バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

カナダ大好き Myカナダ

BLOG DESCRIPTION カナダジャーナルの編集者、留学カウンセラー、記者、スタッフなどが、バンクーバーのオフィスから発信するブログです
BLOG URL http://blog.livedoor.jp/canadajournal/ 一覧に戻る
BLOG RSS URLhttp://blog.livedoor.jp/canadajournal/index.rdf

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第31回目の今回は、

Speaking with Emotions Part 2
感情をこめて話をする

という話題で話をしたいと思います。

前回のブログでは
自分のフレーズに感情をこめて表現することが大事だという話をしました。

今回は、それをさらに深く考えてみましょう。


英語のチューターをやっていると、
ピンからキリまでのレベルの生徒さんと触れ合うことができ、かつ
長い生徒では1年以上もレギュラーでずっとコーチングを続けているものですから、
大人になってからの第二言語習得の過程を
生徒と一緒に歩んで、
日々気づくことや、感じることが多いものです。
(信じてついてきてくれる生徒に日々日々感謝です。)


一人ひとり、特性、性格、職業によって
英語の上達の程度はだいぶ差がありますが、
最近、Speakingを指導していて
いいアドバイスを思いつきました。


それは、
自分のトークに感情をはさんでしゃべり、かつ色をつけていくこと。


英語を学び始めたばかりのときって、
単語をただつなげたり、
短い文章をつなげたりと
言いたいことをいうのに精一杯で、
事実(FACT)を並べるだけの英語になってしまいがちなんですね。


例えば、
What did you do yesterday?
昨日何をしたの?

という質問に対して、


I went to Metrotown because I wanted to buy a new watch.
I went there with a friend.
We stayed there for about 2 hours.
We had ice cream at the food court.
It was fun.
(メトロタウンに行きました。なぜなら、新しい時計を買いたかったからです。
私は、そこに友達と行きました。私たちは、そこで、2時間ほど滞在しました。
私たちはフードコートでアイスクリームを食べました。楽しかったです。)


こうしてみると、小学校一年生並みの言語運用力ですね(笑)

もちろん、英語を話し始めたばかりならば、十分でしょう。


しかし、

事実の羅列であることと、
一つ一つの文章が短すぎること、
情報量が少ないこと、
感情を表している部分が、it was fun.だけであること、


結果、
聞き手にとって
メトロタウンで過ごした楽しい一日が
イメージしにくいです。


では、これに少し色(修飾語)と接続詞と感情と詳しい説明を加えてみます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

I went to Metrotown with a friend to buy a new watch. 
私は、新しい時計を買うために友達をメトロタウンに行きました。
2つに分けていた文章を一つにしました。


I had to because I lost mine when I went to a pool party the other day! I was so sad about that.
Anyway, I needed a watch for my work. 
そう買わないといけなかったの。なぜなら、私、この間、プールパーティに行ったときに、自分の時計をなくしたの。なくしたから悲しかったよ。まあ、とにかく、新しい時計を仕事のために買わないといけなかったの。
詳しい説明と感情を加えました。


We walked around the mall for about 1 hour and finally found a nice watch with a blue belt at one of the watch stores. It only cost $50. I was so happy. 
私たちは、モールを一時間ほど歩き回って、ついに、ある一つの時計店で青のベルトの素敵な時計を見つけました。$50しかしなかったの!(安いと思ってる感情が見える。)とっても嬉しかった!
詳しい説明と感情を加えました。


We stayed at the mall for about 2 hours. Before we left, we had strawberry ice cream at the food court. It was a fun day.
私たちは、2時間ほどモールに滞在しました。買える前に、フードコートでストロベリーアイスクリームを食べたよ。楽しい一日だった。
どんなアイスクリームかの説明を加えました。


いかがでしょうか。
こうやってみると、使っている英語は何も難しいものではないことに気づきませんか?


話の内容に色を持たすには
次に相手が質問してきそうなことを
自分のトークの中に入れてしまうっていうのも手です。



話の引き出しを増やし、いもづる式に話をつなげるには、
ヒントをもらいながら、
練習していくのが一番です。

是非、私の授業を一度受けてみてください。
ワンパターンに陥りな自分の英語がきっと変わると思います。(宣伝)


Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2017 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
  


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第30回目の今回は、

Speaking with Emotions Part 1
感情をこめて話をする

という話題で話をしたいと思います。



様々なレベルとバックグランドを持つ生徒を教えていてすごく感じることがあります。
それは、


英語が自分の一部になっているかなってないか


英語をどこかの国で話される言語だと感じで、
何か英語を自分とかけ離れたもののように勉強している人は、
英語を話していて、文法的にも完璧なのに、

どこか、
上手でない俳優さんが役をしてスキットを作っているテキストブックのような不自然なトーンとイントネーション(モノトーン)
話をします。

話す英語に気持ち、感情が伴っていない感じがするのです。

だから、すごく、FakeでSuperficial(表面的な)アナウンサーがニュースをいう時のような淡々としたトーンになっています。

しかし
英語はリズムがとっても大事

例えば、

I hate you. 私あなた大っ嫌い。

という一つにフレーズをとっても、

実際の英語には例えば4段階くらいトーンのいい方できますよ。(もちろんもっとバラエティはできると思います!)

1. I hate you.  ジェラシーの嫉妬の感じでいう。sarcastic皮肉な感じで。
2. I hate you. ジェラシーの嫉妬の感じでいう。playfulな感じ。軽く、うらやましって感じ。
3. I hate you. あなたのこと嫌い。トーンを落として疲れた感じで。もういいわあなたなんて。。
4. I hate you!!!!!!! あなたのこと大っ嫌い!!!!!!!叫ぶような感じで。

どうでしょう!

英語初心者で、
I hate you.が感じられなくても、

I'm hungry. おなかすいた。

という簡単な表現なら感情を入れれるんじゃないでしょうか?


では、とってもおなかがすいてる感じでやってみましょう!!!

I'm hungryyyyyyyyyyy!!!!!

yaaaaaaaaaa!!!

英語が生き生きしてきませんか。

ちなみに、
もっとおなかがすいてる時は、

I'm starving!!! 私は飢えつつあるのーーー

といういい方もできますよ。

この感情を入れて話をするというのは、
話術を鍛えるのにもとっても重要です。

次のブログではここからもっと発展させて、
感情を入れて話をすることを
考えてみましょう。


Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2017 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
   


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第29回目の今回は、

Trip in Puerto Vallarta プエルトバヤルタ!

先週,
一週間休みをとって、メキシコのプエルトバヤルタに行ってきました!!

友達がメキシコで結婚式をあげたんです!Destination Wedding って言います!

メキシコは個人的に三回目だったんですが、もちろんプエルトバヤルタは初めてでした。

ホテルの部屋からの風景です。
20170429_080531


It was really warm and humid, and I loved this weather since I'm from a warm town!
The ocean wasn't as clear as I hoped, but still it was really nice to see water!!!

海は、カンクンとかと違って、カリビアンとは反対側に位置しているので、海の色は普通の青でそんなにきれいではなかったですが、4月の気候で、宮崎出身の私には、温かくて(カナダ人の友達にとってはあつい)湿気がほどよく気持ちよくて、ほんとにリラックスできました。

20170430_172558

披露宴はもちろん外で。The Wedding Reception under the Sky
20170430_183524

With the gorgeous weather and beautfiul scenery, the wedding was so wonderful.
とっても素敵な結婚式でした。


夕日です。
I will remember this sunset for a long time!
20170430_202356

ハンドメイドの作品を作ってます。
Mexicans are so skillful!!
20170502_151744

亡くなったキリストを抱く聖母マリア様とキリストの像が砂でできてます!Pieta 
IMG_20170507_161312_713

イグアナ発見! Hello, Iguana!
20170502_152111


おまけ
ホテルはAll Inclusiveといって、食事お酒こみこみだったんですが、
ダウンタウンに出かけていって、メキシコ料理のレストランに行きました。
カナダ人の友達と7人位で一緒にいたんですが、サラダをオーダーしたら私だけに
箸をもってきてくれました(笑)

親切で箸を持ってきてくれたのか、からかって持ってきたのかは微妙です(笑)

20170502_161558

旅っていいですね!
次にメキシコに行くときには、スペイン語を勉強してから行きたいなと思いました!

Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2017 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
   


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第28回目の今回は、

Educate yourself and end stigma about issuesー知識を広げ偏見をやめよう

ということで、Stigma(スティグマ)について話をしようと思います。



Stigmaとは、スティグマとは、差別偏見と訳されるが、特定の事象属性を持った個人集団対する、間違った認識根拠のない認識のことを言います。(http://www.weblio.jp/content/Stigmaより引用)


簡単にいうと、

STIGMA IS A NEGATIVE STEREOTYPE.
スティグマはネガティブなステレオタイプ(固定概念)です。


最近の社会問題を見ると、
例えば、

ホモセクシャル (LGBTQ2)
HIV   
精神病 (Mental Health Issue)
アルコール中毒 (Alcoholic)
薬物中毒 (Drug Addiction)
女性の公共の場での授乳問題 (Women's breast feeding)
自閉症 (Autism)
........

等々
において、

様々な臆測と偏った認識があふれています。

上記のような話題は、
日本にいると
そこまで明るみにならないかもしれませんが、

カナダのような
多様な文化を持つ国に住むと
自分の身近にいる普通に見える人々が
そういう問題を抱えていることによく気づきます。


インターネット等を介してリサーチをしたりして
そういう問題についての知識を深めずして、
自分がよく知らないことには関わらないとか
そういう人たちと距離を置くスタンスを持つ人も多いと思うのです。


それがまさにStigmaです。


いい換えると、危ないものには近寄らないという考えでしょうか。
時と場合で正しい選択でもありますが。


でも、今回のブログで強調したかったのは、
自分が思っているよりも問題は身近にあるということ。


怖いとか、気持ち悪いとか、関わりたくないと思う気持ちが生まれたら、
しっかりとその問題について調べたり、書物や関連映画を参照したりして
知識を広げましょう。


Stigmaは、わからないからなんとなく怖い、見た事ないからいい気持ちがしない、というような
思いで生まれていくのだと思います。


顔の形が違っても、
肌の色は違っても、
育ってきた環境が違っても、
考え方が違っても、
やっぱりみんな同じ人間ですね。


異文化理解というのはそういうStigmaを解消していくことで成し遂げられると思います。

Educate yourself and stop the stigma around social problems!!!!
教養を深めて、社会問題を取り巻くStigmaをやめましょう!


Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2016 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
   


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第27回目の今回は、

投票お願いします!!

私事ですが、先日、Sons of GranvilleというバンドのJustinとVideographerのMikeと一緒に、Music Videoと作るためのグランツ(奨学金)を獲得するためにStoryhiveというコンテストに参加、ピッチビデオを作りました。私はダンサーとして参加しました。


これがそのピッチビデオです。



すべてを聞くにはここから!


この曲は、Easy Listeningというジャンルに属していて、

曲の趣旨は、その名も


Resilience (回復力、快活、元気)


いまの私に重要なキーワードな気がします。


このStoryhiveという基金プログラムは、Telus(日本でいうNTTみたいな会社)がBC州とアルバータ州のアーティストを援助するものです。
今日からスタートした投票は6日間続いて、その後、開票され、コンテストの入賞者が決まります。


よろしければ応援よろしくお願いします!!
It means SO MUCH to me!!!! 

下のリンクをクリックしてVoteというところをクリックするだけです。(一日一回クリックできます!)http://www.storyhive.com/project/show/id/1974

よろしくお願いします!!

Thank you so much!! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2017 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
   


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。

 

第26回目の今回は、

 

適応性と順応性

 

について話をします。

 

先日、お寿司屋さんに行ったときに、いつものように、Kikkomanキッコーマンの醤油瓶から醤油を出しました。そのときに、ふと「醤油ってなんでこんなに北米で大衆に当たり前のように浸透しているんだろう!?」と思ったんです。そして、一人でお寿司を食べながら、日本の醤油がどうやって世界進出したかを興味本位で調べてみました。

 

いろんな記事があったんですが、ある記事の中に、キッコーマンの海外進出の責任者となり、かつ社長、会長となる茂木友三郎氏の本の抜粋が目にとまりました。

 

『適応性は順応性と違う。順応性というのは、一応適応はするが元に戻らなくなってしまうことを指す。たとえば、アメリカに住んだらアメリカ人になってしまうということだ。適応性とは相手が変われば、それに応じて自分も柔軟に適応できる能力のことである。アメリカに住めばアメリカの文化に、ヨーロッパに行けばヨーロッパの文化に適応できる人でなければならない。』

 

 

適応性と順応性をそれぞれ英和辞書で調べると

どちらもAdaptabilityという単語がでてきますが、

 

この茂木氏の定義に基づくと、

適応性がFlexibility、Adjustment(調整)で

順応性がAdaptability

に近い感じがします。

 

『適応性とは相手が変われば、それに応じて自分も柔軟に適応できる能力』

 

私は、この考え方ってすごく大事だと思います。

海外に住んでるいると、日本と違うことがたくさんあって、とまどうこともたくさんありますね。私も10年以上カナダに住んでていても、そういうこともありますし、うまく心が柔軟に調整、理解できないって思うこともあります。それから、逆に日本に帰ると、逆カルチャーショックで戸惑うこともあります。

 

違いを善悪の目で見ず、まず、客観的に違うんだと認識し、あるがままに見るところスタートし、その中で自分の素振りBehaviorを調整Adjustしていく。柔らかさ、柔軟さは生きて行く上の知恵の一つ。かたくなにならず、柔軟に生きていくことが人生をスムーズに生きるこつではないでしょうか。

 

常に勉強ですね。

 

 

Stay humble!

 

 

Thanks for reading! See you next time!

 

Ikue

 

 

Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 

 2016 Ikue Ueno. All rights reserved.

 

 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

 

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

 

〇 Facebook

 

〇 Instagram @vector1199

 

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

 

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

 

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

 

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●   


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第25回目の今回は、

制限された中で生まれるもの。ーTriple Constraints (Scope, Cost, Time) 


について話をします。


先日、Project Management(プロジェクト管理)のコースを大学でとっている
生徒とレッスンをしたんですが、その時におもしろいことを聞きました。


それは、Triple Constraints*
(または、Project Management Triangle)
というもの。
(*日本語訳をビジネス用語としていろいろ調べてみましたが、日本ではあまり、取り上げられない要素のようで、日本語訳を見つけることができませんでした。ですので、まあ、「3つの制限、抑制」という日本語でここでは理解しておきましょう。)


どうやら、Triple Constraintsは
Project Management(プロジェクト管理)の中の考え方で、
プロジェクト、プランを遂行していくには、
Scope, Time, Costの3つの関連し合っている要素を考えることが必要というものです。


triple-constraint
(Image taken from here)


Scope(範囲)というのはQuality(品質)とも解釈され、
Time(時間)はSchedule(予定)であり、
Cost(費用)はResource(ここでは、主に人的資源、人件費)のことを指します。

この3つの要素の内、1つの要素が動くと、他の2つに影響がくると考えられ、
さらに、3つをすべて平等に制限ということは不可能に近いということらしいのです。

例えば、
何かプロジェクトを遂行するときに、

1. 締め切りが近い(Timeが制限される↓)と、その締め切りに間に合わせるために、人を増やす(Costが増える↑)。そして急いでするために、Scope/Qualityがおろそかになる可能性が増える↓

2. 逆に時間がたっぷりあると、そのプロジェクトを遂行するのに必要な人件費Costは抑えられるかもしれない(例えば、従業員が時間外労働しなくてすむので、人件費削減になる。また多くの人を雇わなくてもすむかもしれない。)結果、Qualityは上がるかも知れない。

3. Costが制限されているとする。Cost↓ そうすると、予算が少ないので、人をたくさん雇えず、出来上がるのにTimeはもっとかかると予想できる↑。そして、人件費を安くして経験の少ない人材を使わないといけないかも知れないので、Qualityは下がるかもしれない↓


これって、ビジネスの現場で常に存在するジレンマじゃないかと思うんです。 
そして、英語学習に対しても通用するジレンマじゃないかと思うんです。



例えば、
1. 社会人で休職している、3ヶ月の間に英語を鍛えたい。
Timeが制限↓ 短期で英語力を鍛えるために、英語学校に行って、よい先生から学ぶために、Costが上がる↑。学ぶ濃さQualityは上がるが、3ヶ月で上がる英語力は、総合力から判断したQualityの面から結果としてあまり見えてこないかもしれない。もちろん、学習当初の英語力や、その人の言語のセンス等々によっても結果は変わりますね。

2. 1年間のワーホリで英語を鍛えたい。
Timeは制限されるが、3ヶ月という時間に比べると、時間に大分余裕ができる↑。英語学校に数ヶ月通ったりした後は、仕事を得たりして友達の輪を広げつつ、英語を話す機会をどんどん増やしていけることができる。結果、英語学校に費やすお金はそれほど必要なく英語をのばせるかもしれないCost↓。一年間、英語留学をした結果、3ヶ月勉強した時と比べると、全体としてQualityのある英語が完成する可能性は高くなる↑。

3. 英語は鍛えたいが、お金があまりない。
ワーホリでカナダに来たものの、英語学校に費やせるお金をあまり貯めてこなかったのでCost↓。それで、時間をかけてある程度、独学で文法を勉強しつつ、Meet Up等々の英語をしゃべる無料の機会を見つけたり、仕事をしながら英語を話す機会をつくるTime↑。時間はたっぷりあるので、それなりに日常英会話位はできるようになるが、キチンと基礎を学校で習っているわけではないので、出来上がった自分の英語のQualityにはなかなか自信ができないかもしれない↓。こういう生徒さんは、Broken Englishをしゃべるが、Fluency(流暢さ)はすごくありますね。


 
おもしろい分析でしょう!?!?
これらの例は、私のただの想定ですが、
実際よくあるケースではないでしょうか。

ただ、こうしないといけないと言う風には思います。
ワーホリ、語学留学の形は、いろいろあっていいし、それぞれにドラマが存在します。
自分にあったものを査定して、限られた範囲の中で最もいいものを選べばいいと思うからです。
千差万別あっていいんじゃないでしょうか!

また、時間はあればあるほど英語は上達するっていうのもまた違いますよね。

要するに、質のよい、集中した、効率的な学習が功を奏すると思います。
そして、よい学校、先生から学ぶことも学習するにはとっても大事です。これは、どんなものを学ぶ時も大事なことです。

見極めが大事ですね。


Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2016 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
   


この記事の発信元

Midori-Sugita


VECTORで6ヶ月受講した、みどりさん。
いつもにこにこしていて、卒業してからもオフィスによく遊びに来てくれるので
わたしをはじめ、スタッフ一同もいつも癒やされています。

みどりさんはバンクーバーへ来る前は日本で看護師をされていました。
これからバンクーバーに来られる方、英語の勉強方法を模索されている方、
VECTORについてもっと知りたい方などの参考にさせていただきたく
いろいろとお話いただきました。

変化を感じたことは?

ー バンクーバーに来たきっかけと、バンクーバーに決めた理由を教えてください

2、3年前から海外に行きたく、タイミングが合って仕事を辞められることになったので海外に行く決心をしました。バンクーバーを選んだきっかけは、北米英語を学びたかったから。日本人が多いとは聞いていたのですが、住みやすい街にも選ばれているので決めました。
看護師の知り合いでワーホリをしていた人は1人だけで、彼女はオーストラリアに行ったのですが、その子に影響されてワーホリに興味を持ちました。まわりにバンクーバーへ行っている人はいなかったので、バンクーバーについては自分で調べました。バンクーバーは街がきれいで四季が感じられるのと、英語がきれいで、自然がいっぱいということも気に入りました。

ー 英語の勉強をしようと思ったのはなぜですか?


日本で看護師をしているときから、国際協力や海外で看護師をすることに興味があって英語を勉強しようと思いました。ただ、アフリカなどのいろいろな地域に行くということは自分自身にもリスクがあるので、そこまでして行く覚悟があるかといわれるとまだ分からないのですが...とは言ってもJICAへの夢もまだ捨てきれてはいないです。
 

VECTORについて

ー VECTOR入学前の勉強方法と受講を決めた理由を教えてください

文法は基本だけを日本で独学していて、バンクーバーに来てから2ヶ月間は別の語学学校に行きました。そのあとその学校を延長するか迷いましたが、エージェントに「厳しくてもいいから短期間で英語を学びたい」と相談をしてVECTORや他の学校も見学をしたうえで、文法を一から学びたかったのでVECTORに決めました。

ー 文法のコースから始めVECTORのコースを全て受講されましたが、受けるコースはどのように決めたんですか?

最初は文法インプットコースと、会話アウトプットコースを申し込んでいました。会話アウトプットコースの3週間目くらいに先生から「応用スピーキングコースも行ってみたら?スピーキングの底上げになるよ」と提案していただいたんです。アウトプットコースを出たらアルバイトをしようと思っていたけれど、今のままだと日本人がオーナーで同僚が日本人ばかりのレストランしか選べない...でもそれは避けたいと思っていました。カナダに来た1番の目的は英語を習得することだし、できるところまでやってみようと思って応用スピーキング準備コースと、応用スピーキングコースも行くことに決めました。

ー 最初の文法インプットコースはどんな感じでしたか?

授業中に習う文法は知っているものもあったけれど、文構造や文法の理屈が理解できたので、受講してからは適当じゃなくてきちんとした英語を作れるようになったと思います。
わからないところは自分で英文法の本を再度読み返したり、先生に聞きまくったりしました。文法のわかりやすさは、これまでとは断然違いますね。

ー 発音で悩んだことはありますか?

Rの発音が全然言えなくて...舌の筋肉がまず動いてなかったので何回も何回もひたすら練習することによって言えるようになりました。また、授業で発音記号を学んだので、辞書をひいて自分でも発音の勉強ができるようになりました。
ホームステイをしていた時はホストマザーに発音が悪いせいで通じないことも多々あったので、発音は本当に大事だと思います。

ー その中でも英語力が伸びたと感じたことがあれば教えてください

日常会話がスラスラ言えるようになってきたなと思ったのはアウトプットコースのときからです!会話の中で、「授業で習ったあのフレーズが使える」って気付いて話すことができるようになりました。
一言で言える文の長さが伸びないのが悩みだったのですが、準備コースに2ヶ月行って伸びたし、発音の癖やジェスチャーの癖も抜けてきました。ジェスチャーをする癖がついていると、ジェスチャー無しのときに言葉が出なくなってしまうから、その癖をとるのが大変でした。

この上級コースでは単語もたくさん習うので、ニュースを英語で聞いて知っている単語がたくさん出てきたことに気付いたときは嬉しかったです。
クラスが全部終わって、英語力は伸びたかなと思えます。前は本当に言葉が出てこなかったのですが、今は自分が言いたいことを言えるようになりました。もちろん今も言い方がわからないときはありますが、前よりは変わったと思います。
 

スピーチについて

ー 授業で何回も人前でスピーチしたと思いますが、実際にどんな感じですか?

もともと結構あがり症で、看護師になりたてのときに看護研究で発表するときも声が震えちゃって泣いてる声みたいと言われていたんです。応用スピーキングコースに進んでから面接プレゼン(40人ほどの生徒・講師の前でプレゼンをする)、デルタプレゼン ※1、小学校プレゼン ※2 などいろいろな機会を与えてもらえたのでメンタル面でも鍛えられました。
最後の方はプレッシャーを感じていたのか、新しく入った生徒さんの方が英語ができることに焦りを感じて英語が出てこなくなってしまう時もあったのですが、デルタのプレゼンをやらなきゃいけない、それも発音をおとさず一文を長くして話さないといけなくて...本当に緊張しましたけど、準備の甲斐もあって自分でできたと思えたので、面接プレゼンはデルタプレゼンより緊張しないでできたんです。そういうこともあってか、スランプもいつの間にか乗り越えられました。
実際に、今日の小学校プレゼンも本当にそこまで緊張しないでできるようになってました。
プレゼンは準備とか大変ですけどやってよかったなと毎回思います。ネイティブスピーカーの前でプレゼンするっていうのは、カナダでしかできない経験なので。

▼小学校プレゼンに参加したときの写真

 DSC00598

※1 デルタプレゼントとは - Delta Kappa Gamma Society(女性教育者の会)が日本支部をつくるときに、日本教育とカナダの教育との違いなどをプレゼンさせていただきました。
※2 小学校プレゼンとは - カナディアンが通う小学校で、2ヶ月に1回プレゼンをさせていただいています。折り紙を一緒にしたり、日本の歌を教えたりもしています。

今後について

ー 3か月後に日本に帰ったら何をする予定ですか?

英語を使える看護師になりたいと考えています。調べてみたら、患者の多くが海外の方という病院に紹介してくれるような会社もあるんです。国際協力も短期で行けるようであれば、そちらに行ってから定職につきたいなど、いろいろ考えています。
 
ー なるほど~。今日はありがとうございました。

このあと、筆者である私の英語力が低いという話をして、みどりさんにVECTORをお勧めされるという面白い流れになりました。みどりさん曰く、「関係代名詞とかずっときちんと理解していなかったけど、文法インプットコースを受けたらわかるようになった。文法が整理されて、こういうときはこれだ!と、自分で文章を作るときに役立つんです。関係代名詞とか仮定法とかもインプットに行ってから会話で使えるようになったし、絶対おすすめなので、絶対帰るまでに行ったほうがいいですよ!」とのこと。



実は...ワーホリに来る看護師さんって、すごく多いんですよ。
あなたも夢の就職転職を勝ち取るために、本気のカナダ留学をしてみませんか?

▼看護師留学が気になる方はぜひこちらでプランや体験談などをご覧ください
http://canadajournal.com/change/nurse.php
 


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第24回目の今回は、

InclusionするDisney Part 3

について話をします。


前回のブログ2.LGBTのキャラクターを取り入れた

という話をしましたが、


このPart 3では、
3.多様な人種の俳優さんを役に抜擢した

という点について熱く語ろうと思います。


beauty_and_the_beast_still_luke_evans_josh_gad
(image taken from here)

このイメージからも分かるように(黒人役者が2人いますね)、
今回の映画は
多種多様な人種の役者を採用したこともよくわかります。

実際、映画の中では、舞踏会のシーン等々で
アジア人も確認できた気がします。


これは、Disneyが、
Black Lives Matter (「ブラック・ライブズ・マター」運動 )*に代表されるような様々な人権問題
積極的に取り組んでいる姿勢がうかがえます。 *Black Lives Matter(「ブラック・ライヴズ・マター」運動)とは、黒人たちによる、白人優位社会に反抗しての大規模なデモなどの運動を指します。詳しくはまた別の機会にすることにしましょう。



世界の歴史の中で、
私たち人類は、人種間の戦争、占領、搾取(exploitation)というものを
行って文明を築いてきました。


その中で、白人至上主義 (White Supremacy)という、主にキリスト教に教化された白人文化の考え方の中で、肌の色が白いことで有色人種よりも優れているという考え方が生まれました。


その考えがいまだに、世界中にはびこって、
意識的、無意識的に、
私たちの世界情勢、社会システム、判断能力、雇用、出世、犯罪審判、様々な場面で
影響を与えています。


要するに、
この社会で一番恩恵を受けやすいのは
白人でありかつ、
男性であるということなのです。


それを
White Privilege (白人の特権)とも呼んでいます。


同じことをしていても、有色人種であれば疑われたり、犯罪の刑罰が厳しくなったりするという状況が特にアメリカで大きく起こっています。逆に、白人人種であれば、刑罰に値するようなことが、軽い罰金で済んだりしているのです。それから、ムスリムの信者が何か問題を起こすと、すぐにテロリストとしての扱いを受けたりされることもあります。


こういうふうに、
人々に深く刻まれている人種差別の概念は
生まれたときから赤ちゃんに備えついているものではなく
生まれた環境によって、後からとってつけられた学習されたものです。
これを、Stereotype(ステレオタイプ、固定概念)とも呼びます。

また、
人種間の対立には、
自分たちの信じる宗教が一番という宗教の対立という側面もあり、
人種と宗教の問題は切っても切り離せないところがあります。
宗教の問題はさらに複雑になりますので、
この話もまた機会があったときに触れましょう。


ステレオタイプや宗教にとらわれず、人を人と見る。大事ですね。
日々、人権問題に対して教養を高めて、
相互理解を深めていくことが大切です。


“There is only one race: the human race.**”
「ただ一つの人種がある。それは人類だ。」
          **Rita Levi Montalciniほか、様々な人々がこの発言をしています。もっと読みたいかたはここをクリック

それから、
"Race is a social concept, not a scientific one.***"
「人種というのは、社会的概念であって、科学的概念ではない。」
        ***Dr. J. Craig Venterの言葉より引用。



深い話になりましたが、
人間として
大事なことですね。

日々修養しましょう。

Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2016 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
  


この記事の発信元

こんにちは、Vector講師のIkueです。


第23回目の今回は、

InclusionするDisney Part 2

について話をします。


前回のブログ
1.Belleのキャラクターを通して21世紀型の強くたくましい女性像を描いた

という話をしましたが、


このPart 2では、

2.LGBTのキャラクターを取り入れた

という点について熱く語ろうと思います。

NE77IDvgepPbaa_1_b
(Image taken from here)

Beauty and the Beast の映画の中で
Josh Gad(ジョシュ・ギャッド)扮する
Le Fou(ルフウ)は
Gayのキャラクターとして描かれていました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


まずみなさんは、LGBTというのをまずご存じでしょうか?

LGBTとは、

Lesbian    女性が女性を好き
Gay       男性が男性を好き
Bisexual    男女の差別なくどちらも愛せる
Transgender トランスジェンダー 生まれ持った性別と心の性が一致しないことから、反対の性で生きようとする人(←参考

の略で

最近はこれに、

Queer    (又はQuestioningの省略) 同性愛の (レズビアンとかゲイに分類されるのを嫌って、この言葉を好む人もいる)
2-spirited    女性的、男性的な性質のどちらも持ち合わせていて、自分をどちらの性も持っていると認識している人 (もともとは先住民First Nationsの人たちが使っていた言葉ですが、最近は、公にも認められてくるようになりました。)

2つがが新たに付け加えられ


LGBTQ2とも呼ばれます。


私はカナダにもう10年以上在住していますが、
この10年の間に、
マイノリティの人権、特に、LGBTQ2の人たちと
触れる機会をたくさん持つことができ、
大切な友達もできました。

そのおかげで、現在、LGBTQ2の人々に対する理解は
かなり深いと思います。

私は、
去年のバンクーバープライドでは、
ダンサー兼LGBT活動家としても
インタビューを受けました。
興味のある方は下をクリック↓

Dance group House of La Douche champions LGBT culture and diversity



世界には、
宗教上の問題から
ホモセクシャルを認めない
人々、グループが存在しますが、

現ローマ法王フランシスコ, Pope Francisが述べたように、

"If someone is gay and he searches for the Lord and has good will, who am I to judge?"
もし、誰かがゲイで神を求めて、善良な意思を持つならば、その人を裁く資格が私にあるだろうか(あるはずがない。)


Human Rights
人権という立場から考えて

全ての人を
宗教、信条、性別に関係なく
RESPECT
するというのは
とても大事なことです。



今回、
Beauty and the Beastを通して、
ゲイのキャラクターを採用したことは、
様々な議論を起こし、
例えば、マレーシアでは、この映画の上映が禁止になりました。

でも、Disneyはこのことに関して、
「LGBTに関するシーンをカットするようなことはしない。」との見解をだして、
はっきりとしたスタンスを世界に示しました。(素晴らしい!


映画の中では
LGBTQ2ならではの笑えるシーンもたくさんあって
映画にちょっとしたテイストを与えてましたよ!!


Disneyはこれからも、
The Little MermaidやMulanなどを
Live-action movie実写版でリリースする
予定があります。


The Little Mermaidの実写版では、
Ursula(アースラ)を
Drag Queen(ドラッグクイーン、男性が女装するパフォーマーのこと)で
キャスティングにしたいという話もあって、
最近のDisneyは
Inclusion(包括する、コミュニティをつなげる)という観点において
ポジティブなContribution(貢献)しているのではないでしょうか。


幼少の教育に多大な影響を与えてるDisneyが
こういうスタンスをとってきていることは
大いに評価するべきだと
私は思います。


日々、
教養を深め、
人の尊厳に関しても
理解を深めていきましょう。


Thanks for reading! See you next time!

Ikue


Ikueの今週の英語ブログの他の記事はこちらから。

 2016 Ikue Ueno. All rights reserved.
内容の無断転載を禁じます。


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
このブログはVector International Academyの英語教師・スタッフのブログです。

〇ベクターへのお問い合わせはこちらから  info@vectorinternational.ca

〇 Facebook

〇 Instagram @vector1199

〇 学生さんのブログ:エリーのVECTOR潜入レポート

〇 英語が話せない日本人を8週間で変える語学の訓練校 Vector International Academyウェブサイト

〇 マンツーマン英会話 300名以上の体験談

〇 無料留学相談 カナダジャーナルウェブサイト

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●
 


この記事の発信元