バンクーバー専門、ワーホリ留学旅行 に役立つ総合情報サイト

Mayumi in Vancouver のブログ

BLOG DESCRIPTION 7年生の娘と2人、親子留学中の日記です。名古屋のビル王?の新婚の旦那さんを置いて、2人で楽しく頑張ってます♪娘のバイリンガルへの道は?これから留学を目指す人、生活の様子など、役に立てたら嬉しいです。
BLOG URL http://ameblo.jp/mayumi22blog/ 一覧に戻る
BLOG RSS URLhttp://feedblog.ameba.jp/rss/ameblo/mayumi22blog/rss20.xml

エクシブ湯河原へ

(2017/06/26 10:28:00)

出来たばかりのエクシブ湯河原


JALの機内誌であるアゴラに掲載されていて

素敵な内装でしたので行きたくなり

長女と予定を合わせてやって来ました

朝から行く気満々のベイビー

SA恒例のお菓子のおねだり
{44ABF535-072D-4BFF-B2EB-2EE486A964C0}

漁港に着きました

私から離れないベイビーが愛しすぎます

まずは長女が行きたいと言っていた海鮮の食べ放題のお店へ
{0967B2A6-79A6-477C-93C2-A0108F201E75}

と思ったら具合が悪く食事は行けないと

私達は牡蠣やらエビやら焼き鳥、じゃがバター、干物各種、サザエ、お野菜など楽しみました

お腹いっぱい

食べ終わってから長女を駅に迎えに

1ヶ月ぶりくらいの娘

特に変化はなく(笑)

楽しく近況を話しながらホテルに向かいました



この記事の発信元

バイオリンにしゃぶしゃぶ

(2017/06/25 12:38:47)

優しい先生のバイオリンレッスン


わたしはこの先生が大好き

可愛い優しい人柄が素晴らしい

育ちの良さが分かる穏やかさ

私のへたへたな調子外れ、リズム外れの情けない音にもニコニコ伴奏してくださいます

悩みは子供達が下手すぎる事が悩み

嫌がるのをやってもダメかなー?と、でもいまはやらせないと、とか

こちらも忙しいのでイライラしてしまいます
{079F85B3-BF97-49CD-9CB8-7984029640D7}

終わってからはしゃぶしゃぶへ

七夕飾があり、短冊を書きました

お刺身もタラバの天ぷらもがぶりと食べられて大人は取り分が減ります
{03768154-84F3-4806-9A7D-EE2A3B0FF757}

お肉をたくさん食べるようになったのは嬉しいです

少し前まであまり食べず。。

帰りはおまけのおもちゃを選ばせてもらえて、中々選べずとうとう2個いいですよ、と言ってもらいました

パパ大好きな息子とママ大好きなベイビー

チーム分けがはっきり出来ていて面白いです


この記事の発信元

帰国子女の男の子と

(2017/06/24 14:30:46)

通訳のデモの立会いをしました


視察団を前に、学部からの帰国子女の男の子が実演するので

その横で控えていました

帰国子女で大学生とか、我が娘と重ねてしまい

がんばれー、じょうずじょうず!と応援

途中でマイクの音声がおかしく、聞こえなくなってしまい

焦った教授に注意される場面もありましたが

全く動じない男の子でした

僕気にしないんです!と明るく爽やか

院においでおいでとかなり勧誘されていました

もちろんわたしも勧誘

未来ある若者にどんどん学んでもらいたいです

研究が嫌と言っていまして、その気持ちは私も良くわかります

私も実践的なお勉強だけならもっと楽しいので

でも幅広く色々な知識を吸収出来るのはこれまた贅沢です(と思って凌いでいる)

そして息子のような学部の子と並んで

視察団の方々に、こちらは院生の方ですと紹介されるのもちょっと恥ずかしいです

そしてベイビーが描いた絵

うさぎちゃんらしいです、癒されます
{E421F95E-8411-42F6-84DB-EB7179927E25}

急いで作ったご飯

てりやきつくねハンバーグ、タネを冷凍して仕込んであります

メープルシロップとお醤油で

お野菜はトマトとキュウリだけは食べてくれます

ご飯には和牛のおお野で頂く炒りごま、とても美味しいです

お取り寄せした炭火直焼きのイカ(冷凍でチンするだけです)

枝豆は軽くお出汁で煮ました(と言うか茹でた)

デザートはメロン、これもチビ達大好きです

毎日の食事、何をするか困りますね


この記事の発信元

シフォンケーキに整体

(2017/06/23 10:17:20)

夫が送迎してくれた貴重な日


駅から学校まで歩かなくて良いのは嬉しいです

それでも最短乗り換え駅までは遠回りして高速代を足して送ってくれるので本当に有難く

時間に追われていない日は学校まで送り迎えというスペシャルな日も

本当に本当に私は彼なしでは生きていかれない。。とこういう時に思います

なんでも頼れて甘えられて出来る限りは助けてくれる、拒否されない自信

こういう関係はとても大事です

子供達にもこういう存在であることが当たり前で、たっぷり甘えさせつつ愛される自信とともに社会に送り出したいです

早くに迎えに来てくれた夫

よし!あれ買いに行っちゃおう!とシフォンケーキのお店へ

この季節はマンゴーのシフォンがあり、クリームもマンゴー

一口食べて、うまい!と唸っていました

私はマロンやらティラミスやら
{15517F97-0017-43B5-A185-D05A6D7342F3}

それから整形外科へリハビリ

息子はパパと公文へ

ママといっしょに居たがるベイビー

皆に可愛い可愛いと言われ、恥ずかしくてご挨拶しません。。

おばちゃま達は小さい子をとてもニコニコ可愛がってくれます

なのにこの態度。。がっかり

そして体は全然良くならず

翻訳のお仕事、コーチのお仕事、子供達のバイオリンのお付き合い、食事、片付け、翌日の準備

修論に向けてとにかく方向性を決めるために読まなくてはいけない本

目が回りそうです

課題がかなり中途半端になり、手の抜き方を覚えると言うか。。

子供達はラーメンが食べたいと親孝行な事を言ってくれ

ママのラーメンが一番美味しい!と喜びます

これまたかなり複雑なのですけど

カレーを作っておいたのに幼稚園のお食事もカレーだったし

硬くなってしまったバケットでフレンチトーストにすると言えばラーメン、と言うし

ラーメン愛が強すぎて複雑な気持ちです


この記事の発信元

ボイトレを始めました

(2017/06/22 09:55:14)

ボイストレーニングを受けることにしました


声が通りにくいと言われること多々。。

通訳演習のクラスでも、声を低く話すようにと常に言われ

元アナウンサーの通訳学校の先輩の素晴らしいお声に憧れ

ボイトレをしてくれるという司会者事務所の面接に行き、なんと合格(最年長、一人だけだそうです。。)

取り敢えずは滑舌、発声の仕方の練習

声のトレーニング、大事だと思います

これでマイクを通した声が知的に耳触りよくなったら嬉しい

正直課題やら資料、論文の読み込み、まとめ、家庭のママの役目、子供達の習い事

新居の打ち合わせやら決め事

翻訳のお仕事も小さい物だけは受けているのでこの上にボイトレって

夫や長女には、本当に忙しくするのが好きだねと言われてしまいますが

忙しくするのが好きなのではなく、したいと思うタイミングと言うか

機会は頻繁にあるとは思わないのでやれるだけやってみてます

レッスンは毎回2時間、お腹で声を出すって新たな体験でした

滑舌も難しい、私は鼻濁音が出せないらしいです(気付いたとこもなかった)

でも名古屋事務所オープンで一人ってわたしはこのまま司会のお仕事をするの?

というか、お仕事ができるように頑張って勉強あるのみですが

英語の時もあるらしいので(それが何故か合格した理由だそうですけど)

それを楽しみに頑張ります





この記事の発信元

整形外科と王将

(2017/06/20 09:39:50)

最近特にひどい坐骨神経痛


座っていられないのは生活全般に関わる大問題

もちろん立っていても痛みます

接骨は前から通っているし、でも悪化

整形外科では、重いもの持つ仕事?と聞かれ

仕事では無いけれど重い物は持ってます、と答えました

重いものが原因?通学のあの、殺人級の荷物の重さのせい?

とグルグル

レントゲンでも全く異常はなく、リハビリする事になりましたが

つまり痛みはすぐには無くならないという事

荷物は12キロくらいです

これを肩に掛けたり手に持ったり、階段上がったり、ゼイゼイで学校の自室に着きます

教科書が多いわけでも無いのですが

それでも資料、パソコン、飲み物、食料、日焼け止め、お化粧ポーチ、帽子にサングラス、折り畳み傘

肩がもげそうになります

他の学生の子達がリュックと、お弁当は手持ちなのを見ると

やはりあれかな?と思うのですが

リュックほど私に似合わないものもなく、キャリーを買うしかないのかと思いました

一度痛くなると中々治らないのがしんどいです

今までも痛みながら座っていましたが

そんなレベルではなく、突然衝動的に立ち上がってしまいます、麻痺してきて痛みで耐えられず

カジュアルなクラスではウンチングスタイルで授業させて貰ったり(でも足が痺れる)

電車で帰る日は翻訳しなければならないので座らねばパソコンが触れず、でも痛いので

やはりウンチングスタイルで座席にパソコン

かなり変な人だなぁ、と思うのですが仕方ない

無理な姿勢になるためか首や肩もさらに痛むし

オフィスワークでのお仕事なら退職しかないのかと悩む状態です

最近は立ってパソコンに向かうようにもなって来ているそうですが

帰りはチビ達と王将
{3216BEB0-18F2-4FD2-8C04-68493B55BCFE}

青菜は苦手な味でビックリしましたが他は美味しく早い安い、素晴らしい

さて、この痛みはどうにかなるのでしょうか、

これから先の人生は色々な痛みと付き合っていくんだなと

心寂しいです


この記事の発信元

多文化共生のクラスで発表をしなければいけない多文化共生の活動


中々タイミングよく活動イベントが見つからず、

日本語教室を市のボランティア団体が運営しているのを見つけ

体験と見学に参加しました

お邪魔にならないよう配慮しながらもたくさんお話が聞けました

一箇所では不安だったため二箇所に参加しました

今までは外国の人、と言うくくりで別枠で見ていましたが、

決してそうではないんだと

特に愛知県は日系人が多く、共生のための取り組みがかなり必要なこと

言葉の壁、教育差で問題が大きい事

学び中です

介護などの問題も浮上して来ます

多くの学者さんも取り組んでいますが

地域の生活者としてできることはまず理解すること

別物と除外しないこと

私は外国に連れて行った娘もこうして頑張ったのね、と重ねて見てしまいます

親が学校に行くことを大事と考えていないケースも多々あり

学校の他にさらに宿題やらこんな教室に行かせたくない、否定的な意見や

国に帰るし日本語要らない、と言われたり

色々あります
{F903230C-E63F-4E06-A670-2A6236896212}


それでも長時間労働になる親を持つ傾向がある日系人の子供達は鍵っ子隣、家にいても一人になるので来てくれるとか

その場合母国語の喪失、アイデンティティの問題なども課題です

大人のケースも見に行きましたが、こちらは母国に帰ってから少しでも良い仕事に就くため日本語検定に必死

ここにもたくさんの問題はありました

私が今後研究していくテーマとは重ならない部分もありますが

社会問題として多文化共生に取り組む大事さ

さらにボランティアの方々の志にただ尊敬と感動でした

架け橋になりたい、笑顔がみたい、日本で少しでも良い思い出を作ってもらいたい

お金では得られない価値、いい仕事についてもらいたい、こっちが元気を貰っている

とのお声ばかりで

こういう方々が地域社会にいて下さるのが宝だと思います

私も勧誘されましたが、今はまだ厳しいです

チビ達同伴なら行けますけど

外国人用の教室なので日本人はダメなんですね

息子もこういうところで一緒に勉強すれば刺激になるのに、なんて思いました

皆さん頑張ってる、私も頑張ろう、と刺激を頂きました



この記事の発信元

トスカ&松坂牛

(2017/06/18 08:51:48)

本日の夫との観劇デート、トスカでした


オペラは観たいけど日本では高く、海外に行った時の楽しみだった若い頃から

今、かなり大人になっても国内で観るのはやはり高いわぁ、と思うのですが

近くで楽しめるのは有難いです

このお値段でもこの観客の入りに驚きます

皆さんどこまでお好きなのでしょう、ちなみに私はあまり分かっていません

軽い知識ですが雰囲気が好き、音楽が好き、華やかでドラマチックで楽しいです

夫はもっと分かっていません、でも楽しいそうです
{6F69FC29-209F-466F-BA47-79EAD96A3119}

ラルフローレンのワンピにシャネルの靴

体のラインが出るタイプなので絶対もう着れない、と思っていましたが

やはりこういう服を着ると夫が喜ぶ

そして母と彼だけは、大丈夫、似合ってるよ、スタイル良いよ、と言ってくれる(笑)

家族は味方です

坐骨神経痛で座っているのが苦痛、痛くて集中できなかったりもしましたが

年配の方が多く、あんなオジイちゃまでも座って楽しんでる、

私の体ダメ、絶対長生きできない、と思ってしまいます

オペラの後は美味しいもの

休憩中に皆さんレストランの予約の電話を次々かけてて面白かった

大人の楽しみですね

私達はお肉に行きました、松坂牛のおお野
{BE1939DB-B409-4A88-8458-892700DFD5C3}

チビ達がいない事に寂しがってくれて、次は是非坊っちゃん達も、と

息子もこちらのお店、大好きです

全て絶品で感動しつつ、頂きました

院の研究発表の取材?で朝から出ていたのでもう食後はくたくた

車の中で寝てしまいました

本当に体力が無くなってます、切ないです


この記事の発信元

6歳と4歳で受ける予防接種


息子が怖がって中々連れて行けず

やっと行ってきました

本当に大変

泣いて診察室に入ってくれない前回を思い出すと

1人では無理で夫と待ち合わせました

ベイビーは大丈夫です

泣かなくて褒められた経験から、早く注射したい!凄いよ!と強いよ!と誇らしげです

成功体験がなせる影響力を痛感

今回もスタスタ入ってちょこんと座ってされるがまま

大人しーく、泣きもせず、何事もなかったかのような所業

凄いです

息子との差に驚きます

でも今回は息子も頑張りました、車に乗ってくれず時間はかかりましたがめそめそしながらも何とか終わりました

頑張った後はご褒美のアイスクリームとお菓子

別人のようにニコニコでした

そのまま急ぎ新規のバイオリンの先生の体験レッスンを受けに行きました

優しい先生に甘え、怖い先生も必要かなと(全然悪い所が直らないので)

ドイツの音楽院で修士を取り、帰国された先生のところへ

色々パリッと直されて凹み気味でしたが、こういう先生も必要!と思いました

私にもみっちり厳しくしてもらいたいです

それと言うのも
{6C10C679-5D24-4663-9849-0BCCCB27606C}

こんな本を大学の図書館で見つけ(ご自由にお持ち帰り下さいコーナーにあった)

読んだら大人でもこんな風に素敵な演奏者になってる方がいる!と感激したからです

私も夢を市民オケに定めたいと思います

凄い田舎の凄い小さな所とか10年後くらいに入れて貰えないかなと思いました

それにしても私が出逢うバイオリン奏者は皆さんスタイルが良い、細身で小顔でバランスが良いのです

私にはない部分も合わせ、細い指が綺麗な音を紡ぎ出すのにも憧れます



この記事の発信元

保育参観&チビ達と大学へ

(2017/06/16 10:26:33)

保育参観でした


午前中に参観してそのまま解散

午前中のクラスは休みましたが午後のクラスには出なければ

でもチビ達を連れてそのまま移動、先生と皆に連れて来てもいいですかと聞いたら

快くOK

会話とライティングのクラスで、昔面識のあるイギリス人のおじいちゃん先生

優しく受け入れてくれました

まずは保育参観

息子はパパがいい、ベイビーはママがいい、とのことで

私はベイビーを見学しましたが

いやー、可愛かったです

皆で飛び跳ねて遊んでて、皆本当に可愛い

ママの好きな食べ物紹介なんかもして

私はお肉、と答えておきました

それから急ぎ学校へ

チビ達を連れてドキドキでしたがやはり院生室でかくれんぼが始まり
{CFAF6682-25BA-4989-9CB5-B5A455961F60}
クラスでも恥ずかしくしつつそれなりにうるさいという。。

先生が優しく話しかけてくれて息子は喜んでいました

ベイビーは途中で寝てしまいました

それにしても騒がないなドキドキでいつもの倍疲れましたよ

夫に送迎してもらい、パパが迎えに来て大喜びのチビ達

ママとして大先輩の他の教授にも偶然お会いして

なんで子供がいるのか驚いた、私が本当にママしてるのが、分かってはいたけど新鮮

バタバタしてる感じを出さずによく頑張ってるわ、と褒めていただきました

いえ、ドタバタで必死なんですけども。。

褒めて頂くとまた気力が湧きます

課題もアクティビティも発表も翻訳バイトも家事も習い事も

がんばろー!


この記事の発信元