへ向かうも延長は出来ず、更に3度空港に向かった。
合計4度目の空港訪問で、「本当にここに来るように言われたのか?」と尋ねられ、「はい」と答えると、オフィサーが奥に行き、丸1年間のビザを再発行してくれたが、「一度きりだから」と言われた。

入国審査官に保険証の提出を求めらる件数が増えてます。必ず保険に加入しましょう。

ブリッジス・インターナショナル保険サービス
営業時間:月~金 午前9:00~午後5:30

Toronto
151 Bloor St. West, Suite 465
Toronto ON M5S 1S4
Tel:647-349-7101 フリーダイアル:1-888-298-6526
日本国内電話:050-3136-8400

Vancouver
1030 West Georgia St. Suite 901
Vancouver BC V6E 2Y3
Tel:604-408-8695  フリーダイアル:1-888-267-4461


この記事の発信元

弊社では以前より非居住者のビジター(ワーホリ)保険、留学生保険を扱っておりますが、この度トロント事務所ではアルバータ州在住でアルバータヘルス加入者用の州外、国外旅行保険超過医療保険も扱うことになりました。

個人用のみならず、団体保険も扱っております。




営業時間は山岳時間で午前7時から午後3時までです。
フリーダイヤル:1-888-298-6526

ブリッジス・インターナショナル保険サービス


この記事の発信元

「トロント日本商工会による日本語セミナー」のレポートです。詳細は以下のとおりです。

◎第6回 日本語での交通法規/生活安全セミナ
日 時: 2016910日(土)午前10時~午後1

トピック:
1. 生活安全(警察への通報及び相談、警察が自宅に来た際の対応、等)
2. 交通法規
3. チケットを切られた際の対応
4. 事故が起きた際の対応

講 師:トロント市警察専門官
Constable Giancarlo Marrelli (Traffic Services Safety Program)
Constable Ryan Park (Divisional Policing Support Unit)

主 催:トロント日本商工会

1. 生活安全(警察への通報及び相談、警察が自宅に来た際の対応、等)
緊急時:911 (日本語通訳可)
非緊急時:416-808-2222
・窃盗被害
・パスポート紛失
・詐欺
・怪我のない事故
・不審者、不審車両の通達 等

トロント市犯罪マップ:http://maps.torontopolice.on.ca/
同月比較で銃器犯罪のでの死者が例年の約2倍になっているとの報道もある

2. 交通法規
a.歩行者のルール
b.交通ルール(主な罰金と減点)
c.自転車の運転
d.冬季の運転

a.歩行者のルール
横断歩道を渡る
歩行者用信号がカウントダウンを初めたら、渡り始めてはいけない
J-Walk、信号無視:罰金$35

b.交通ルール(主な罰金と減点)
490-3点)携帯電話を手に所持して運転(通話していなくても)
110-2点)自転車を追い越すとき1mの距離を保たなかった
365-3点)自動車のドアが原因で自転車運転者が怪我
400~$2,000-6点)スクールバス周辺の運転違反
*スクールバス停車時は、中央分離帯等が無い場合は反対車線の車も20m手前で停車
490-3点)緊急車両周辺の運転違反
240 チャイルドシートの違反

駐車違反(トロント市の一例)
15 3時間以上の駐車
15 歩道縁石から30cm以上離れた駐車
40 出入り口での駐車
100 消火栓より3m以内に駐車
40 交差点より9m以内に駐車
60 歩道に乗り上げた停車
60 路肩停車
60 交差点内停車
60 横断歩道から9m以内停車
60 橋上停車

減点システムについて
減点後2年間は記録され続け、運転免許証の種類と溜まった減点数により罰則
オンタリオ州外での減点も同様に記録される
Full G
 28点 警告書が送られてくる
 914点 免許停止の可能性有。または交通省との面談($50手数料;未払いの場合免許取消)
 15点以上 30日間の免許停止
G1,G2,M1,M2,M1-L,M2-L
 25点 警告書が送られてくる
 68点 免許停止の可能性有。または交通省との面談($50手数料;未払いの場合免許取消)
 9点以上 60日間の免許停止

c.自転車の運転
(地域によって条例が異なる。以下はトロント市)
60 14歳以上の歩道自転車走行
60 18歳未満の乗車時ヘルメット未着用
110 前方にホワイトライト、後方にレッドライトまたは反射板未着用
85 ベルとホーン取り付け無
85 ブレーキ無
*道路交通法で自転車は路肩を走行する車両と定義され、自動車と同様に交通標識に従わなければならない(一方通行含む)違反の場合は罰金$85~$260

d.冬季の運転

車内に積んでおくと良いもの 
・充電された携帯電話 
・保存食 ・水 ・懐中電灯
・毛布 ・暖かい服 
・ブースターケーブル 
・シャベル 
・トラクションマット/トラクションサンド

(トロント日本商工会セミナー資料)

3. チケットを切られた際の対応
駐車違反の場合… ①自主的に罰金を支払う
         ②裁判所に行き抗議する(“I didn’t know”では不十分)
         罰金を払わずにいると、ナンバープレートの更新が不可

違反通知の場合… ①自主的に罰金を支払う
         ②裁判所に行き違反を認め罰の軽減を求める
         ③裁判を申し出る
         チケットを切られてから15日以内に何も行動を起こさない場合は有罪となる
         罰金を払わずにいると、免許停止


4. 事故が起きた際の対応
 Reporting a Collision 

1. 安全を確認し、道路脇に車を移動する。 
2. 警察に電話をする。事故の状況により警察が来る必要がないと 言われた場合、最寄のコリジョンレポーティングセンターの所在 地を聞く。
3. 相手や目撃者がいる場合は情報交換をする。(氏名、住所、電 話番号、保険会社、車種等) 
4. 出来る限り早く、事故車を身近のコリジョンレポーティングセン ターに持って行く。 (運転免許証、車の所有証明、保険証券等を持参する)
 5. 車や所有物に2000ドル以上の損害がある事故に巻き込まれた 全ての運転手は、コリジョンセンターに事故を報告しなければな りません。特別な状況の場合は、警察が事故現場に来ます。

(トロント日本商工会セミナー資料)
上記②について
・飲酒運転、不注意・危険運転、重度の怪我人がいる、無保険運転等の場合は警察が来る必要有
・それ以外はコリジョンレポーティングセンターの時間外であれば来る可能性有
上記③について
・相手:運転免許証番号、車両登録番号、保険番号、乗用していた人数も確認する
・目撃者:氏名、住所、電話番号等連絡先
・写真撮影(車両、事故現場等)




セミナー中の質問事項
Q.信号点滅時(赤信号、黄信号)、または信号が点灯していない場合はどうすれば良いか。
A.四方向に停止サインがある交差点と同様に扱う。交差点に最初に到着した車両、もしくは右手にいる車両が優先。

Q.914点(または68点)減点の場合の交通省との面接では減点がリセットされるのか。
A.減点システムは交通省の管轄なので解からない。
(補足:交通省ウェブサイトより、面接では免許停止としない理由を説明しなければならない。減点がリセットされることはなく2年間記録に残される。)

Q.スクールバスが減速中の場合は、まだ停止していないので横を通り過ぎて良いか。
A.停車義務はないが、減速して通り過ぎる方が良い。

Q.チャイルドシートは日本のものを利用して良いか。
A.カナダの交通安全基準を満たしている、カナダの製品を利用しなければならない。
                             
Q.カナダには一時的な滞在となるので、知人から譲り受けたチャイルドシートを利用しても良いか。
A.利用しても良いがチャイルドシートの有効期限を確認し、またそのチャイルドシート利用時に事故に巻き込まれていないか確認すること。

Q.自転車の利用について14歳以上の歩道走行を禁止する(トロント市)とあるが、13歳以下の子供と走行する場合親は歩道を走行して良いか。
A.子供は歩道を走行し、親は車道を走行する。

Q.自動車事故の際に警察、またはコリジョンレポーティングセンターに連絡すれば事故現場に来てくれるのか。
A.警察が来る必要がないと判断した場合は、最寄りのコリジョンレポーティングセンターセンターに車両を自分で持っていく必要がある。コリジョンレポーティングセンターは車の事故を通報する施設であり、事故処理の手伝いをする施設ではないので現場には来ない。

Q.コリジョンレポーティングセンターでは日本語対応はあるか。
A.警察機関ではないためわからないが、事故記録は法的文書であるから通訳を要求する権利はあると思われる。

Q.保険会社には通報しなくてはいけないのか。
A.保険約款に連絡しなければならないと記載されているか確認が必要。

Q.子供に一人で留守番をさせても良い年齢は決まっているか。
A.年齢等決まりはないが、一人にさせる時間に応じた必需品(食料、飲料、十分な空調等)を用意しておくこと。長時間にわたり必需品を提供せず子供を放置した場合は犯罪となる。

  


参考資料:トロント日本商工会セミナー資料


この記事の発信元

キューバ旅行が流行っています。

キューバ入国には旅行保険加入が義務づけられています。キューバ入国審査官が抜き打ちで調べますので保険加入はしっかりと。現在はAIUなどアメリカ系の保険会社の旅行保険は認められていませんので注意が必要です。

 



 弊社ではキューバに行かれる方の旅行保険をご紹介しています。

 是非 ご連絡ください。

ブリッジス・インターナショナル保険事務所
営業時間:月~金 午前9:00~午後5:30

Toronto
151 Bloor St. West, Suite 465
Toronto ON M5S 1S4
Tel:647-349-7101 フリーダイアル:1-888-298-6526
日本国内電話:050-3136-8400

Vancouver
1030 West Georgia St. Suite 901
Vancouver BC V6E 2Y3
Tel:604-408-8695  フリーダイアル:1-888-267-4461
日本国内電話:050-5532-8138


この記事の発信元

2016年のワーホリ保険、カナダ政府からのお知らせが変更となってます。

 ワーキングホリデー入国の際、保険について

入国審査官はパスポート、Letter of Introduction,帰国の航空券かその費用の証明を確認します。
他にも滞在費の証明、保険加入の証明を求める場合があります。

http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/arrival.asp


滞在期間中にわたり傷害疾病をカバーする健康保険に加入すること(カナダに入国する際、健康保険の加入証明を提示するよう、求められる場合があります)が必要になります。保険に加入していない場合は入国が拒否される可能性もあります。この健康保険は医療、入院、遺体の本国送還費用が含まれている必要があります。

保険有効期限が一年未満の場合、ワーキングホリデー労働許可書の有効期限は保険加入期限と同じになることもあります。その場合、後日労働許可書の延長をすることはできません。
また、州の健康保険は遺体の本国送還が含まれてませんので、ワーキングホリデーの保険条件を満たしません。

ワーキングホリデー用の保険、条件が厳しくなっています。ご相談はカナダ日系正規保険代理店の弊社まで。
 
ブリッジス・インターナショナル保険事務所
営業時間:月~金 午前9:00~午後5:30

Toronto
151 Bloor St. West, Suite 465
Toronto ON M5S 1S4
Tel:647-349-7101 フリーダイアル:1-888-298-6526
日本国内電話:050-3136-8400

Vancouver
1030 West Georgia St. Suite 901
Vancouver BC V6E 2Y3
Tel:604-408-8695  フリーダイアル:1-888-267-4461
日本国内電話:050-5532-8138


info@biis.ca
www.biis.ca


この記事の発信元

カナダ・オンタリオ州政府の指示により、オンタリオ州ではこの2016年1月より個人乗用車に対して自動車保険のウインタータイヤ割引が導入されます。

保険会社によってこの割引率は多少違いますが、約2−5%となります。
一般的な割引の条件はつぎのとおりです(保険会社によって詳細は異なるのでご注意ください)。




  • 少なくとも11月15日から3月31日までの間4輪すべてにウィンタータイヤが装着されていること。
  • タイヤはTransport Canada に認定されたAlpine シンボルのあるウィンタータイヤであること。
  • 車両は最低でも下記の補償内容を含むこと:Liability, Direct Compensation - Property Damage, and Accident Benefits or Collision Coverage.


割引は年間保険料全額ではなく、その一部に対して適用となります

各保険会社によって条件、割引率などは異なります。現在ご加入中の自動車保険がどのぐらい割引になるのか、保険会社あるいは代理店へ問い合わせてみましょう。

自動車保険に関するご質問、お見積りは、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブリッジス・インターナショナル保険
トロント事務所
151 Bloor Street West, Suite 465, Toronto

電話:              647-349-7101
北米フリーダイヤル:   1-888-298-6526
メール: info@biis.ca


この記事の発信元

カナダ・オンタリオ州、特にトロント近郊はカナダで一番自動車保険料が高いところです。


さて、この高い自動車保険料ですが、保険料を節約するには以下の方法があります。

1.無事故、交通法規無違反の経歴を作る。つまり安全運転歴が長いと自動車保険料は下がります。

2. 保険会社の免責額を上げる。つまり補償の自己負担額を上げることによって保険料を下げることができます。$300の免責額より$500、あるいは$1000の免責額にすることにより保険料が下がります。事故の際、自己負担額が上がりますが、事故の頻度が低い場合は保険料の節約になります。

3.補償内容の見直し。もちろん補償内容がしっかり厚い方が事故の際助かります。しかしながら、他の保険で2重に補償されている場合や、補償の意味があまり無い場合(古い自動車の車両保険など)補償内容を削減することも一案です。

4.念のために他の割引があるかどうか確認する。保険会社によって様々な割引制度があります。例えば、住宅保険との組み合わせやクレジットスコアのチェックなどで割引が適用される場合があります。最近ではウィンター・タイヤの装着することでの割引もあります。

5.Accident Forgiveness Coverage: 誰でも一寸した瞬間に事故を起こすことがあります。一回の自己責任による事故を起こした場合は、無事故歴に残らない追加特約です。会社によってこの特約の保険料は非常に低い場合もあるので、考慮する価値はあります。

6.車種の選択。車種と年式により車両価格が違うため、あるいは盗難、事故の確率が違うため、車両価格が低く、盗難、事故の確率が低い車種を選ぶと保険料が低くなります。

弊社では、各社より見積りを取っておりますのでお気軽にご連絡ください。



ブリッジス・インターナショナル保険
トロント事務所
151 Bloor Street West, Suite 465, Toronto
ダウンタウンの中心、Bloor Street とQueens Park の交差点
電話:                647-349-7101
北米フリーダイヤル:   1-888-298-6526
メール: info@biis.ca
トロント自動車保険



この記事の発信元

トロント事務所でも損害保険業務を開始致しました。

ブリッジス・インターナショナル保険事務所(以下 BIIS)は、ブリティッシュコロンビア州で10 年以上の実績を持ち、オンタリオ州で唯一の日系カナダ正規保険代理店です。事務所には日本語スタッフが常駐しており、複雑な保険の相談も安心して受けられます。

取り扱い保険は、個人を対象とした住宅保険や自動車保険、歯科医療保険、旅行保険などのほか、事業主を対象とした商業保険やグループベネフィットなど多岐にわたってます。

日常生活に潜む「万が一」に備えて需要が高い個人向け保険の 1 つである住宅保険は、予期せぬアクシデントによる賠償費用や修繕費などを補ってくれます。たとえば住宅に関する事故で多いのは水漏れ事故。お風呂のお湯の止め忘れのほか、洗濯機や食器洗浄機の故障、子どものいたずら等での水漏れ事故は意外と多いものです。こういった場合近隣への賠償責任が発生し、賠償額も高額になる可能性がありますが、住宅保険に入っていれば保険でカバーできます。(条件があります。)

自動車保険もカナダでの生活には欠かせない保険の一つです。オンタリオ州は自動車保険がカナダで一番高く、賢い保険選びが重要となります。。保険代理店によって取り扱っている保険会社は異なるため、他代理店にはない保険を BIIS で見つけられる可能性
があります。自動車保険のご質問があればいつでもお気軽にご連絡ください。

勤務先にベネフィットがない人や自営業者にとって欠かせないのが歯科医療保険。OHIP でカバーされない、又は一部自己負担となる歯科医療費に適用でき、救急車、処方薬、歯科治療、専門医治療、理学療法などに適用できます。プランによって補償内容が異なりますので、詳しくは問い合わせて相談してください。

保険のプロによる安心の日本語サービスに加え、他の代理店とは異なる保険会社とのコネクションがある BIIS。新しく保険加入を考えている人も、更新が近づいている人も、まずは気軽に問い合わせて、より自分に合った保険を見つけてみましょう。


所在地:        Suite 465 - 151 Bloor Street West 
                                  Toronto ON Canada M5S 1S4
   
                                 ダウンタウンの中心、Bloor Street とQueens Park の
        交差点のところです。
           
最寄り駅:                  Bay Station 
                                   Museum Station
                                   St. George Station 
                                  上記3駅から徒歩すぐ。


電話:             647-349-7101

北米フリーダイヤル:   1-888-298-6526

FAX:         416-967-6262

営業時間:              月曜日~金曜日: 午前9時~午後5時30分

E-mail:                      info@biis.ca

トロント事務所もバンクーバー事務所と同様よろしくお願い致します。
ブリッジス・インターナショナル保険スタッフ一同




この記事の発信元

トロント事務所ではオンタリオ州在住の個人および団体の歯科医療保険のご相談を受付けるようになりました。

 Group Medical Service がサービス提供者です。GMS(Group Medical Service) は、1949年にサスカチュワン州に設立されGMSはカナダで60年以上にわたって個人のニーズに合わせたサービスを提供してきました

個人へのプランはオムニ、エクステンダ、べーシックプランの3種類があります。また、追加の補償としてク処方箋薬ベーシック、処方箋エンハンスド、歯科治療、入院諸経費用、年間旅行保険プランをオンタリオ州で利用できます。ただし、追加補償プランのみの契約は不可となっています。。

オンタリオ州政府の健康保険OHIPに加入していることが条件です。

補償内容の要約は以下のリンクのとおりです。
http://www.biis.ca/dental-health-insurance/group-medical-services.php

詳細については弊社、トロント事務所まで日本語にてお問い合わせください。
よろしくお願い致します。

Bridges International Insurance Services
Toronto Office
1-888-298-6526
http://www.biis.ca/j/health-dental/personal.php




この記事の発信元

カナダの留学生保険

(2014/10/27 09:23:00)

カナダに滞在する国際留学生のための保険です。カナダの学校、つまり州政府認定教育機関に登録している期間中ご加入いただけます。保険加入後、新たに発生した傷害、疾病の治療にかかる費用を補償します。この場合の州政府認定教育機関とは正式な単位や卒業証書を発行する教育機関を意味します。単位はすべてカナダドルです。
=主な補償内容は、不測の傷害、疾病に対し、医師の診察、治療費(入院、外来)、初回治療後の通院
($3,000まで)、処方箋薬料(最高$10、000あるいは1ヶ月分)、事故に起因する歯の損傷治療費($4,000まで)、親知らずの抜歯費用($150まで)、救急車利用費、(緊急家族呼び寄せ費用(医師が必要と認める場合、最高$5,000まで)、傷害・疾病による緊急帰国費用(最高$5,000まで)、事故死亡傷害補償($10,000まで)などです。これらの費用の合計最高補償金額は、
$2,000,000です。

=特約補償(オプション:事故死亡・後遺障害補償): 飛行機あるいは公共運送業者の事故により、乗客と
して事故傷害死亡・後遺障害(肢体喪失・失明など)を被った場合の補償額は、最高$100,000です。その他の事故傷害死亡・後遺障害補償額は、$25,000です。

=カナダに滞在し加入期間の半分未満であれば、自分の出身地以外(例えばアメリカ、中南米、ヨーロッパなど)を旅行している間も補償されます。(学校在籍期間中のみ)

注1.  加入期間は学校に在籍登録していること。その後は60日間まで加入も可能です。
注2.  州の健康保険に加入していないこと。加入した場合、州の健康保険で補償しない部分を補償します。
注3.  健康診断や虫歯などの歯科治療は対象外になります。
注4.  ご加入日から90日にさかのぼり既往症があった場合、これを補償の対象外とします。
(保険延長時は、延長前の保険期間に既に生じた症状は対象外となります。
 したがって、保険加入期間を短く区切って加入することはお勧めしません。)
* 詳細事項についてはご加入後、契約説明書をお読み下さい。*

保険料は、以下のとおりです。一日単位で加入でき、オンライン最低加入期間は30日間、最高365日間です。

1日あたりの保険料
特約補償 (事故死亡・四肢切断)
69歳以下
1.62
21


緊急時ですが、入院や手術が必要な場合は、直ちに保険会社のエマージェンシー・アシスタンスに必ず病院到着後24時間以内にお電話をしてください。お電話はご本人様でなくても構いませんので、ご自分でできない場合は付き添いの方または病院の方に連絡していただいてください。外来時は、一旦窓口でお支払いいただき、後日払い戻しの形になります。保険請求の手続きには領収書が必要になります。

カナダ各地にキャッシュレスの診療所があります。補償対象のケガ、病気の場合、診察料は診療所で保険会社に代わりに請求してもらうことも可能です。

ご加入方法:お申込みの際に、在籍されている学校の名前と連絡先の情報が必要となります。クレジットカードのお支払いであればオンライン またはお電話にてお申し込みいただけます。その他ご不明な点がございましたら、E-mail info@biis.ca かお電話(トロント:-888-298-6526 バンクーバー:1-888-267-4461)でお問い合わせください。

* この日本語説明は概略参考資料であり、すべての補償内容の詳細は英文保険約款に基づきます。(201410月改定)


 ブリッジス・インターナショナル保険事務所
営業時間:月~金 午前9:00~午後5:30

Toronto
Tel:647-349-7101 フリーダイアル:1-888-298-6526
日本国内電話:050-3136-8400

Vancouver
Tel:604-408-8695  フリーダイアル:1-888-267-4461
日本国内電話:050-5532-8138


info@biis.ca
www.biis.ca











この記事の発信元